バックナンバー

  • 2017年8月:抱卵!抱卵!!抱卵!?

    予想以上に雨が少なかった気がする梅雨、晴れ間が続き気が付くとあっという間に夏を迎えておりました。 大瀬崎の海の中も浅場では27度とロクハンウエットスーツでは温いような水温となってお… 続きを読む »


  • 2017年7月:ジメジメ・ドロドロ!?な梅雨の物語

    雨の日が多い季節になりましたね。 ジメジメした日はつづきますが、あじさいの花がまた一段と綺麗で季節を感じます。 この時期を抜けたらようやく夏が始まりますね。 大瀬崎の海はゆっくりと… 続きを読む »


  • 2017年6月:夜光虫光る海

    先月の大瀬崎の一大イベントと言ったら、私の中では赤潮ですね。湾内全体一面が真っ赤になるような赤潮、ただ、水中でも写真を撮るのですが、まばらで薄い赤い色となり、何か思っていたイメージ… 続きを読む »


  • 2017年5月:大切なのは瞬時の判断

    今年の4月はここ数年とは全く違い透明度も上がったり下がったり、水温は14〜15度となかなか上がらず、例年よりもマンボウの情報などが少ないなどのお話も出てきています。 今日は透明度が… 続きを読む »


  • 2017年4月:春の海を感じて

    大瀬崎は今まで冬の澄んでいた空気が少しずつ霞んできて、富士山をバックに浜辺には海苔取りをしている、おばちゃんの光景が見られ、春の始まりました。 例年より早く春濁りも始まり、そして海… 続きを読む »


  • 2017年3月:冬の生態観察

    大抵の生き物たちは水温が上がると活発に動き数多くの生き物の生態行動が見られると思いますが、逆に真冬になると活発的に動き出し生態行動を行う生き物達もいます。 今回はそんな2月に見られ… 続きを読む »


  • 2017年2月:真冬の海の熱い出会い

    真冬に入り、とにかく寒い・・・道路などが凍る寒い日が続きますね。 大瀬崎の水中もアンコウなど深海から訪問してくる真冬ならではの生き物たちが増えてきました。寒いと言ってられないほど次… 続きを読む »


  • 2017年1月:夜の海は光のオンパレード

    明けましておめでとうございます、いよいよ2017年になりましたね。今年はいったいどんな年になるのでしょうかね。 さて話は戻ります。昨年12月の大瀬崎は海以外もとても綺麗な光景が広が… 続きを読む »


  • 2016年12月:秋の桜が舞う

    まずは、11月に自分の中では今年一番の大ニュースが起きました! 9日にリュウグウノツカイの稚魚が大瀬崎湾内にて登場したのです! 前日にも情報が入り、次の日に狙って水面を探してみると… 続きを読む »


  • 2016年11月:イカ集まりし秋の夜

    今年は10月は例年以上に暑い日々が続きそして、急に寒くなったり、また戻ったりと気温の変化に悩まされる日々でしたね。 海の中は10月の後半から少し潮が変わったようで、いつもは見かけな… 続きを読む »


  • 2016年10月:クサハゼファイト

    去年よりも遅めですが南方種もだんだんと増えてきている大瀬崎。浮遊生物もだんだんと熱気が出てきました! 得意とする夜の海のご紹介より、皆さんに今回は見てもらいたい・なにより知ってもら… 続きを読む »


  • 2016年9月:夏の見どころ2・浮遊生物の登場

    8月は浮遊生物が盛り上がってきました。 秋から夏の前半まではさっぱり来なかった生き物たちもいい潮が入ったのかここにきて増え始めています。魚の稚魚は例年以上に多いような気もします。 … 続きを読む »


  • 2016年8月:夏の見どころ・水面と生態観察

    暑い日が続きますね、大瀬崎も完全に夏の海に変わりました。 腰の浸かるぐらいの位置にはオキザヨリが群れになって泳いでいたり、夜になるとさまざまな種類のトビウオの幼魚、黄色い鰭が綺麗な… 続きを読む »


  • 2016年7月:ギンタマ!?の成長記録!?

    今年は昨年よりも早い水温の上昇。生態系もどんどんと産卵行動に移っています。そんな中で今回お見せしたいのが2週間かけて撮ったニジギンポ。ギンポのタマゴなので略してギンタマ(笑)発見か… 続きを読む »


  • 2016年6月:五月に会えた大瀬のアイドル

    5月はゴールデンウィークもあっという間でしたね。大瀬崎は例年よりも海藻が伸びるのが遅かったのです、ここのところ生き物たちは着々と春の生態に変化していきました。 そんななか、今回は5… 続きを読む »


  • 2016年5月:大きい魚と小さな魚

    今年は3月にいつもより早めにマンボウが登場、4月の中半でもシラコダイにクリーニングされのんびりしている2匹を見ることができました。 普段は小さい生き物を見ていることの多い私は、久々… 続きを読む »


  • 2016年4月:1カ月間浮遊生活

    季節の変わり目、キアンンコウなどの姿は見えなくなり、いつもより少し早めにマンボウが目撃されるようになりました。 ここ1カ月間は浮遊生物は毎日のように生き物が入れ替わりするように登場… 続きを読む »


  • 2016年3月:冬の浮遊するイカたち

    皆さま、初めまして。 今回から大瀬崎より大瀬館マリンサービスの堀口が豪快倶楽部に参加させていただきました、よろしくお願いします。 ここのところ大瀬崎ですが、水温はガクッと下がりピー… 続きを読む »



堀口 和重
堀口 和重

1986年5月22日生まれ
東京都中央区出身

専門学校で海洋生物の勉強をしながら伊豆の海でダイビングを始める。

卒業後、2年間鹿児島県の屋久島でガイドをスタート。その後どうしても、大瀬崎で働きたく伊豆の海へと戻ってくる。

現在は大瀬館マリンサービスのチーフインストラクター。

伊豆半島・大瀬崎
大瀬館マリンサービス

〒410-0244
静岡県沼津市西浦大瀬325-1
Tel:055-942-2725
Fax:055-942-3252

www.fuji.ne.jp/˜osekan/

大瀬館マリンサービス


伊豆半島・大瀬崎から < トップ