ガイドのつぶやき - 伊豆半島・大瀬崎からThe Diving Junky Magazine

ギンタマ!?の成長記録!?

今年は昨年よりも早い水温の上昇。生態系もどんどんと産卵行動に移っています。そんな中で今回お見せしたいのが2週間かけて撮ったニジギンポ。ギンポのタマゴなので略してギンタマ(笑)発見からハッチアウトまで1日ごとに成長の記録をお見せしていきます。

5月23日

竹が落ちてると思いきや中にはニジギンポ&生んで間もない卵が!!

ニジギンポ&生んで間もない卵

観察開始です。

5月24日

5月24日のニジギンポの卵

5月25日

拡大してみると・・・。

5月25日のニジギンポの卵

うっすらと目ができている。

5月26日

5月26日のニジギンポの卵

奥の方は目がわかるぐらいになったぞ。

5月27日

5月27日のニジギンポの卵

拡大すると卵に黒い斑な模様が出始めた。

5月27日のニジギンポの卵

体が着々とできているのであろう。

5月28日

異変があり奥の目が変化。

5月28日のニジギンポの卵

5月29日

5月29日のニジギンポの卵

銀色から金色へと変化。

5月29日のニジギンポの卵

黒目もはっきり。

5月30日

5月30日のニジギンポの卵

なくなってしまった卵も。。。

何かのはずみで早めに生まれてしまったのだろうか?

5月31日

5月31日のニジギンポの卵

ここで異変が成長が続いている卵のほかに新しい卵が!!

まばらになくなった卵のほかにもきれいに生んでいる。

いつ生んだのだろうか??

拡大

5月31日のニジギンポの卵

6月1日

6月1日のニジギンポの卵

6月2日

6月2日のニジギンポの卵

6月3日

6月3日のニジギンポの卵

6月4日

夕方、見るといい感じ栄養部分がなくなっている。

6月4日のニジギンポの卵

拡大

6月4日のニジギンポの卵

しかし夜に少しハッチしてしまったよう。。

6月5日

いよいよハッチアウトって言っても昨日かなり出てしまったよう。

それでも夕方粘りました!

6月5日のニジギンポの卵

拡大で見るとなんとか証拠写真的には撮れました!

6月5日のニジギンポの卵

2週間のニジギンポ観察生活は終了。

しかし、6月24日時点ではいまだに卵はあります。

一カ月以上卵を産んでは見をくりを繰り返しています。

今度はいつまでこのニジギンポが産卵を続けるかを見ていきたいですね。

トラックバック URL:
https://www.gokaiclub.com/2016/07/horiguchi/4410/trackback
堀口 和重
堀口 和重

1986年5月22日生まれ
東京都中央区出身

専門学校で海洋生物の勉強をしながら伊豆の海でダイビングを始める。

卒業後、2年間鹿児島県の屋久島でガイドをスタート。その後どうしても、大瀬崎で働きたく伊豆の海へと戻ってくる。

現在は大瀬館マリンサービスのチーフインストラクター。

伊豆半島・大瀬崎
大瀬館マリンサービス

〒410-0244
静岡県沼津市西浦大瀬325-1
Tel:055-942-2725
Fax:055-942-3252

www.fuji.ne.jp/˜osekan/

大瀬館マリンサービス

バックナンバー

ギンタマ!?の成長記録!? < 伊豆半島・大瀬崎から < トップ