編集後記The Diving Junky Magazine

立体交差と付加車線

コメント »

7月9日から開通した、江間交差点の立体交差。

田子に行くとき、圏央道、新東名、伊豆縦貫道(東駿河湾環状道路)、天城北道路と次々と自動車道が整備され、都内やその近郊から月ケ瀬インターまで、唯一残っていた信号が無くなりました。

伊豆中央道の料金所先の分岐

伊豆中央道の料金所からすぐ、側道との分岐で右が陸橋。陸橋の頂点から先、側道からの合流もまだ閉鎖されていて、いちごプラザの手前まで合流はありません。

ちなみに2014年4月より有人化されゲートが3つになって、空いていれば、次の修善寺道路の料金所までノンストップ。

あと、この2つの料金所、夜10時から朝6時までは無人となり、無料で通過できます。

陸橋の頂点から見た伊豆中央道

ただ、帰りの上り車線は、交通量が多い休日の午後には、料金所待ちの渋滞で陸橋手前からノロノロ…。

で、そういう時は、いちごプラザ先の側道から、すぐ先の信号を直進、そのまま進むと料金所の手前で合流するので、ほんの少し時短になる、かも。

上り車線、料金所待ちの渋滞

江間トンネルを抜けて大場・函南インターチェンジから伊豆縦貫道に入ると、左カーブの先、交通量の増える夕方に登り坂渋滞が…。

それを解消するため、伊豆縦貫道の片側2車線化の過程で今年2月に追越車線(付加車線)を設置しました。

追越車線の案内板
追越車線の始まり

でも、その距離が900mしかなく、車線変更しても数台抜けるかどうかで終わってしまい、元の車線に戻るのにその数台に抜かれちゃう…。

追越車線の終わり予告

全線を2車線化するまで、ここ閉じた方がいいかも。

トラックバック URL:
https://www.gokaiclub.com/2020/09/ryo/6493/trackback

コメントをどうぞ

CAPTCHA


りょう
りょう

1959年生まれ
東京都世田谷区出身

40を過ぎてから、いきなりダイビングに目覚めて1*年…。今は週末とか西伊豆のシーエッグ ダイバーズで非常勤スタッフやってます。

普段は物流の仕事で大型に乗ってます。通勤もほぼプリウス、運動不足かも…。

伊豆半島・田子
シーエッグ ダイバーズ

〒410-3515
静岡県賀茂郡西伊豆町田子2385-1
Tel:0558-53-0807

www.seaeggdivers.com

シーエッグ ダイバーズ

バックナンバー
立体交差と付加車線 < 編集後記 < トップ