4Kレコーダー

コメント »

7年使ってたHDDレコーダーの具合がちょっとおかしい。完全にイカれてしまう前に買い替えです。

選んだのは、シャープのAQUOS 4Kレコーダー。

シャープ AQUOS 4Kレコーダー 4B-C20BT3

地上・BSはトリプル、4Kはダブル・チューナーで3番組同時録画が可能、HDDの容量は2TB、デジタル放送をそのまま画質(DR)で、4Kなら約130時間、地上デジタルのハイビジョンが約253時間録画できます。

見た目、前面には何もなくて、上部手前に電源ボタンとトレイの開閉ボタンがあるだけ。トレイを開けると前面の下半分全部が開く。

トレイを開けると前面の下半分全部が開く

大きさは旧レコーダーとほぼ同じ、430×229×57.5mm、約3.3kg。背面の端子類はすっきり、出力はHDMI×2だけ、あとLANと外付けHDD用のUSB。

新旧レコーダー背面の比較(上:AQUOS 4Kレコーダー 4B-C20BT3)

映像系はずっとシャープ党で、去年買い替えたテレビも4Kチューナー内蔵の45V型の4T-C45BN1です。

シャープ AQUOS 45V型 BS・CS 4Kチューナー内蔵液晶テレビ 4T-C45BN1

ケーブル類を繋げてレコーダーの初期設定をする。シャープ同士なので、テレビの設定内容を取得するだけで簡単。録画予約の設定画面、旧レコーダーと違って色合いが明るめでアイコンが大きい。

録画予約の設定画面

輝度、解像度、色域、フレームレート、ビット深度といった画質を決めている5つのポイントをアップコンバーターするエンジンが搭載されているので、レコーダー経由で見ると普通の地上デジタル放送も4K画質に。

試しにテレビ本体に繋いだHDDとレコーダーで同じ地上デジタル放送を録画して比べてみた。停止したタイミングもあるけど、やっぱレコーダーの方がきれいな感じ。

テレビ本体に繋いだHDDの録画映像
テレビ本体に繋いだHDDの録画映像
レコーダーの録画映像(DR)
レコーダーの録画映像(DR)

ちなみにテレビにも地上デジタル放送を4K画質に変換する「4K-Masterアップコンバート プロ」を搭載していて、解像度や映像レベルを判別し、最適な高精細処理を行ってるらしい。

同じ番組の地上デジタル放送とBS 4K放送を比べると、タイトル文字の縁とか、違いがはっきり。

テレビ本体に繋いだHDDで録った地上デジタル放送
テレビ本体に繋いだHDDで録った地上デジタル放送
レコーダーで録ったBS 4K放送
レコーダーで録ったBS 4K放送

同じく、人物のアップを。髪の毛の感じがかなり違う。色合いは地デジの方が赤みが強い。

テレビ本体に繋いだHDDで録った地上デジタル放送
テレビ本体に繋いだHDDで録った地上デジタル放送
テレビ本体に繋いだHDDで録ったBS 4K放送
テレビ本体に繋いだHDDで録ったBS 4K放送
レコーダーで録ったBS 4K放送
レコーダーで録ったBS 4K放送

BS 4Kはテレビとレコーダーの差が無いかも…。

トラックバック URL:
https://www.gokaiclub.com/2020/03/ryo/6170/trackback

コメントをどうぞ

CAPTCHA


りょう
りょう

1959年生まれ
東京都世田谷区出身

40を過ぎてから、いきなりダイビングに目覚めて1*年…。今は週末とか西伊豆のシーエッグ ダイバーズで非常勤スタッフやってます。

普段は物流の仕事で大型に乗ってます。通勤もほぼプリウス、運動不足かも…。

伊豆半島・田子
シーエッグ ダイバーズ

〒410-3515
静岡県賀茂郡西伊豆町田子2385-1
Tel:0558-53-0807

www.seaeggdivers.com

バックナンバー
4Kレコーダー < 編集後記 < トップ