5と6

コメント »

毎年恒例の冬の海外旅行、サイパンに行く前にカメラを買い換えました。

海以外の写真はすっかりiPhoneになり、すっかり出番が無くなったG7X Mark II、純正ハウジングが大きいのも今ひとつな理由で、また水没させたらと思うと…。

で、値段のこなれてきたオリンパスのTough TG-6と防水プロテクターのPT-059、予備の充電池(LI-92B)のセットを買いました。

オリンパスのTough TG-6とPT-059

見た目、TG-5に比べると地味なTG-6。

TG-6は、センサー前ガラスをARコートしてゴーストやフレアを低減してるって。

TG-6とTG-5
TG-6とTG-5の裏面

オプション品も増えたらしい。

箱の内側に書かれたオプション品

取説、かなり大きくなってます。

取説の比較

防水プロテクターのPT-059もPT-058とほぼ同じで、どっちにも入っちゃいます。

PT-059とPT-058

付属の乾燥剤、ちょっと違う…。

防水プロテクター付属の乾燥剤

ただ、解像度が倍以上になった液晶モニターは少しサイズが違い、保護フィルムが専用で親水タイプしか無かった。

液晶保護フィルムはTG-6専用
TG-6用の液晶フィルム(奥)は少し大きい

で、親水タイプの液晶保護フィルムを貼った感じ、違いがわからない…。

親水タイプ(TG-6)と撥水タイプ(TG-5)

相方さんに新しいTG-6を使ってもらい、ぼくは古いTG-5。パッと見て判るようにシール貼りました。

パッと見て判るようにシール貼りました

2人ともほぼストロボ無しでカメラ任せの水中スナップがメインなので、写真の違いはセンスだけかも…。

で、一緒にサイパンに行った友人も直前にTG-6を買って、3人の写真を比較〜。

透明度のいいサイパン、下からのアングル、陽の当たってる水面が白飛びしそうで、TG-6は意外と控えめ。

テニアン フレミング
TG-6:f/2.8、1/640、ISO 100

ちょっと撮ってる場所が違うけど、明るいところも白飛びにはなってない。

テニアン フレミング
TG-5:f/8.0、1/250、ISO 100

コンデジでもけっこうボケますね。ま、ピントは甘いですけど…。

フタイロカエルウオ
TG-5:f/4.9、1/200、ISO 200

オリンパスの水中モードって、もっと派手なイメージだったけど、自然な感じ。

メガネゴンベ
TG-6:f/5.6、1/200、ISO 200
トラックバック URL:https://www.gokaiclub.com/2020/02/ryo/6094/trackback

コメントをどうぞ

CAPTCHA


りょう
りょう

1959年生まれ
東京都世田谷区出身

40を過ぎてから、いきなりダイビングに目覚めて15年…。今は週末とか西伊豆のシーエッグ ダイバーズで非常勤スタッフやってます。

普段は物流の仕事で大型に乗ってます。通勤もほぼプリウス、運動不足かも…。

伊豆半島・田子
シーエッグ ダイバーズ

〒410-3515
静岡県賀茂郡西伊豆町田子2385-1
Tel:0558-53-0807

www.seaeggdivers.com

バックナンバー
5と6 < 編集後記 < トップ