石垣島

コメント »

毎年恒例、5月後半に行ってる国内ツアー、今年は石垣島です。

石垣島は7年ぶり3回目。2泊3日で到着日から2ダイブなので、朝イチの直行便。初めて乗るB787-9、初めての新石垣空港に到着。

もう梅雨入りしている石垣島は小雨模様。空港でレンタカーを借りて港に。

新石垣空港に到着したANA NH089便のB787-9

今回お世話になったのは、モスダイバーズさん。港には1ダイブして戻ってきてくれた、2019年12月就航のDREAM STARが待機中。

機材はほぼレンタルなので、すでにセッティング済み。カメラとか身の回り品を持って乗船したらすぐに出航です。

2019年12月就航のDREAM STAR

1本目は、小浜島の西、サンゴが綺麗なポイント、三ツ石。

サンゴとスミツキトノサマダイ
サンゴとテングカワハギ

船上ランチの後、2本目は竹富島の南側、トカキンの根。

トカキンって、方言でイソマグロのことで、その名の通り、巨大なイソマグロや若魚の群が出ました。

巨大なイソマグロ
イソマグロの若魚

で、相方さんは新しいカメラに四苦八苦。撮り方をレクチャーされてました。

撮り方をレクチャーされてる相方さん

撮ってるのは、コレ。^_^

笑いホヤ

2日目は、石垣島の西部エリア。多少雲が出てるけど青空からの日差しがあって、海の中は明るくて透明度もイイ感じ。

石垣島の最西端にある御神崎灯台
海の中は明るくて透明度もイイ感じ

1本目、崎枝ビックアーチ。ここも浅瀬のサンゴがすごく、大きなアーチに入ると、天井の隙間から差し込む光が神秘的でした。

崎枝ビックアーチ、浅瀬のサンゴ
崎枝ビックアーチ

2本目は、マンタシティポイント。

人気の川平石崎マンタスクランブルから西へ約400m離れた新たなマンタポイントで、順番待ちをしてるボートがたくさん。

順番待ちをしてるボートがたくさん

で、肝心のマンタには出会えず、カクレクマノミやアオウミガメ、イシガキカエルウオを見たりしてました。

カクレクマノミ
休憩中のアオウミガメ
イシガキカエルウオ

お昼休憩の後、もう1度マンタシティポイントに。

見事リベンジ成功で、合計3枚の大きなマンタが見られました。

ナンヨウマンタ

石垣島で見られるマンタはナンヨウマンタで、外洋性のオニイトマキエイとは別扱い、現在は1属2種に分類されてるって。

ナンヨウマンタ

これで今回のダイビングは終了、だったのですが、この日から大潮で翌日は満月。今夜からナイトでサンゴの産卵を狙うとのお誘いがあって、5人全員で参加することになりました。

一旦港に戻り、日没前に出航して前日潜った三ツ石に。

就寝中のイチモンジブダイ
サンゴの中に隠れてるヤノリボンスズメダイ

夜バージョンの魚とかを色々みましたが、肝心のサンゴの産卵は不発…。

ガイドさんの置いた強力ライトに集まったゴカイの仲間を産卵かと勘違い、よく見れば全然違いますね。

強力ライトに集まったゴカイの仲間
強力ライトに集まったゴカイの仲間

あと、蛍光発光というフローライトを当てて、サンゴとかの発光の違いを見たり、かなり楽しめました。

フローライトを当てたサンゴ
14番目の月
トラックバック URL:https://www.gokaiclub.com/2019/06/ryo/5668/trackback

コメントをどうぞ

CAPTCHA


りょう
りょう

1959年生まれ
東京都世田谷区出身

40を過ぎてから、いきなりダイビングに目覚めて15年…。今は週末とか西伊豆のシーエッグ ダイバーズで非常勤スタッフやってます。

普段は物流の仕事で大型に乗ってます。通勤もほぼプリウス、運動不足かも…。

伊豆半島・田子
シーエッグ ダイバーズ

〒410-3515
静岡県賀茂郡西伊豆町田子2385-1
Tel:0558-53-0807

www.seaeggdivers.com

バックナンバー
石垣島 < 編集後記 < トップ