期間限定 - 八ック謎ナゾ生命体The Diving Junky Magazine

TG-3でまねき猫

9月末から3週間連続で台風の影響を受け、ゲストがいないばかりか、自分たちだけでも潜ることのできない時期がありました。その頃、レグルスにはプロガイドコースという、単なるインストラクターではなく、海のガイドを目指す人のために作ったレグルスオリジナル講習の受講生が住み込んでいました。この時期、既に座学はほとんど終わっていたので、海に潜ることができないと講習が進められません。しかし、ちょうど水中フォト講座をやっている最中だったので、その一環として陸撮の練習をしてみようという話になりました。

やみくもに撮ってみたところで練習にならないので、思い付きで課題を作ってみました。そしたら、何だか面白そうだし、どうせ暇だから、みんなでやってみよう!ということになりました。それが内輪の「まねき猫フォトコン」です。FaceBookやブログに載せていたので、ご存知の方もいらっしゃるでしょう。

課題は

「まねき猫(お土産に頂いた高さ3センチ程度の陶器)をコンデジで撮影し、全く雰囲気の異なる写真を5枚作る」

というもの。

撮影後の編集ソフトで使って良いのは、トリミング、ゴミ消し、若干の色調補正のみとしました。コンデジが持っている機能を理解し、フル活用しよう!というのが目的です。

このフォトコンに参加したのはレグルスのスタッフ3名、プロガイドコース生1名、そしてなぜかご近所同業者メグちゃん、計5名。各自5枚、全部で25枚の作品が集まったので、全てをブログの「はちじょうじまToday」とレグルスのFaceBookページに掲載し、人気投票を募りました。

その結果、一番「いいね!」が集まった写真がこちら。

まねき猫

実はこれ、私がTG-3で撮った写真でした。「いいね!」してくださった皆さん、ありがとうございました。何人かの方から「どうやって撮ったの?」とご質問を受けていたので、ここで種明かしをしておきましょう。

写真のまねき猫をよく見てください。底の部分から、ぽこっと泡のようなものが出ています。つまり、このまねき猫の底には穴が開いていて、中は空洞。バランスを取って水に浮いている状態なのです。普段使っている青いバケツに水を張り、そこに猫を浮かべています。そしてカメラを持ったままバケツの中に手を突っ込み、底から上を向けた状態でシャッターを切っているのです。

まねき猫の中に水が入ってしまうと沈んでしまうし、カメラの向きを調整するためにバケツをのぞくと自分が写り込んでしまいます。そうでなくても、手や腕が写り込んでしまいやすく、不自然な体形で何度も試し撮りをしています。そして、電信柱や電線が写りこまない場所を探し、雲が良い位置に入ってくるまで何枚も撮り、できたのがこの1枚です。

途中、通りがかりの人達が、不思議そうな顔をして見ていました。

もう1枚、「いいね!」をたくさん頂戴し、なおかつ「どうやって撮ったの?」と聞かれたのが、この写真。

まねき猫

これは割と簡単で、ただ鏡の上に置いているだけです。それだけじゃ面白くないので、鏡の上に少し水を張っています。その状態でハイビスカスの植え込みの近くへ行き、ちょうど良いところに花が写り込む位置を探して撮っています。その時、部分的に汚い色の茎が写り込んでしまったので、その場所(まねき猫の左下)にきれいな緑の葉を置いて隠してあります。

このフォトコンの目的は、コンデジに備わっているいろいろなモード、絞り優先やシャッタースピード優先などの効果を理解して、使いこなせるようになろうということだったのですが、この2枚はカメラの性能を活用したものとは言えません。

カメラのモードをいろいろ変え、試行錯誤しながら、一番苦労して撮った写真は、むしろこちらです。水中写真でも見かけますが、いわゆるスヌート撮影のようなことをやってみたかったのです。

まねき猫

水中ライトに小さな穴を開けた段ボールやロクハンの切れ端をかぶせ、まねき猫だけが少し明るめになるよう配置し、真っ暗な部屋の中で、絞り優先モードや屋内撮影モード、夜景モードなど、いろんなモードで試し撮りをしています。この1枚を撮るのに2時間近くかかりました。

暇つぶしに始めたフォトコンでしたが、意外と面白かったし、みんな実に真剣でした。

皆さんも、身の回りにある小物で試してみませんか?

そう言えば、このプロガイドコース生は先日めでたくインストラクター試験に合格したそうです。来年からは、いよいよプロとしての活動スタートでしょうか。いつかどこかでフォト講座をやっているかも知れませんね。

トラックバック URL:
https://www.gokaiclub.com/2014/12/hachijo/3697/trackback
水谷
水谷 知世

昭和40年代生まれ
兵庫県出身

一見、負けず嫌いで男勝りというイメージだが、実は繊細な女性らしい一面を持つ、頭の回転はレグルス一番!!の頼もしい存在である。(レグルス親方・談)

伊豆諸島・八丈島
レグルスダイビング

〒100-1511
東京都八丈町三根1364-1
Tel/Fax:04996-2-3539

www.regulusdiving.jp

レグルスダイビング

バックナンバー

TG-3でまねき猫 < 八ック謎ナゾ生命体 < トップ