期間限定 - 八ック謎ナゾ生命体The Diving Junky Magazine

八丈富士からTG-3

今年は、直撃はしないものの、なんとなく台風が八丈島の近くまできて、微妙な状態で去っていくのが続いています。被害が出てないんだから良いじゃないと言われれば、おっしゃる通りなのですが、何度か続くと、心も微妙に。台風は、たまに来るのが良いんだよ〜と、勝手なことを思ってしまいます。

特に、元々ダイビングの予約が入っていない平日、海況は悪いけど天気はピーカン♪ なんていう日があると、海からの誘惑がないし、掃除ははかどるし、器材も布団も乾くし、たまには山にでも行ってみるかー!と、罪悪感なしで楽しめます。

そんなわけで、台風17号による八丈富士ハイキングに行ってきました。

実は、前々からTG-3のジオラマモードで、八丈富士山頂からの景色を撮りたいなーと思っていたのです。ANAの機内誌に載っているような、おもちゃの街のように見える八丈町が撮れるかなあと…。

ところが、結果はイマイチでした。ジオラマ写真って、遠景と近景が狭い範囲内で収まっているような風景を撮ると面白くなるのですが、八丈富士の山頂から見た風景は全てが遠景で、どこもボケてくれないんです。

仕方なく下山して、中腹にある「ふれあい牧場」へ。

ふれあい牧場

これでもまだボケ味が物足りない感じかなあ。

ジオラマ写真は、撮って絵になる場所を探すのが難しいのかも。

そして帰る頃にはずいぶん日が傾いてきたので、どうせなら夕陽を狙おう!と、夕陽を見るために設置されたかのような展望台へ。ここはもちろん、夕陽モード。目で見た景色よりずっと綺麗です。

八丈島は、時折燃えるような赤い夕焼けが見られるのですが、残念ながら、この日はこのまま暗くなっていってしまいました。

夕陽撮影も、まだまだこれから!

諦めずにチャンスを狙い続けます。

トラックバック URL:
https://www.gokaiclub.com/2014/10/hachijo/3629/trackback
水谷
水谷 知世

昭和40年代生まれ
兵庫県出身

一見、負けず嫌いで男勝りというイメージだが、実は繊細な女性らしい一面を持つ、頭の回転はレグルス一番!!の頼もしい存在である。(レグルス親方・談)

伊豆諸島・八丈島
レグルスダイビング

〒100-1511
東京都八丈町三根1364-1
Tel/Fax:04996-2-3539

www.regulusdiving.jp

レグルスダイビング

バックナンバー

もっと見る »


八丈富士からTG-3 < 八ック謎ナゾ生命体 < トップ