子供たち

クマドリカエルアンコウ

皆さんご存知!クマドリカエルアンコウygです!!

人気の魚ランキングには必ず上位に食い込むくらい有名な魚で、見た目や動きの可愛さがダイバー

how to win back your ex>

を引き付けます。

クマドリという名前は歌舞伎の化粧法「隈取」からきていることもあり、顔の血管や筋をオーバーに表現するために描かれたといわれてる化粧のような定番パターンから、クロやオレンジなど数カラーいます。

成長するにつれツルっとした体からイボイボがでてきますが、これは水墨画の隈取法という彩色時に濃淡を使って対象物の凹凸を現す技法から?きてるかどうかはしれませんが、成長するにつれ体が凹凸になるクマドリカエルアンコウにぴったりの表現だと思います。

そんな誰もが知っている人気の魚が増えることを願ってます!!

おまけ

プランクトン生活を送るスケスケ生物たち

黒潮の支流が流れ込む串本エリアではいろんな生物が中層でプランクトン生活を送っています。

クラゲ、魚類、甲殻類、etc・・・。

食物連鎖の底辺と言われている、プランクトン生活を送るスケスケ生物たちは、魚類にとって動かなくても流れてくる貴重な餌となります。

中層で口をパクパク動かしている魚たちを見かけたら目を凝らしてみて下さい。

エビっ子が流れてきてるかもしれませんよ〜!!

安全停止中もお楽しみ下さい!!

トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2011/11/nsc/1906/trackback
上田
上田 直史

1981年12月20日生まれ
福岡県田川市出身
ガイド会所属

海から程遠い福岡の盆地で生まれ海への憧れが強く学生時代に日本海でライセンスを取得。

その後和歌山へ移り串本の海に魅せられ住民票を移してしまった窒素吸収男児。

和歌山・串本
南紀シーマンズクラブ

〒649-3503
和歌山県東牟婁郡串本町串本630
TEL:0735-62-1258
FAX:0735-62-6256

www.aikis.or.jp/~nsc-2007

南紀シーマンズクラブ

大きな地図で見る

バックナンバー
子供たち < 和歌山・串本から < トップ