ダイビングガイドの日常って…

初めまして。

今回からこの豪海倶楽部に参加致します、DayDreamPALAUの垣内貴志と申します。

他のガイドさん達に負けないような、面白ネタ、スゴネタを提供できるように頑張りますので、お手柔らかにお願いします。

僕は今年でガイド4年目です。

『垣内貴志』と言うより、『カッキー』と言った方が、少なからず知っている方もいるかもしれません…。

西表島で2年間、PALAUに来て2年目になります。人生のどの期間を振り返っても、こんなに楽しくて充実した期間はありません。ガイドになってよっかたぁと痛感している毎日です。

ダイビングのガイドは、お客様に『非日常』を楽しんでもらうのが日常だと思っています。僕らの日常って非日常なんだなぁってよく思うんですが、そんな僕らの日常でも驚くことは沢山…な海がPALAUの海だと思います。

ん〜〜…簡単に言いますと、毎日潜っているガイドでさえ感動し続けることができる、素晴らしい海だなぁという事です。

中でも僕が毎回感動してしまうのが、大好きなバラクーダ。

バラクーダの群

数の増減はあるものの、大きな群れを作り色んな姿を見せてくれます。

中でも大群でのトルネードは圧巻で、『1度は巻かれてみたい。』と思っているダイバーは多いと思います。

PALAUの場合、ほぼ手が届く距離で見られるので、群れの一員になったような感覚になるのが魅力の一つかもしれません。

PALAU初年度は、バラクーダに会える確率を上げるようにデータを取り、2年目からはどれだけ綺麗な状態で見られるか、に重点を置いてガイドしています。今では自信を持って、トルネードを見るためには…と作戦を立てて潜っています。今後そんな情報もお届けしていきますね。

僕はガイド中も写真を撮ります。ダメでしょって思う方もいるかもしれませんが、自分が撮るからココから撮って!!とか、そのためにはこう動いて!!とか考えたと思います。

全ての海で通用するかは分かりませんが、これを見て下さる方のダイビングライフが『楽しさ12%増し』ぐらいになればいいなと思いながら、これからプチ情報をお届けしていきます。これからよろしくお願いします。

トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2016/05/kakiuchi/4272/trackback
垣内
垣内 貴志

福岡県出身

大学で海洋環境の勉強をして調査ダイバーになるものの、30歳の時に楽しそうなファンダイブのガイドに転身。

2年間西表島でガイドの基礎を教わり、パラオがどんな所かも知らずに研修に来てハマってしまい、DayDreamに移籍。現在ガイド4年目。今年はクルーズ船『龍馬』のガイドスタッフ。

あまりの顔のデカさ故、女性と一緒に写真を撮ると喜ばれるのがウリ。バラクーダとコブシメが大好きで、ベストな場所から見る事に夢中になり易い♪ 体液の75%はアルコールなので、アフターダイブも喜んでお付き合いします!!

ミクロネシア・パラオ
DayDream Cruise

P.O.Box 10046 Koror Palau 96940
Tel:680-488-3551
Fax:680-488-2199

daydreampalau.com

DayDream Cruise

バックナンバー
ダイビングガイドの日常って… < パラオの海 龍馬から < トップ