ガイドのつぶやき「海辺のエッセイ」The Diving Junky Magazine

鹿児島・屋久島から

平和過ぎる顔

忙しいGWが終わり、ぼけぇ~としてたら、すっかり豪海倶楽部の更新を忘れるところだった。。。やばい!やばい!(・_・;) 話のネタもまったく考えていなかったので、... 続きを読む »

犯人は誰だ?

黒潮接岸前の今の時期、海の中はパラサイト(寄生虫)に寄生された魚がいっぱいだ。 写真のオグロトラギスに着いている寄生虫はメダマイカリムシの仲間(メダマイカリムシ... 続きを読む »

まさかの5mm!! – ノンダイバーが驚くこと

この写真に写っている生き物のことやそのスケール感をダイビングをしない人に説明するのはすごく難しい。 氷の女王 Nikon D300s + Ai AF Micro... 続きを読む »

ノンダイバーに説明しても通じないこと。

この写真がどういう状況でどうやって撮ったのかをダイビングをしない人に説明するのはすごく難しい。 水面に映る自分と向き合う。 Nikon D300s + Ai A... 続きを読む »

さぁ、TG4を持って海に行こう!(4)

動く魚の撮影はやっぱり難しいコンデジ ここまでTG-3はノーマルのままでもマクロに関して一眼並みの写真が撮れる!と断言していたけど、これは主に顕微鏡モードで接写... 続きを読む »

さぁ、TG4を持って海に行こう!(3)

自然ガイドならではの使い方 TGシリーズの顕微鏡モードはかなり拡大して生物を見ることができるため、撮影以外の目的でも使えるな。。。と感じている。 水中では様々な... 続きを読む »

さぁ、TG4を持って海に行こう!(2)

驚きの顕微鏡モード ダイビングをされた事がない方からしてみると、ダイビングとは青い海で魚の群れや大きな生物を見たり、水中景観を楽しんだりする光景を想像されると思... 続きを読む »

さぁ、TG4を持って海に行こう!(1)

フィルムカメラの時代は、カメラを持って海に入るダイバーはダイビングというよりも水中写真が趣味であるようなコアなダイバーである事が多かったのだが、デジタルカメラ、... 続きを読む »

標準和名の重要性

早くも「ヤドカリを通して屋久島の海を語る」という企画があまりにも難しいことに気づき、テーマを変えようかと思う今日この頃。。。(笑) 普通に「屋久島で見られるヤド... 続きを読む »

暑中見舞い申し上げます。

暑中見舞い申し上げます。 7月に入り、基本的にダイバーの少ない屋久島でもさすがに忙しくなってきました。。。 「屋久島のヤドカリ」を通して屋久島の海の特徴を語る企... 続きを読む »

屋久島を南限とするヤドカリたち

前回は「屋久島を北限とするヤドカリたち」を紹介したけど、今回は屋久島以南では見られないヤドカリを紹介したい。 ヤドカリに限らず屋久島で見られる生き物は、基本的に... 続きを読む »

屋久島を北限とするヤドカリたち

黒潮は台湾と与那国島の間から沖縄本島や奄美大島などを避けるように東シナ海を北上し、屋久島付近で大きく曲がり日本の太平洋側に流れ込む。 この流れのおかげで南からカ... 続きを読む »

屋久島から記載された新種のヤドカリ

5月23日、いよいよ誠文堂新光社より「ヤドカリ(ネイチャーウォッチングガイドブック)」が出版される。 著者は伊豆大島ダイビングセンターの有馬くんだ。 僕も有馬く... 続きを読む »

屋久島ならではのヤドカリ

【ヒメホンヤドカリ属の一種】 伊豆大島ダイビングセンターの有馬くんが立ち上げた全国のダイビングガイドでつくる「INVESTIGATE HERMIT CLUB」な... 続きを読む »

ヘビギンポ偏愛 – 外伝(1)

非常にご無沙汰しております! 記事を書くのは昨年の6月以来ですから、1年以上サボってしまった。。。(・・; あれから日本初記録として標準和名がついたヘビギンポが... 続きを読む »

※ 2010年1月以前の記事は、こちらをご覧ください。
原崎
原崎 森
(はらざき・しげる)

1970年8月26日生まれ
山梨県出身

八丈島から屋久島へ。。。

巨木と苔の深〜い森を抱える島で、あえて海に潜る。

鹿児島・屋久島 エリア情報

鹿児島県・屋久島
屋久島ダイビングサービス もりとうみ

〒891-4205
鹿児島県熊毛郡屋久島町
宮之浦2473-294
Tel:0997-49-1260

http://mori-umi.net/
http://harazaki.net/

携帯サイト【QRコード】
QRコード

屋久島ダイビングサービス もりとうみ


鹿児島・屋久島から < トップ