第一話 水棲生物と水中環境(視界不良エリア) 中段

水中のどんな条件下においても、かかるストレスが同じか!?と言えば、それは全然違うはずです。

呼吸が楽で、視界が良く、水圧が心地よく適当で、中性浮力に問題がなく、暖かい海域でのダイビングであれば、ストレスはあっても、それを上回る快楽によって、相殺以上の効果が生まれ、プレッシャーから解放されてしまいます。

一見して、良さそうに思えますが、ダイビングと言うレジャー、あるいはスポーツにおいて、ある一定の「ストレス」や「プレッシャー」は、必要になります。何故ならば開放感によって、安全装置が簡単に外れてしまい、そこから生まれるある種のトリガーは、リスクを暴発させる恐れがあるからです。

例えば、透明度が高く、陽射しのカーテンが何処までも降り注いでいるような海域では、深さ(暗さ)に対するリミッターが外れ易く、無理を無理と理解出来なくなります。つまり水深に対するセーフティレベルが下がり、危険なエリアに難なく入り込みます。

水中における「中性浮力」と言う翼は、意識があることが前提で、窒素酔いの状態になれば、揚力を維持する事はできなくなり墜落します。窒素酔いによって失われた正常な意識と判断能力が、更に墜落した水深で作用すれば、2度と命ある内に1気圧の空気を吸う事はなくなります。

この文面から恐怖が伝わる人は、大丈夫です。伝わらなかった人は、ブラボーな海域でのダイビングの際は、訳が分からなくても良いので、20m台の水深でのダイビングを推奨します。

西伊豆 田子 弁天島
トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2012/03/tetsu/2149/trackback
鉄
鉄 多加志

1965年生まれ
清水出身
ガイド会所属

生まれ育った環境が、都市部?の港湾地域に近く、マッドな環境には滅法強く、泥地に生息する生物を中心に指標軸が組み立てられている(笑)この業界では、数少ない芸術系の大学出身で写真やビデオによって、生物の同定や生態観察を行う。

通称「視界不良の魔術師」

静岡・三保
ダイバーズ・プロ アイアン

〒424-0902
静岡市清水区折戸2-12-18
Tel:0543-34-0988

Divers Pro IRON
blog.goo.ne.jp/under-w
blog.livedoor.jp/diverspro_iron
ameblo.jp/g-iron

アイアン

GROUP IRON

ORGANIC KELP

バックナンバー
第一話 水棲生物と水中環境(視界不良エリア) 中段 < 静岡・三保から < トップ