ガイドのつぶやき - 和歌山・串本町古座からThe Diving Junky Magazine

渓流のアルピニスト

丸い顔に離れた目がとても可愛いボウズハゼ。

このハゼ、顔に似合わず、なかなかワイルドな一面があります。

成長すると縄張り意識が高くなり、エサの藻が豊富な場所を求め、口と胸ビレを器用に使い滝や岩を登り上流を目指します。その姿から、渓流のアルピニストと呼ばれ、この時期の風物詩となっています。

アユと生態が似ていて、産卵は川の下流域で行い、孵化したらすぐに海に下り、動物性プランクトンを食べて冬を過ごします。春になると集団で遡上し川に入ると藻しか食べなくなります。

最近の不安定な天気の影響で、雨が多く降り川の水量も増え、流れに負けず一生懸命上流を目指して滝登りをしてる姿に心打たれます!!

ボウズハゼ
トラックバック URL:
https://www.gokaiclub.com/2014/09/ueda/3614/trackback
上田
上田 直史

1981年12月20日生まれ
福岡県田川市出身
ガイド会所属

海から程遠い福岡の盆地で生まれ海への憧れが強く学生時代に日本海でライセンスを取得。

その後和歌山へ移り串本の海に魅せられ住民票を移してしまった窒素吸収男児。

和歌山・串本町古座
DIVE KOOZA

〒649-4115
和歌山県東牟婁郡串本町古座932-5
TEL:0735-67-7775
FAX:0735-67-7776

www.dive-kooza.com

DIVE KOOZA

バックナンバー

渓流のアルピニスト < 和歌山・串本町古座から < トップ