ガイドのつぶやき - 和歌山・串本町古座からThe Diving Junky Magazine

海藻日和

最近のダイビング器材はカラフルなものが増えてきました。

赤、青、黄などの物から蛍光色の物まで様々です。

陸上で見ると派手なのに水中に入ると黒ずんで地味に見える。。ということは多々あります。

水深が増すごとに波長の長い赤系から失われ、青色が最後まで識別できると言われています。

その逆もあります。

水中では鮮やかに見える海藻も陸上ではただの赤い地味な海藻になってしまいます。

ウスバワツナギソウという紫色の海藻と黄色いワレカラです。

ウスバワツナギソウ

僕も詳しいことは分かりませんが、太陽光があたり?人間の目にだけ青く見えるの??

なんにせよ水中で目にした者にしか、素晴らしさが分からない物は沢山あります。

そんな不思議な水中を楽しむために、今年の夏はダイビングにトライしてみて下さい!!

トラックバック URL:
https://www.gokaiclub.com/2014/05/ueda/3469/trackback
上田
上田 直史

1981年12月20日生まれ
福岡県田川市出身
ガイド会所属

海から程遠い福岡の盆地で生まれ海への憧れが強く学生時代に日本海でライセンスを取得。

その後和歌山へ移り串本の海に魅せられ住民票を移してしまった窒素吸収男児。

和歌山・串本町古座
DIVE KOOZA

〒649-4115
和歌山県東牟婁郡串本町古座932-5
TEL:0735-67-7775
FAX:0735-67-7776

www.dive-kooza.com

DIVE KOOZA

バックナンバー

海藻日和 < 和歌山・串本町古座から < トップ