尾鷲から、はじめまして!

コメント »

皆さんはじめまして!

今回から豪海倶楽部のライターとして参加させて頂くことになりました、尾鷲シードリームの伊藤英昭です。

川奈の八木さんと同い年で、オヤジパワー炸裂で頑張っていきますので、宜しくお願い致します。そして、あまり知られていない、紀伊半島の東紀州の海を、ご紹介できればと思っています。

まず、尾鷲と聞くと、どんなイメージをお持ちでしょうか。

雨が多いとか、熊野古道など。確かに一度に降る雨量は凄まじく、その豊かな雨が世界遺産である山々に降り注ぎ、その水が川へと流れ、尾鷲湾を豊かにしてくれます。

この11月にNHKスペシャルで放映されました、隣町の銚子川は日本有数の透視度を誇ります。

銚子川の河口付近

この画像は銚子川の河口付近の様子、すぐ近くが海なのですが、この青さです。そして、この川ならではの生態であるシオアユが観察できます。

汽水域の海水側で暮らす鮎が、画像手前のユラユラしている箇所に写っています。もちろん、リクエストを頂ければ、リバーガイドさせて頂きます。

そして、海に話しを移しまして、尾鷲の特徴を一言で言うと、ソフトコーラルが多いことです。

画像はコンクリートブロックを沈めてある魚礁というポイント。

魚礁ポイント

この春に古見きゅう氏が、取材で来られた際に、興味深いコメントを頂きました。

人工的ブロックにこれだけのソフトコーラルが生い茂っている光景を見たのは、長崎県の五島列島と、ここ尾鷲だけだそうです。

そしてそれらの生えものに付く生物たち、ハナダイ系ではサクラダイ、アカオビハナダイが、紀伊半島としては18mの浅い深度で観察できます。

アカオビハナダイ

甲殻類では、アヤトリカクレエビが2色楽しめます。また、深度も20m付近の浅い深度に生息します。

アヤトリカクレエビ
アヤトリカクレエビ

そして、なぜかむちゃくちゃ多い、ゼブラガニ。イイジマフクロウニが至る場所に付いているのですが、冬場になると、ほぼ100%寄生しています。画像はラッパウニ・バージョン。

ゼブラガニ

ハゼ系では、冬場にサビハゼの繁殖が10m付近で観察できます。

サビハゼ

初夏になるとネコザメ繁殖地では幼魚が増えて、今年は1ダイブで20個体見つけたこともありました。

ネコザメ

そして、先月に人気だった、アオサハギの幼魚。

アオサハギの幼魚

ざっと、ご紹介させて頂きましたが、来月からは旬のネタ情報を詳しくご紹介させて頂きます!

そして、最後の一枚はクリスマスっぽい色彩の、クダヤギクモエビ。

クダヤギクモエビ

2019年も宜しくお願い致します!

トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2018/12/ito/5437/trackback

コメントをどうぞ

CAPTCHA


伊藤
伊藤 英昭(いとう・ひであき)

1969年12月24日生まれ
三重県尾鷲市出身

某俳優と同じ名前なので、ふざけてるのかと思われることがあるようですが、本名です。

休日は波乗り、サイクリングに出かけ、最近はカメラ片手に自然のバイブレーションを追い求めている。

趣味は文科系で、ビンテージラジカセ収集、アナログレコード鑑賞。

紀伊半島・尾鷲
ダイブサイト シードリーム

〒519-3621
三重県尾鷲市行野浦204
Tel:0597-23-2789
Fax:0597-25-2312

www.owase-seadream.com

ダイブサイト シードリーム

姉妹店
紀伊半島・尾鷲
梶賀ダイビングサービス

〒519-3923
三重県尾鷲市梶賀町4番地
Tel:080-4547-4699
Fax:0597-25-2312

www.kajika-ds.com

姉妹店
紀伊半島・松阪
潜水屋

〒515-0813
三重県松阪市大塚町366-7
Tel:0598-50-2331
Fax:0598-31-2321

www.sensuiya.com

バックナンバー
尾鷲から、はじめまして! < 紀伊半島・尾鷲から < トップ