モンツキ団地

コメント »

「ハンディ版 日本の海水魚」の表紙でセンターを飾り、不動の人気を誇るモンツキカエルウオ。

久米島は、生息数が多く、比較的容易に観察することが出来ます。

モンツキカエルウオ

久米島の南西側に位置する「鳥島沖」というポイントには「モンツキ団地」と呼んでいるエリアがあります。

ボートのアンカーよりさらに浅い方の水深5メートル前後の広い範囲のことを指すのですが、ここでのモンツキカエルウオとの遭遇率は、ほぼ100%!!!

さらに、一匹だけではなく、たくさんのモンツキカエルウオに出会う事が出来ます!!

各地で活躍するガイドさんが訪れると誰しもが驚愕する、そんな場所です。

そして、ここのポイントに行きやすい時期は、風向きの関係から、10月頃から4月頃になるのですが、水温が上がり始める3月下旬から4月、まだ水温が高い10月〜11月中旬頃まで、この期間が非常におすすめです!

理由は単純にモンツキカエルウオが活発に活動しているからです。(水温の高い夏も活発に活動しますが、風向きの関係から夏の時期は、このポイントに入るのは難しいです…。)

この期間であれば、モンツキカエルウオの生態も観察しやすく、色々なシーンに出会う事が出来ます。

興奮色のモンツキカエルウオ

体色を真っ黒に変化させて懸命にメスにアピールするオスの姿。

運が良ければ、産卵シーンに出会うことも!

卵を守るモンツキカエルウオ

自分の巣穴で卵を守るオスの姿。

数が多いので、1ダイブで様々なステージの卵を見ることも出来ます。

チビモンツキ

探せば探すほど、色々なモンツキが居て、小さくてより可愛い子も居れば、

左目が…

ちょっと悲しいけど、左目が病気になっている子など…。

さらに、モンツキがカンザシヤドカリと並んでいたりと、そんな風にシチュエーションを楽しんだりもできます!!

モンツキカエルウオのハッチアウト

今年は時間を撮れなかったけれど、モンツキカエルウオのハッチアウトまで!!

モンツキカエルウオのフルコースはいかがですか??

今年の「モンツキ団地」おすすめ期間も終盤です!!

皆様、お早目のご予約お待ちしております(笑)

トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2017/11/estivant/yoshida/5078/trackback

コメントをどうぞ

CAPTCHA


吉田 健太朗
吉田 健太朗(よしだ・けんたろう)

1990年7月9日生まれ
三重県の漁師町出身

祖父も父も漁師、というか周りの大人のほとんどが漁師。幼少の頃より海のある生活が当たり前だった。

いつからダイビングに興味があったのか定かではないが、高校生の頃、進路相談の際に「どこの大学に行きたいんや?」と聞かれ、「ダイビングをしやすそうな所」と答える。

そんな理由から、静岡の大学に進学し、ダイビング部に入部する。そこからの学生生活は、潜る事だけを考え、アルバイトとダイビング漬けの毎日を送る。

そんな中で、20歳の夏に初めて久米島を訪れ、“ESTIVANT”に強く惹かれ、その時に就職することを決意する。

海を通し、数多くの素晴らしい出会いと刺激のあるこの環境の中で、真剣に海と向き合い、ただがむしゃらに突っ走っていこうと思います!!

沖縄・久米島
DIVE ESTIVANT

〒901-3108
沖縄県島尻郡久米島町比嘉160-69
Tel:098-985-7150
Fax:098-985-7151

dive-estivant.com

DIVE ESTIVANT

バックナンバー
モンツキ団地 < 沖縄・久米島から < トップ