初めまして!

皆様、初めまして!!

先任の田中より引き継ぎまして、今月より久米島の奇数月を担当させて頂く事となりました久米島 ダイブエスティバン 吉田健太朗と申します。

ガイド業という仕事に就き、まだまだ日の浅い若輩者の僕ですが、久米島の海を通し様々な情報を多くの方に、発信できるよう全力で取り組みたいと思います!! 宜しくお願いします!

久米島に来てから、今年で3回目の冬を迎えます。

島暮らしの中で旧暦に関わる行事など、まだまだ分からない事は沢山ありますが、少しずつ色々な事が分かるようになってきました。

冬になると、生産量日本一の車エビが旬になり、多くの飲食店で美味しい車エビを味わう事が出来ます。

空高く伸びていたサトウキビが収穫の時期を迎え、収穫された後は少し殺風景になります。

一番寒い時期にも関わらず、色の濃い寒緋桜が満開になり、島人・観光客どちらも楽しませてくれます。

他にも、もっと細かく見れば僕も知らない、色々な事があると思います。

さて、ここからは海の話を。

アーサ畑

アーサ畑。

1月〜3月、島の至る所で見られるこの光景。

アーサは9月に種付けを行い、この時期に収穫を迎えます。

画像を撮った日は生憎の曇り空でしたが、太陽の日が射すと美しい緑の絨毯が広がります。

海中では、この美しい緑はどのように見えるのでしょうか??

今度、潮が満ちている時に潜って来ます!!

緑

こちらは、アーサではないのですが、冬になると港のスロープのとても浅い所(干潮時には完全に干上がってます。)で目にします。

広範囲に広がっており、水中でこれだけの緑に包まれるのはそう多くないので、とても新鮮な光景です。

もう少しこの環境を上手く利用できないか…と、試行錯誤真っ最中です!!

ピグミーシードラゴン

ここでようやくダイビングのお話です(笑)。

この時期の久米島と言えば、ハンマー・マンタ・クジラ(冬の三冠)と大物を追い求める日々ですが、そんな中で、今この「ピグミーシードラゴン」が人気を博しています。

僕もこの冬初めて見たのですが、どう見たってアンバランスなこの体型が、とっても可愛いです!

既に一月半ほど観察できているので、しばらく居ついてペアになってくれないかな〜

なんて、欲張りな事ばかり考えています(笑)。

ザトウクジラ

最後はやはり、この時期には欠かせないものを!

言葉にならない声で叫びまくってます(笑)。

より多くの方にこの光景を!この感動を!

早くもWW船も前半戦が終了…

このままの勢いで後半戦も突っ走っていきます!!!

では、皆様今後ともどうぞよろしくお願い致します!!!

トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2016/03/estivant/yoshida/4151/trackback
吉田 健太朗
吉田 健太朗(よしだ・けんたろう)

1990年7月9日生まれ
三重県の漁師町出身

祖父も父も漁師、というか周りの大人のほとんどが漁師。幼少の頃より海のある生活が当たり前だった。

いつからダイビングに興味があったのか定かではないが、高校生の頃、進路相談の際に「どこの大学に行きたいんや?」と聞かれ、「ダイビングをしやすそうな所」と答える。

そんな理由から、静岡の大学に進学し、ダイビング部に入部する。そこからの学生生活は、潜る事だけを考え、アルバイトとダイビング漬けの毎日を送る。

そんな中で、20歳の夏に初めて久米島を訪れ、“ESTIVANT”に強く惹かれ、その時に就職することを決意する。

海を通し、数多くの素晴らしい出会いと刺激のあるこの環境の中で、真剣に海と向き合い、ただがむしゃらに突っ走っていこうと思います!!

沖縄・久米島
DIVE ESTIVANT

〒901-3108
沖縄県島尻郡久米島町比嘉160-69
Tel:098-985-7150
Fax:098-985-7151

dive-estivant.com

DIVE ESTIVANT

バックナンバー
初めまして! < 沖縄・久米島から < トップ