豪華!3本立て

コメント »

・・・と書けば聞こえはいいのですが、要はテーマを絞れきれないので小分けにしてみましたというのが正直なところです、という訳で皆さんこんにちは。今月はウミウシ・季節来遊系・地味ものの3つのテーマで3種類ずつ御紹介します。

《ウミウシ》—激レアとは呼ばないまでも、比較的出逢う機会が少ない3種。

キイロウミウシ

キイロウミウシ         9月4日    伊豆海洋公園

この色合いを見るとある物を思い出しちゃうのですが、言わずにおきましょう。

ヒメコモンウミウシ

ヒメコモンウミウシ       9月5日    伊豆海洋公園

コモンウミウシとの違いは微妙。観察機会はこちらの方が圧倒的に少ないです。

シロタエイロウミウシの交接

シロタエイロウミウシの交接   9月19日   伊豆海洋公園

ただでさえ珍しい種類の交接シーンは貴重! どうやって惹き合うのでしょうか?

《季節来遊系》—他にも色々出てますが、割とよく撮れたものを選びました。

ハタタテハゼ

ハタタテハゼ          9月7日    伊豆海洋公園

今年は海洋公園や富戸でよく出ています。この個体は偶然の出逢いでラッキー!

チョウハン

チョウハン           9月13日   伊豆海洋公園

数ある季節来遊系のチョウチョウウオ類の中でも個人的に特に好きな種類です。

ミカヅキツバメウオ

ミカヅキツバメウオ       9月14日   黄金崎ビーチ

まるでブーメランのようです。ツバメ・ナンヨウに比べるとレア度が高いです。

《地味もの》—生物豊富で色々目移りする時季だからこそ、敢えてのテーマ。

イトヒキヌメリ

イトヒキヌメリ         9月23日   富戸ヨコバマ

ヤマドリやニシキテグリといった人気者も含まれるネズッポ科に属しているのですが、砂地に生息するタイプは総じて不人気で、ガイドネタになるのはヨメゴチぐらいでしょうか。これまで個人的にはまともに観察した記憶のない種ですが、胸鰭や顔周辺に入るブルーの美しさは一見の価値あり。皆様是非御注目を・・。

オグロエソ

オグロエソ           9月25日   伊豆海洋公園

エソの仲間は雌雄と思われる2匹が並んでいるところをよく見かけますが、3匹一緒というのは記憶にありません。いったいどうゆう関係なのか気になります。

ツリフネキヌヅツミガイ

ツリフネキヌヅツミガイ     9月27日   伊豆海洋公園

これは決して地味ではないと思うのですが、貝類全般が注目度の低いグループなので・・・。40年近く前から存在は知っていましたが、実は初めて見ました。

トラックバック URL:https://www.gokaiclub.com/2019/10/yokota/5917/trackback

コメントをどうぞ

CAPTCHA


横田
横田 雅臣

1961年11月生まれ
神奈川県横浜市出身

ダイビングとの出会いは学生時代。在学中に伊豆海洋公園ダイビングセンターにアルバイトに来たのがきっかけで卒業後同センターに就職、インストラクター・ガイドとして10年の勤務の後、1994年に独立しGO TO THE SEAを開業、現在に至る。

伊豆半島・伊豆海洋公園
ダイビングサービス
GO TO THE SEA

〒413-0231
静岡県伊東市富戸912-29
Tel/Fax:0557-51-7878

gotothesea.wixsite.com/home

携帯サイト【QRコード】
QRコード
GO TO THE SEA

バックナンバー
豪華!3本立て < 伊豆半島・伊豆海洋公園から < トップ