特撮モノが好き

非常に唐突だが「特撮モノ」が好きである。

だがしかし、最近のものではなく、かなり昔のものが好きである。TV版で言うならば、やはり円谷特撮シリーズ、つまり「ウルトラ・シリーズ」である。

だがしかし、中でも「ウルトラQ」、「ウルトラマン」、「ウルトラセブン」この3作品だけが好きである。

だがしかし、ウルトラ・シリーズと言えば、やはり“怪獣”なのだが、その怪獣の出現に関する初期設定が問題で、唐突に“怪獣”が出現してしまう話はNG!

「宇宙人が地球を侵略するために怪獣を操っている」という設定がGOO。もしくは、怪獣は無し!宇宙人だけしか出てこない話などもGOO。とにかく“初期設定”がポイントとなるのだ!!!

例えば、ウルトラマンに出てきた「ジャミラ」。

彼は元々人間だったというストーリーは誰もが知っているだろうが、では何故「怪獣」に変身してしまったのか・・・?話の中でイデ隊員はこう語っている「水の無い世界に来てしまった彼が、何とか生き延びていくうちにこんな姿に変わってしまった」と・・・。この「何とか生き延びて」という設定が超GOO!!!

さらに好きなのが特撮映画である。

「親子怪獣ガッパ」や「電送人間」やら「ガス人間」やらの初期作品も捨てがたいが、やはり特撮映画とくれば「ゴジラ・シリーズ」だろう。あの当時で、放射能の影響によってゴジラが発生したとする初期設定は感涙ものである。

また、「アンギラス」など4つ脚系怪獣なのにもかかわらず、後ろ足がヒザで歩いているところなどが良い。

さらに、「モスラ」などは、インファント島にあった卵と、東京タワーに繭を張って出てきた成虫とのサイズが全く違うあたりがかなり良い。

そこで、特にお気に入りなのが「ガイガン」である。

「宇宙怪獣」ということで眼はバカボンに出てくる“おまわりさん”のように一つにくっ付いているし、更に光るし、おなかには巨大な旋盤のようなものがあるし、両手は漁師が獲物を引き上げるときに打ち込む“ギャフ”のようになってるし・・・、キャラ設定が最高。ということでようやく今月の画像とつながるであった。(何?ガイガンを知らないって?)

ワレカラの仲間

ここ最近の特撮系邦画作品はほとんど見ていないのだが・・・

かなり昔の話だが、「宇宙戦艦ヤマト」などは「スペース・バトルシップ」だかなんだかに名前が変わっちゃうし・・・

オリジナル作品の初期設定をどれだけ忠実に守っているのか非常に心配で心配で・・・

どんな部分が心配なのかと言うと・・・

「イスカンダル星の最新技術・波動エネルギーを用いて開発されたヤマト、無敵の“波動砲”を誇るヤマトだが、波動砲発射直前に艦橋にいる全員が着用する“対閃光防御用ゴーグル”のストラップなどは“ゴム製”である」

やはり、この辺の細かいディテールを再現してこそ真の「実写版」と言える訳で・・・

っつーか、見てもいないヤツに、あれこれ言われる筋合いも無い訳で・・・

で、なんだか訳分かんない話になって来てしまったので、この辺で唐突に終らせていただく。

ということでまた来月!!!

トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2012/03/igarashi/2119/trackback
五十嵐
五十嵐“Garuda”一規

1968年11月29日生まれ
横浜市出身
射手座 申年 RH+O型
ガイド会所属

バンドマン、大道具、そしてダイバーへと転身した変わり種。昆虫・プロレス・甘い物が大好きな現役ハードコア・パンクスだが、バーボン片手にロックを聞きながら毎夜繰り広げられる魚談義はいたってマジメとの噂・・・。秘密結社「赤い魚団」代表。

フィリピン・セブ島 リロアン
VILLA TROPICAL PARADISE

Lower Lo-oc, Santander 6026, Cebu Philippines
Tel/Fax:+63-(0)32-480-9035

villa-tropara.com
blog.goo.ne.jp/1wgp-liloan

VILLA TROPICAL PARADISE

バックナンバー
特撮モノが好き < セブ島 リロアンの海から < トップ