ゆうすけの豪海倶楽部The Diving Junky Magazine

うみんなかはほんとおもしろい

こん○○は〜。

もう春もそこまで、3月です。

平成最後もそこまで。。。

と、いろいろな期待の膨らむ今月ですが、海中を覗いてみると、水温低い時期に浅場に現れるマトウダイ!

普段は、大きな体で尖った背鰭をピンと立て、悠々と泳いでいるのですが、この日は様子が違いました。

写真の様に、砂地と平行に体を倒し、自慢の鰭も畳んで体を小さく、ギョロ目!

なんだ〜???

と、しばし観察していると、どうも、砂地で群れてるクロサギという魚を補食しようと、美味しい獲物に胸ふくらませていました。笑

マンボウもですが、この手の平たい体系の魚は泳ぐスピードがトップギヤに入ったら、めちゃめちゃ早いです。

付いてくのもやっとですが、それでもなかなか補食にありつけないのは、敵もさるもの、自然界の厳しさ。

それにしてもこの顔は、必死でもあり、滑稽でもあり、ぷっぷっぷ。

結局、僕の体力負けで補食シーンは観れませんでしたが、そんな姿が観れただけで心温まりました。

ほんと海ん中は面白いです!!!

マトウダイ

というわけで、来月からは、我が川奈日和店長の君島啓一にこの場をバトンタッチして、川奈の様子を綴っていってもらいます。

長らくのご愛読ありがとうございました!

そして、けーいちが表現する川奈の海もどうぞご期待ください♪

生きるのびる為の戦術

こん○○は〜。

今年、川奈に初登場の「フィコカリス・シムランス」というエビ。

ずっと探してたんですよね〜〜。

小さいし、何と言っても擬態上手!

写真をご覧頂くとわかりますが、ヒトツマツでいいのかな?紅藻類に着く、茶色い藻に擬態してるんですよ〜〜!

肉眼で観ると、ほんと藻にしか観えません。

居ると(存在)思ってないと、絶対に見つかりませんね〜〜。

ま〜それにしても、生きるのびる為とはいえ、完璧すぎて、久々に、心奪われ、毎日の様に通いました!笑

海中には、まだまだほんとに面白い生き物が知恵を絞って暮らしているんですね〜〜♪

2月は、ダンゴウオの子供も出る時期です!

水温こそ低いですが、、生物はHOTですよ!!!

フィコカリス・シムランス

羽ばたき

新年明けましておめでとうございます!

今年は、僕にとってチャレンジの年!

掲げた目標に気持ちぶれず、、海中で羽ばたいていこうと思います。

賀正 2019

本年もどうぞ宜しくお願い致します!!

月光

す〜〜と僕の目の前を横切る魚が居た。

咄嗟の出来事だったので、脳裏では大きめのチョウチョウウオだな〜〜くらいに思っていましたが、なんか、泳ぐ姿がいつもと違うオーラを感じた。

気になって2度見してみると、、月の様にしくしくと光り輝く、ツキチョウチョウウオでした。

かっこいい〜!

僕も、海中でさりげなく輝くオーラを放てる様、来年もガイド頑張ろう♪

というわけで、今年もご愛読ありがとうございました!

新年もどうぞ宜しくお願い致します!!

ツキチョウチョウウオ

得した気分

皆様、こん○○は。

早いもので、もう11月。今年もあと2ヶ月ですわ!

川奈の11月は、秋の台風などで黒潮海流に乗って来た、季節来遊魚と言われる魚達が目立つ月でもあります。

普段は南方の海で生息している魚達が、伊豆に居ても観れてしまう! というちょっと得した気分になれるのです(笑)

個人的な今年のヒットは、以前から南の海で見せていただて、可愛いな〜♡と思ってた、ハナゴンベ。

2センチくらいの幼魚が川奈に流れつきました〜!!

僕のフォトガイドは、各ゲスト様の好みに合わせ、畳み一畳的に放置しゆっくり撮って頂くパターンが主なのですが、放置されたゲスト様が、見つけてくれました。

ここ川奈で可愛い南方種が観られるお得感と、他力本願的なお得感、2度美味しい感じです〜(笑)

関東圏から2時間あまりで来れる、南の海モドキをぜひ覗きにいらしてくださいね〜〜♪

ハナゴンベ

台風対策

今年は、ほんとに台風が多いですね。

の原稿を書いてる今も、大型台風24号の進路とにらめっこ・・・。

なんだか、伊豆ら辺も通過して行きそうなので、、海辺にある店の台風対策しなければ。

と、写真のセダカスズメダイの繁殖期は8月〜10月初旬とまさに台風シーズンに産卵します。

しかも、この魚が生息するのは、ほんとに浅い所。

台風が来ようものなら、岩がひっくり返りぐしゃぐしゃになる様な場所なんです。

餌的な理由もあるのでしょうが、、体も大きいのでもっと水深とったところで暮らせば良いのに!

と変な親心。笑

ただ感心することもあって、この魚、卵を岩に産みつけてから4日くらいにはハッチアウトする早いシステムなのです。

通常、産卵だと2週間くらいのものが多いのですが、めっちゃ早い!

これがもしや台風などで産みつけた卵の岩がぐしゃぐしゃになる前に産み放つという、浅場で住むものの遺伝子的な知恵だったら、すばらしいメカニズムですね!というわけで、海も陸も台風災害が無い様、万全な対策をし、あとは祈りましょう!!

セダカスズメダイ

蜂の巣と台風

今年は、ほんとに台風が多いですね〜〜。

と、春先に店の近所にお住まいの元漁師のおじいちゃんの話を思い出す。

「八木くんよ〜、今年は台風が多いぞ〜〜〜!」

と。

「えっ、なんでですか??」

と聞き直すと、、

「蜂の巣が低いところに作られてるんだよ〜、こういう年は台風が多いんだ〜〜。」

と、その時は、ふ〜〜〜ん。

くらいの気持ち半分で聞いてましたが、、こうなってみると、尊敬!(笑)

何が根拠でとか、そんなんではなく、俗にいう昔からのいわれというやつなんでしょうが、、

長く生きてると、いろんな経験ができ、その経験の数が人の深みになっていくんですね!

僕も、そんなかっこいいおじいちゃんになりたい!!

って、なんのこっちゃww

というわけで、9月は台風とともに、海がぐんと青くなります。

台風が運ぶお宝を期待して、ポジティブに今月も海で遊びましょう♪

ゴンズイ

あ〜つい夏休み

「暑中お見舞い申し上げます」

今年の夏はもの凄く暑いですね!

暑くてたまんない時は、ぜひ海に涼みに来てください♪

スタッフ一同雁首並べてお待ちしております(笑)

カエルウオ

夏を感じる

ホシギンポは水面を見上げ想う。

「おっ、梅雨明したかな♪」

ホシギンポ

今年は、空梅雨で、6月末には梅雨明け宣言されましたね。

毎年、夏になると川奈ビーチのエントリースロープ周辺がカエルウオの仲間達で賑やかになります。

ダイバーがズタズタ歩いたり、フィンをはいたりと、大きな障害物が突然入って来る場所ですが、この子らにしたら、繁殖期前にうねりで舞い上がる浮遊物を補食したり、フジツボに卵を産みつけたりと、仲間や家族と戯れられる憩いの場所でもあるんです。

写真の様に、ところどころにある、穴ポコは絶好の避難場所。

カニや、ギンポの仲間達が競い合いながら死守しようとする姿も笑えます。

普段何気に歩いている、膝より下の海中世界。

暑い夏到来、涼みついでに、ちょっと覗いてみませんか?(笑)

暮らす環境

6月ですね〜。

梅雨な季節でもありますが、海中的にはそんな暗さを利用してなのか?繁殖する魚も多い季節でもあります。

イソギンポもその中のひとつなのですが、名の通り、磯に生息する生物です。タイドプールだったり、波打ち際だったり、浅いところで暮らしています。

我が川奈ビーチに少しかわったところに住み着いてるイソギンポのご紹介です。

砂地に人口的に作られた魚礁がポツンと佇んでいます。

鉄パイプでピラミッドな形状。その一番上に、海藻がワサワサつき、見晴らしの良いその場に引っ越しして来た、イソギンポがいるんです。

中層にあるので敵も少ないし、貝の割れ目などもあり繁殖には適している場所なんでしょうね〜。

複数居るのですが、写真のイソギンポを「キング」と呼んでいます。

ご覧のとおり、頭部の皮弁が規格外に長いのが特徴!笑えるほど、長いです。

浅く波のうねりの影響を受ける様な環境に住んでいたら、めっちゃ邪魔だろうな〜と。

じゃ、何のため?

と、背景ボカしすぎましたが、周りには赤や茶の長い海藻がワサワサ生えています(ちょうど顔手前の伸びた海藻)。

その海藻内に潜んだら、ほんと見事なカモフラージュです。ここで暮らす為の防衛本能からの長い皮弁なのでしょうかね。

海中生物の生きる為の知恵は不思議で面白いですね〜〜。

梅雨時期ならではの、海中観察しにいらしてくださいね〜〜♪

イソギンポ

冬のイカから、初夏のイカへ

5月スタートですね〜!

GW真っ只中ですので、皆様もいろんなところで潜られてることでしょう。

これを書いている4月末ですが、川奈は今年は水温が上がりきらず、この時期にまだ写真のヤリイカが産卵にやってくるくらいでした。

冬のイカなイメージだけにちょっと違和感はあるのですが、さすがにもう終わりの兆し。

これから5月に入り、水温が17℃を超えて来ると今度は初夏のイカ、アオリイカが産卵を始めます。

こちらは日中に産卵するので、大迫力な産卵シーンをじっくり観る事が出来ますよ。

初夏のイカの行動を観にいらしてくださいね〜!!

ヤリイカ

春の陽気に誘われて♪

春らしくポカポカ陽気な日が多く、気分も陽気になれますね〜〜(笑)

今年も、大人気のダンゴウオも数は減るものの、残る者の成長が観察出来る季節です。

ただでさせ、球体の滑稽な形でほっこりさせられますが、、大きくなると表情も豊かになります。

もうこんな子と目があったら、ズキューーン♡ですよね〜〜。

春の陽気に誘われて、川奈に陽気になりにいらしてくださいね♪

ダンゴウオ

感動の出逢い

あっという間にもう3月!

陽も長くなり、ほんのり南風でポカポカ陽気な日も増えて来て春を感じる今日この頃。。。

それはそうとして、2月は、定置網にハンマーヘッドやセミクジラが入り、、ビーチには、深海性のクラゲダコが出現したり、。

そして個人的には、写真のクレナイフサカサゴの幼魚の出現。

2008年に新種認定されたみたいですが、、以前に伊豆海洋公園で成魚(若魚)が採取されたのみで、、この幼魚との出会いは、非常に貴重な体験でした。

同じ海に、1万回以上潜っていても、まだまだ新しい出会いがあるのって、海の大きさを感じます。

海は広いな、大きいな〜〜。

こんな感動があるから、毎日でも潜っちゃうんですね〜〜♪

さーさー、今月も張り切って潜り倒しましょう!!!

クレナイフサカサゴの幼魚

宇宙から地球を観て来ました〜〜〜

なーんて、ウソですが、、よく海を宇宙に例える人いらっしゃいますが、、浮遊生物を撮っているとまさにリンクしますね。

写真は、放散虫という枠にくくられてる単細胞のプランクトンで、図鑑によるとジュズヒモサボテンムシ属の1種に一番近い、生命体です(笑)

サイズも3ミリと小さいです。

意識しなかったら、どーでもいい浮遊物ですが、、意識して撮ると、とても宇宙を感じる生物でもあるんですね。

海はほんと不思議がいっぱい!

「浮遊」だけに昼間は水の綺麗な「冬〜」が観やすいですよ(笑)

「富裕」になれるよう、今月もお仕事頑張ります!(爆)

放散虫

年男

ここ数年、川奈と言えば「カメ」と言われるくらいな代名詞的な生物なのですが、そんなカメの甲羅から「ウラシマタナイス」という新種の寄生虫が発見されたそうです。

川奈のカメは人なつこくわりと動かないので、今や甲羅で寄生虫探しが、密かな地味なMyブームです(笑)

カメは青い海を悠然と泳ぐのを観てるのが楽しいですが、、甲羅で寄生虫探しって・・・。

新しい楽しみに方ですね〜!!?

というわけで、本年、年男の僕。

新しい事に取り組んでいこうと思っています。

本年もどうぞ宜しくお願い致します♪

謹賀新年 2018

愉快にいきましょう!

毎年、この魚に会えるのを楽しみにしています。

ぱっと見は、ホンソメワケベラの子供、、

よく見ると、ブダイの顔をして、、

実は、ベラである。

ブダイベラの子供。

川奈では、この時期しか観られないんですよ〜。

とまあガイドネタしても役に立つこの子の様に、来年も愉快に潜っていきたいと思っています。

ブダイベラの子供

本年もご愛読ありがとうございました!

来年も川奈の海共々、どうぞ宜しくお願い致します!!

今月は穏やかに!

いやはや、10月は台風直撃やら、毎年の事ながら季節風の北東の風で月の半分くらい川奈で潜る事が出来ませんでした・・・泣

たまに潜れる日に、当たり前の事が新鮮に感じるくらいでした。

まっ、海が職場で自然相手のお仕事なので、しょうがない!と割り切るしかありませんが。

潜れる時に、精一杯そして1本1本大切に潜りましょう♪

というわけで、今月の写真は、荒波にもまれてもぶれずにまっすぐ前向いて行きましょう!的な一枚。

今月は、穏やかにいきたいものです。

アカホシカクレエビ

ベジタリアン

すっかり朝晩は涼しくなり、、秋を感じる今日この頃。

皆様はいかがお過ごしでしょうか?

秋と言えば、食欲の秋!

食べ物も美味しい季節ですね。

海中でも、川奈に住み着いているアオウミガメが海藻をバクバク食べています。

冬に動きも鈍くなるので、食べためてるのでしょうか(笑)

アオリイカの卵を食べるシーンもありましたが、、基本写真のように海藻が大好物!

ベジタリアンは、長生きの秘訣なのかも♪

海藻を食べるアオウミガメ

今年はちょっと変わってて面白い

今年は、台風の動きもいつもと違う感じですし、海中でも、川奈では、初夏の風物詩でもある「アオリイカの産卵」が8月末に再度始まりました。

青い水に、水温高いのでウエットで観るアオリイカの産卵行動は、なんとも違和感と満足感でいっぱいです!

今年の秋は、どんな「海」が観れるのか? 楽しみな9月スタートです!!

アオリイカ

海で涼みましょう!

今年の夏は暑そうですね〜

海辺にいると海風も吹き、涼しいですよ〜〜

ましてやダイビングで海に潜れば、涼しさ倍増!

おまけに心も癒されます♪

夏の川奈でお待ちしておりますよ!!

カワハギの幼魚

夏へ

今年は、アオリイカの産卵行動が大当たりでした。

10ペアくらいのアオリイカ達が目の前で産卵する大迫力なシーンが毎日の様に観察出来ていました。

写真を撮りにいらした人達も、素敵な写真が撮れた事でしょう!

そして、その行動も静寂してきました。

差し込む光も明るくなり・・・

水の色も青くなり・・・

水温も上がりつつ・・・

夏はもうすぐそこまで、、来ていますね♪

アオリイカ

潜るからこそ観える光景

6月スタートです〜!

今月は、梅雨の季節ですね。

雨も多い日がありますが、川奈日和は店内で休憩出来るので、雨の日もそんなに苦になりません。(ちょっと宣伝、、笑)

そして潜ってしまえば、関係ない!

と、ポジティブに参りましょう♪

今月の写真は、5月に水温が一気に上がり発生した赤潮下の光景です。

とろとろの真っ赤な水面を観ると、潜るのもテンション下がりますが、潜ってみるとそこには観た事ないような幻想的な光景がありました。

もちろん、晴天!綺麗な海!が良いには決まってますが・・・。

せっかくのお休み、すべてを受け入れ(笑)ポジティブに考えれば、きっとアナタの心に感動という気持ちが生まれると思います!

雨の中の海中・・・ならではの出逢いや感動が味わえるに違いない・・・はず。

赤潮下の光景

心も五月晴れ

海中で見つけた、小さな笑顔。

しかもパンダみたいで、ゆるいのがまた良いです。

ホヤの仲間なのですが、食事は水を吸い込むので、ちょうど口に観えるところが膨らんだりしぼんだりと動くので、観ていても、なんだかあくびしているようで笑えます。

陸上はポカポカ陽気、そろそろウエットに衣替えな5月です。

今月もにこやかに過ごしましょう♪

ホヤの仲間

春色

今年は水温も下がりきらず、少し遅い気もしますが、海も時化やうねりの日が多くなり、海藻が一気に増えてきました。

川奈は、緑藻・褐藻・紅藻が均等に色とりどりに生息しています。

写真は、ツカサアミに包まれ気持ち良さそうなアナハゼ的な。

写真を撮る上ではアクセントとしても良いと思います。綺麗な物や変わった形のもののあるので、海藻だけ撮っても面白いですよ!

自分好みの、カラフルな春の色を撮りにいらしてくださいね〜♪

ツカサアミに包まれたアナハゼ

一期一会

沢山潜っているとわかるんですが、、海中での出逢いはその時しかない時が多々あります。

まさに一期一会な世界。

今月のお魚「アンコウ」もそのひとつ。

午前中に出たからって、午後も観に行くともう居ない・・・みたいな。

僕らは、それこそ沢山潜っているので、それなりに回数は観ているものの、居ました!と大騒ぎして情報流すも、翌日なりに来て頂いても居ない事多々・・・泣

まさに、ガイド泣かせ(笑)

どんな生物もかもしれませんが、、特にはなかなか会えない生物に遭遇した時は、嫌というほど観察し、嫌というほど写真を撮るのが良いのかもしれませんね!

さっ、今月もどんな生物達との出逢いがあるのでしょうか?

楽しみでたまりません♪

アンコウ

繁殖の季節

2月は、水温も下がり年間でも一番冷たい月でもあります。

魚種も減り、補食率も下がるので、産卵ハッチアウトには都合がいいのでしょうね。

写真は、サビハゼのハッチアウト。

奥で親が、尾鰭を動かし、水流を与え卵のハッチアウトを誘発していきます。

感動の瞬間ですね〜♪

沢山産まれて元気に育ってね〜〜!!

サビハゼのハッチアウト

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます!

本年も川奈の海よりHOTな情報を配信させて頂きます。

どうぞ宜しくお願い致します!!

HAPPY NEW YEAR

感謝

2016年も今月で終わりですね〜。

今年を振り返ると、個人的には身内の不幸があり、仕事的にもいろいろと悩みばかり、、

と、ほんと苦しくも考え悩みの一年でした。

でも、そんな時に、友や諸先輩方々、そして僕の目の前にはいつも川奈の海がありそこで元気に生きる魚達がいる。

そして僕の大好きな川奈の海を観に来てくれて共感してくれるゲストの皆さんの笑顔。

などに、ほんとに救われました。

感謝の気持ちでいっぱいの一年でした!

心機一転、来年も川奈の海でより良いパフォーマンスが出来るよう精進して行きたいと思います。

1年ご愛読ありがとうございました!

そしてまた来年もどうぞ宜しくお願い致します!!

アオウミガメ

銀貨

朝晩涼しくすっかり秋めいてきましたね〜〜。

秋と言えば、毎年悩まされる北東の風(季節風)!

川奈は北東向きなので、この風が吹くと海が時化るのです。

秋は、黒潮海流も近づき水は青く温かく、海中も生物豊富になるのですが、、風で潜れない日が多くなります・・・泣

まっ、自然には勝てないので、開き直って自然のなりに楽しんでいこうと思っています。

写真は、北東の風のおかげで、沖合から流されてきた「ギンカクラゲ」。

メタリックブルーで、独特な形。

中心部が「銀貨」のようなのクラゲです。

普段は温かい潮の沖合にいるので、通常は見られないのですが、、ポジティブに考えたら、北東からのお土産なんですね〜♪

ギンカクラゲ

11月中旬くらいからは、西風に変わり川奈のベストシーズンの到来となります!

ぜひベストな川奈の海に潜りにいらしてくださいね〜!!

グルメ争奪戦

早いもので、10月ですよ!

秋はほんと食べ物が美味しいですね〜♪

人間なら、美味しいものを知人や家族とシェアしながら堪能する訳ですが、こと海中世界ではそうは言ってられない現状なお話です。

写真は、アオリイカがキュウセンを補食しているところ。

「大物ゲットだぜ〜!」

とアオリイカの雄叫びが聞こえてきそうです。

キュウセンを補食しているアオリイカ

そんなアオリイカの頭脳プレイな補食を写真から解析してみました。

自分と同じくらいの大きさで、しかも動きが素早い獲物なので、まずは視覚に伝達する脳の辺りをガリッと噛み砕いているところはさすがです。

そして、目を隠しています。最初は、動きを止める為に、目を押さえているのかな〜?と思いましたが、脳から神経を止めてる訳で、、。

写真撮りながら、追いかけていたら、僕が遠くに居る時は目から触腕を離し、僕や他の捕食者が近くに現れると、目を隠す・・・

そうか!せっかくの獲物を他の捕食者に奪われない様に、目を隠し魚じゃない様にしているのか!

と、おっさんダイバーの推測・・・

ほんとはどうなのかは、アオリイカに聞いてみないとわかりませんが、海の不思議を写真からたどっていくと楽しいですね〜。

ぜひ、秋のグルメな海中も観にいらしてくださいね〜〜!!

秋の空

今年の伊豆は梅雨明けが遅かったせいもあり、ほんと短い夏でした・・・。

でも沢山の人たちと、潜り、おしゃべり出来て楽しい夏でした〜〜。

と、気がつけば、9月なんですよ!

朝晩涼しく過ごしやすい秋です。食べ物も旨いし!

海中も、この季節限定の生物も観られる様になり賑やかになります。

そんな9月の川奈へのんびりしにいらしてくださいね〜〜♪

ナンヨウツバメウオの幼魚

現実逃避

いや〜〜暑い夏ですね〜☀

というより、そもそも夏は暑いんですね。。。

年々気温が上昇しておりますが、、海は涼しくて良いですよ〜♪

特には、ダイビングして海中に居ると、心も癒され体も涼しいです。海から上がっても、夕方吹く海風で涼めます。

ある意味、省エネな遊びかも(笑)。

写真は、表層生活でのほほ〜んと生きる魚達。現実っぽくなく、不思議風に撮ってみました。

というわけで、暑い熱い夏!

現実逃避しに、海に涼みにいらしてくださいね〜〜!!!

表層生活でのほほ〜んと生きる魚達

夏ですよ〜☀

今年は、空梅雨ですかね〜〜。

降るべきもの降った方が良いですが、、梅雨も空け、、

晴天!べた凪の夏は最高!!

海で元気に遊びましょうね〜〜♪

水面から見た青空

Beautiful GREEN

毎年の事ながら、この季節は「春濁り」と言われ海中が濁る日が多くなります。

陸上からの光が遮られ、緑の海に変化します。

もちろん青く澄んだ海も素敵です。

でも、ワビサビを表現しやすい緑色の海も日本人の心に刺さるのではないでしょうか?

アオリイカ

ぴかぴかのいちねーんせい♪

春ですね〜

ぽかぽか陽気は気持ち良いです♪

今年も3月上旬から、大海原に放たれたダンゴウオの子供達。

大人気で、3月4月と忙しくさせて頂きました。

例年同様に、段階的に産まれたので、成長過程の違う子達が、この4月後半から5月前半に見られます。

写真は、赤色の先産まれた子と、緑色の2週くらいあとに産まれた子のコラボ。

人でいったら、小学6年生が小学1年生に優しく話しかけている様な♪

海中のとっても小さな世界ですが、、なんかほっこりしますね♡

ダンゴウオの子供達

裏の顔

3月から始まったダンゴウオ祭り開催中の川奈(笑)

今月も継続中である事を祈りながらの新月スタートです!

ダンゴウオといえば、「可愛い♡」とよく評されます。

確かに小ささと、形のキュートさ、ダンゴというネーミングもナイスでとても可愛いです。

ですが、やはり彼らも生きて行くうえでは、食さなければいけない訳でして。。。

彼らよりさらに小さい微生物からしたら、可愛いどころか脅威なんですよね(笑)

海中の小さな食物連鎖。

ちょうど、写真は、タルマワシを狙う?海藻に潜むダンゴウオ。

向こう側で悪そうな顔してるでしょ〜〜(笑)

裏の顔なのか?表の顔なのか?

ダイバーから観たら裏の顔で、海中生物からしたら、表の顔なんでしょうね。

あえて、裏の顔見せなくてもいいのですが、、

やはり生き物を観察して楽しんでいる以上、可愛い〜♡ももちろん良いですけど、こういう表情や食した後の排便シーンだったり、生活感にも注目して観察するとさらにその生物の魅力が発見できるので、何度観ても楽しめる様になりますよ♪

ぜひ、そういう眼でも海中を覗いてみてください!

ダンゴウオ

青い冬から緑の春へ

いや〜2月は、ほんと水が綺麗で例年より2℃くらい水温も高く、連日気持ち良く潜れました〜♪

写真も、2月中旬にビーチに現れた、ムレハタタテダイ。

100匹はいる大きな群れになってダイバーの眼を楽しませてくれました。

それに便乗しようとする、似ても似つかぬ(笑)ウスバハギのトリオには笑わせてもらいました♪

ムレハタタテダイの群れとウスバハギのトリオ

そして、今月3月はダンゴウオをはじめとする、人気のマクロ生物が増えて来ます。

ワイドビューからマクロアイに切り替えの季節でもあります。

今年は、水温のせいもあるのか?海草類も少なかったですが、今になってようやく丈を伸ばしてきました。

あとは、人気生物の出現を待つばかりなのであります!

卵な季節

新年明けたと思ったら、もう2月ですね〜〜!

川奈では、年間通してもっとも水温が下がる季節。

でも、近年のドライスーツやインナーが進化しているので、体感的には快適に潜れますよ!

海中はというと、浅い水深ではプランクトンも減り、大きな捕食者も減ってくるので、生物達は一斉に繁殖行動を行う、観るものを熱くさせる季節です!!

有名どころでは、ダンゴウオやサビハゼもその一つです。

今月の写真は、内湾ならではのスナギンチャクの根元で暮らすマルガザミ。お腹にたっぷりの卵を抱えて居ました。

沢山の命が少しでも多く成長して、ダイバーの眼を楽しませて欲しいですね〜。

と願いの月なのでもあります。

マルガザミ

謹賀新年

あけましておめでとうございます!

本年も、川奈の海共々、宜しくお願い致します!!

賀正 2016

やはり今年は・・・

早いものでもう12月ですね〜

毎年、この場でこの1年を振り返るのですが、、

やはり今年の一番の感動は「サンゴの産卵」ですね。

まさか川奈でこんな神秘的なシーンが観られるなんて夢のようでした。

生きてるだけで人生まるもうけ〜〜♪

なんて歌もありますが、、

潜ってるだけで、良い事もあるもんですね〜〜!!

来年も、さらに熱く潜り続けたいと思います。

1年間、ご愛読ありがとうございました!

来年も頑張りますので、豪海倶楽部並びに川奈の海をどうぞ宜しくお願い致します!!

サンゴの産卵

この時期のカメの生活

今や、カメと言えば川奈!
川奈と言えばカメ!

と言われるくらい、川奈ビーチに定住しているカメ。

夏場は、浅瀬に食事や休憩をしにほぼ毎日現れ、ダイバーや体験ダイバー、スノーケルの子供たちまで楽しませてくれる。

水温が下がり始める11月くらいから遭遇率は一気に減りますが、そんな時期は、浅瀬にやってくると、少し休んでは水面に上り気持ち良さそうに泳いでいく。

まるで陸上から差し込む光で日光浴を楽しんでいるようです。

この時期ならではのカメの生活を見てあげてくださいね♪

川奈ビーチに定住しているカメ

水面に浮く変なおっさん

すっかり朝晩冷え込み秋を感じる今日この頃。皆様はいかがお過ごしでしょうか?

秋と言えば、台風・・・

台風が来るたびにいろんな生物が流れ着きます。代表格が写真のナンヨウツバメウオの子供。

波打ち際に枯れ葉やゴミに擬態して水面下をゆらゆら浮いている。

波打ち際を表現したくて、半水面で狙うのですが・・・

以前ゆうすけさんに、半水面で撮るときポートにつく水滴をつかないようにする技を教えて頂いた。

ポートをベロっと舐めるんです。

確かに、水中からポートをあげても水滴はつきにくいのです。

ただ、この日も視線を感じたので、堤防を見たら釣り人が僕を気持ち悪そうに見ている。。。

そりゃ、水面に浮いて、カメラをベロベロ舐めてるおっさん、、居たら、気持ち悪いよね。。。とほほっ。

ナンヨウツバメウオの子供

浅瀬のススメ

いや〜今年の夏は暑かったですね〜〜。

暑い、暑い、と言っていたらあっというまに終わっていた8月・・・

そんな8月とこれから始まる9月は川奈ビーチでは浅瀬にいろんな幼魚が集まってきます。

スズメダイやチョウチョウウオの仲間は、華やかなので人気ですが、、写真のカミナリベラの様な地味系ローカル幼魚は、、まったくスルーされてしまうのです。泣

大人になったら、派手になるのなるのにな〜〜

極小サイズなのにな〜〜

とアピールしても、、振り向いてもらえないとなおさら応援したくなる僕ちん。

今風に?バックをメルヘンで少しハイキーで撮ってあげました。

まあ、なんにせよ浅瀬で幼魚と戯れると楽しい季節です♪

カミナリベラの様な地味系ローカル幼魚

夏の感情

夏ですね〜〜

今年は、猛暑続きですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

海の中は涼しいですよ〜〜♪

伊豆の夏といえば、気温こそ高いものの、水温はまだまだ上がりきらず、濁りも少し残ります。

夏気分のルンルンゲストさん達に安全に楽しく最高の夏ダイビングを満喫してもらおうと、濁った潮、流れる潮のなか、、少しの余裕を残しギリギリのラインでパフォーマンスするガイドさん。

ボートの下まで戻り、、緊張感から解放されるほっとする瞬間。

ガイド的、夏の感情なのであります。

エキジット

熱い暑い季節

7月ですね〜〜

夏ですよ〜〜

この時期、川奈ではスズメダイ・マツバスズメダイの繁殖行動で熱い季節になります。

負けじと、海で暑い夏を満喫しちゃいましょう〜!!!

マツバスズメダイ

余裕ぶっかまし

川奈ビーチにいついている、アオウミガメ。

紅藻類が好物とあって、浅瀬でワサワサなるころにやってくる。

喰っては寝、喰っては寝、、、

ダイバーとしては、浅瀬で観れるのでありがたい!

ただ、ちょっと、泳いでよ!

と思うこともある。

この日も朝寝。。。

これだけ近づいているのに、、

「起こすんじゃなーよ!!」

と逆ギレ・・・・

確かに、ここら辺にはあなたを襲う生物は居ないでしょうが、一応あなたも野生なので、もうちょっと警戒心があったほうがいいと思うんだけど。

との想いとは裏腹に、こんなにのんびりマイペースで生きられること。

うらやましいな〜(笑)

アオウミガメ

天使の源

今年は、ダンゴウオの当たり年でした。

「なんで、今年はこんなに多いんですか?」

と、よく聞かれるので、自分なりに考えてみました。

ヒントは今月の写真にあるような気がします。

ある日、水も綺麗で晴天でもあったので、ふとワイドの写真が撮りたくなって堤防の下に向かいました。

想像を超える、褐藻が所狭しと生い茂っていました。光を浴びながらとても力強く生きていました。

褐藻たちにとっても、程よい揺れ、適した低めの水温などの条件が今年はそろっていた為ここまで繁殖したんだな〜〜と思います。

ここ2年くらいは、春に2〜3回の大時化があり、褐藻類がちぎれて砂地に散らばる光景をよく目にしました。

それと比例して、ダンゴウオも通常見られる浅瀬では少なく、意外なところに少数現れすぐ居なくなる。。。そんな状態でした。

今年は、その大時化もなく、程よい時化が何度かありました。

その程よい時化を利用して、天使の輪つきのダンゴウオの子供たちが生まれ、しかも浅瀬でまとまって留まれたのだと思っています。

数の多さに関しては低水温が例年より長く続いたこともあり、時期がずれて何度も産卵されたものとも考えられます。

そういう見解からすると、今年は海藻やダンゴウオにとって好条件な海の状態が続いたんだと思っています。

なんにせよ、海が元気だと、僕らダイバーも元気に成れるんですよね!!

褐藻

ダンゴを輝かす♪

今年の川奈はダンゴウオの大量出産で大フィーバーで大忙しでした。

時期もずれながら産まれてきているので、この調子だと天使の幼魚と大きいのコラボも見れるかもしれませんね〜。

とても小さな、ダンゴウオの撮影はなかなか困難です。

小ささもなんですが、球体であること。そして意外にも天使の輪の模様にフォーカスが惑わされるんです。目にピントがきにくい生物なんですね。

そこで、フォーカスライトが使いたいのですが、あまり明るいスポットタイプを使うと、嫌がって逃げてしまったり、後ろ向いたりします。。。

今月の写真は、小ささ故に周りの環境もフレームに入るので、だったら海藻の下から照らそう作戦です。海藻も色づき、良い雰囲気にもなりますよ。

というわけで、ほんわかな春の4月もよろしくお願いいたします!!

ダンゴウオ

寒桜と天使ちゃん

今年もこの季節がやってきました。

川奈より少し南下した河津では寒桜が咲き、多数の人が観にこられてこころ癒されます。

ちょうどそんな時期に、川奈の海中では、頭に天使の輪と呼ばれる模様のついたダンゴウオの子供が生まれ、多数のダイバーが見にこられてこころ癒されます。

写真は、そんなイメージの場所に居たダンゴウオ。

可愛いっす♪

ダンゴウオ

平和

最近は、争いごとや交渉条件が人の命だったり、、信じがたい出来事が起こっています。

海の中は、もっと単純で、、それこそ明日、いや今日の命もわからない環境の中なんですが、逆にみんなで工夫して助け合いながら、生きてるんですよね。

ふと、そんなシーンに出くわすと、ほっと心が和むのもダイビングしてるからこそ味わえることなのです♪

キタマクラとイトベラ

今年も川奈で♪

新年明けましておめでとうございます!

本年も豪海倶楽部、ならび川奈の海もどうぞよろしくお願い致します!!

川奈ビーチの水面にぽか〜んと浮かびながら、105ミリマクロレンズで撮りました。

小さなスペースから大きな海。。。

そんな謙虚な気持ちで海をガイドしていけるよう、がんばります♪

川奈ビーチの水面

2014年びっくり魚〜てんニュース!

早いもので、今年もあと1ヶ月となりました。

今年も、沢山の方々と潜れ、沢山の生物と出会い、幸せな一年でした。

そんな1年の中でもびっくりさせられた魚たちをピックアップ!

まずは、4月に突如として現れたアカグツ。

アカグツ

そもそも深場で生息するこの生物がビーチで見られるなんて。

それより、赤い靴を履いていたが笑えました。

そして、今年の特徴といえば、夏から秋にかけて水温が上がらなかったせいか?

アカオビハナダイ

毎年、幼魚で流れ着くアカオビハナダイが今年は見事雄に性転換し、メスに求愛するシーンまで見られました。

浅いので小型だったり、色が少し薄かったりと、、内湾ならではの特徴が出てて面白かったです。

最後は、8月に目を疑った、オシャレハナダイ。

オシャレハナダイ

だって見つけたのが、、なんと水深3m!!!

浅すぎでしょ〜〜。しかも1ヶ月も居てくれて、、名前どおりのとても綺麗なオレンジ色がダイバーの目を楽しませてくれました。

というわけで、来年も川奈の海でどんな出会いがあるのでしょうか??

今から楽しみでなりません!

豪海倶楽部、川奈の海、共々どうぞよろしくお願い致します!!

食欲の秋とはいえ

毎年この時期に書いてる様な気もしますが・・・

秋は季節感ある食べ物が美味しいですね〜〜。

今年は、サンマが豊漁だったのかな?

サンマを沢山食べました。特には、刺身は最高に旨かったです。。。

と、海中を覗いてみると・・・

ミノカサゴさん!

口から溢れ出てますよん!

気持ちはわかるけど、さすがに欲張り過ぎでしょ〜〜〜(笑)

ミノカサゴ

さーさー、栄養つけたし、今年も残すところ2ヶ月、元気に頑張りますよ〜〜!!!

秋の夜長

10月ですね〜。

秋の夜長とはよく言ったもので、川奈では18時には真っ暗になります。

夏だったら、もう少し仕事してこっ!となるけど、秋は帰宅時間も早まり、身体を休めるには良いのかも(笑)

その分、飲む時間も長くなるので、身体には悪いのか???(汗)

マダコの抱卵

写真は、マダコの抱卵。

ライト光で色づけしてみました。

題して、秋の夜長の家の中!??

ここ近年で、良い水中ライトが沢山出て来たので、遊びの幅も広がり、いろいろ工夫して撮ったら面白いですね〜〜♫

わくわくナイト

川奈では毎年数回ナイトダイビングできます。もちろん、潜れる時には必ず潜ります。

8月中旬にサンセットダイブで、ヤマドリの産卵を観た後のナイト。砂地へ行く事にしました。普段観る魚の夜の様子は、その違いを観てる、それだけで楽しい。

と、なにやらニュロ〜ンと泳いで行く。

ライトを当てると、写真のサメ(ドチザメの子供でしょうか?)

ドチザメの子供

興奮したな〜。

夢中で追いかけ、お客様の存在を忘れ、、おいおい!と(汗)

サメって、海に興味の無かった幼少期から知ってるし、、出会う回数は少ないけど、、会うとなんだかいつも「わくわく」します。

かっこ良くもあり、強そうでもあり、怖いそうでもあり、そして可愛くもある、いろんな感じ方が出来る、海中生物です。

そんな、サメの本をゆうすけさんが出版されました。

福音館書店たくさんのふしぎ9月号(8月1日発売)
「サメは、ぼくのあこがれ」定価667円+税

サメが地球上に現れたのは、4億〜3億5000年前らしい

メジロザメの仲間yg、群れ

海洋写真家・吉野雄輔が、実際にサメと付き合って体験したお話、そして、生態もわかります〜♪

ぜひご覧になってみてください。

夏あそび

今年の夏は暑いですね〜〜。

ダイビング気持ち良いですよ〜〜(営業!!笑)

写真は、アオリイカの卵を食べようとするハコフグ。

まるで昔運動会でやった、パン食い競走のようですね♫

最近はあまり観なくなりましたが、、こんな競技も減ってきてるんすかね?

子供の遊び場もどんどん減ってきてきたりして・・・

理由はわからんでもないですが、外での楽しい遊びいっぱいあったな〜〜。

大人が、海で童心にかえり遊んじゃっいましょう!

ほいで、古き良き時代のものを伝えられたらいいな〜〜。

と、めっきりおっさんぽいことを考えるようになってきた僕。。。

なにはともあれ、今年の夏も沢山の人と川奈の海で遊べるのを楽しみにしてますよ〜〜!!!

アオリイカの卵を食べようとするハコフグ

新鮮な海

皆様、こん○○は〜

早いもので、もう7月です。

早く梅雨明けしてくれると良いな〜〜♫

この時期(期間5/31〜9/7)川奈では期間限定ボートポイントがOPENしています。

写真は、その中のひとつ「赤根」というポイントです。

少し深度は取りましたが、半年休ませてるだけあって、とても新鮮でカラフルで生き物すべてが力強く生息していました。

夏の天気の良い日なんて最高ですよ!

是非お試しくださいませ〜〜♫

期間限定ボートポイント「赤根」

気分も煽り気味

初夏の風物詩と言えば、アオリイカの産卵!

ほぼ日中しか潜れない川奈で、堂々と産卵まで繁殖行動が観られる生き物。

今年は絶好調!

しかも水が綺麗で、観ていて神秘的です。

アオリだけに煽って撮ってみました。なんちゃって。

というわけで、6月梅雨になりますが、テンション上げに海に遊びにきてくださいませ〜!!

春の珍客

今年のGWはいかがお過ごしでしたでしょうか?

長期休暇の時は伊豆は案外暇でして、僕は今年ものんびり潜ってるんでしょうね♫

なーんて、思ってたら、川奈に珍客がやってきました。

写真のアカグツ。

水深12m。

グフフッ。

こんな出逢いがあるから、濁ってようが、寒かろうが、毎日でも潜ってしまうのですよ!!!

いや〜5月も楽しみです♫

アカグツ

花よりダンゴ

伊豆は3月には河津桜が咲き4月にはソメイヨシノで街がピンク色に染まります。

そんな季節に海中に現れる、人気者!ダンゴウオの赤ちゃん。

今年も3月末にようやく産れて来ました。

頭には天使の輪の模様があり、お尻ふりふりの行動を観ててとても癒されます。

桜のアーチをくぐり抜け、川奈ビーチに潜り伊豆の春を漫喫してみてください♫

ダンゴウオの赤ちゃん
花よりダンゴ < トップ