ゆうすけの豪海倶楽部The Diving Junky Magazine

水温がやっと下がってきました!

こんにちは。葉山のダイビングショップNANAの佐藤輝です。

今年は陸も暖冬ですが、海の中も水温がなかなか下がってくれません。ダイバーの体には優しいのかもしれませんが、非常に大きな問題です。

やはり冬はしっかり水温が下がって海藻をはじめとする、低い水温の時に育つ生き物が育たないと、どんどん海の資源が減っていってしまいます。

ここ数年の葉山の海の変化は、毎日見ている僕としては恐ろしくなります。。

地元ダイバーとしてできることはしっかりやって、同時に写真などの記録を残しておこうと思います。

そんな問題が起きている葉山の海ですが、まだまだ高めではあるものの、徐々に水温が下がって、ここ最近は15度くらいまで落ちてきました。

数年前に比べると2度高い感じです。

水温の低下に伴い、カジメという海藻は生育し、ウミウシがどんどん増えています。

2本潜れば20種以上のウミウシを観察できるようになりました。綺麗なウミウシも多く観察できています。

サガミミノウミウシ
渡辺裕子さん撮影 サガミミノウミウシ

そして同時に通常であればもう低水温で生きていけない季節なのですが、水温が高いために南から流れてきた死滅来遊魚がまだ生き残っています。

クマドリカエルアンコウ
中島一輝さん撮影 クマドリカエルアンコウ

先日、葉山では初の観察となるアマミスズメダイの赤ちゃんも観察することができました。

アマミスズメダイの赤ちゃん
長瀬明日香さん撮影 アマミスズメダイの赤ちゃん

例年通りの冬の海の姿と、数年前では考えられなかったような冬の海。

その2つの海が混在しているような今の葉山の海です。

ビーチポイントでは、素敵な背景で撮影できるイワアナコケギンポも観察できています。

イワアナコケギンポ
佐藤輝撮影 イワアナコケギンポ

これからの海が心配ではありますが、今の海を全力でこれからもお客様に紹介していければと思っております。

最後になりますが、今回の投稿をもちまして、僕の豪海倶楽部への投稿は最後となり、同じお店のスタッフ・橋本雅美が今後、この豪海倶楽部を引き継がせていただければと思います。

豪海倶楽部を書けることになって、吉野雄輔さんともお話させていただく貴重な機会を頂いたり、豪海倶楽部を通じて、お知り合いにならせていただいたガイドの先輩もいらっしゃり、本当にメンバーに入れていただいて良かったと思っています。

長い間、読んでいただいた方には感謝の気持ちでいっぱいです。

今後も海でお会いしたいと思いますので今後もスタッフならびに、葉山や三浦の海をよろしくお願いします。

本当にありがとうございました。

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

葉山のダイビングショップNANA・佐藤輝です。

ハナハゼ

今年も安全第一で葉山、三浦の海を全力でご案内していければと思っております。

皆様どうぞ宜しくお願いいたします。

ここ2年〜3年は特に相模湾も高水温が続いており、磯焼けやそれに伴う海藻の減少などが著しく良いことばかりでは決してない状況ではありますが、微力ながらに僕たちダイバーができることをしっかりと行い、またそれをしっかり記録に残しておこうと思っております。

色々とやらなければいけないことが多々ありますが、全力で取り組んでいきたいと思っております。

本年も皆様、何卒宜しくお願い申し上げます。

夏と秋の入り混じる海=秋の海

こんにちは、葉山のダイビングショップNANA・佐藤輝です。

すっかり寒くなってきました。朝はジャンパーを着てタンクの準備をするようになってしまいました。

外は寒くなってきたのですが、水温は今年も高め。

冬はしっかり水温が下がって海藻が生育し、冬の海に変わっていって欲しいのですが、ここ2年くらい高めの水温の日が多く、自然に逆らうことはできませんが、早くいつもの冬の水温になって欲しいなと願っています。

ただ、生物はしっかり夏から秋の海へ、そして冬の海へと変化していっています。

夏・秋の名残は季節来遊魚。今年も沢山の季節来遊魚が僕たちを楽しませてくれました。

特に観察できて嬉しかったのは葉山では珍しいハタタテハゼ(海藻と一緒に撮影できるハタタテハゼ、珍しくないですか?)

ハタタテハゼ

クマドリカエルアンコウミニ。

クマドリカエルアンコウ

そのほか、シテンヤッコの幼魚やマンジュウイシモチ、モンハナシャコが葉山初観測の生き物として観察できました。

冬の海を感じるのはキヌバリの婚姻色が増えてきてことです。これからばんばん生態行動が観察できるようになってくると思います。

キヌバリ

高水温や台風の大型化など心配なことは沢山ありますが、今年も秋の海の様子になってくれていることを嬉しく思います。

いよいよ12月。今年もあと1ヶ月、全力ガイドで頑張っていきたいと思います。

天候不順な10月でした

こんばんは、葉山のダイビングショップNANA佐藤輝です。

11月になりましたね。もう今年も終わりが見えてきました。

あと2ヶ月、今年を気持ちよく終わるためにしっかり海と向き合って、生活を引き締めていきたいと思っています。

先月10月の関東は、本当に天候不順な1ヶ月でした。

大きい台風がやってきたり、1ヶ月の30日中、25日が雨だったそうです。

そのため水温はまだ暖かいのですが、船に上がるといっきに寒くなってしまい、毎年10月までウエットで潜るといったお客様には辛い陸上の気温の日が多くなってしまいました。

台風も陸海ともにダメージがありました。

海沿いの家は屋根が壊れてしまったり、海も大きな岩がひっくり返っていたり、絶滅危惧種の1つの葉山のダイビングポイントのシンボルであったオノミチキサンゴが破壊されしまったりと自然の脅威をあらためて感じさせられてしまいました。

破壊されしまったオノミチキサンゴ

同時にそんな大きなダメージを与えられてしまった海の中で力強く生きていく生き物たちの生命の力も感じました。

貝の中に身を隠し台風から身を守るスナダコや、

スナダコ

イソギンチャクに隠れ生き残るガザミなど、

ガザミ

強さや生き物の生きる知恵を感じることができました。

台風が去って2週間が経ち、どんどん蘇っていく海の力も感じることができています。

これから水温が下がってきて、夏秋の生き物から海は冬の海に変わっていきます。

そんな強く生きていく生き物の姿や冬の綺麗な海、冬にしか観察できない生物を見に是非潜りにきていただけたら嬉しく思います。

人気者続々登場!

こんにちは、葉山のダイビングショップNANA・佐藤輝です。

すっかり秋の陽気になり、季節来遊魚のピークの季節を迎えています。

ほぼ毎日、何かしら人気の季節来遊魚が発見されるという、いつもにも増してガイドのやり甲斐いっぱいのガイドをさせてもらっています。

10月いっぱいくらいまでは人気の季節来遊魚を発見できる可能性が高いのでスタッフ一同、気合を入れて探していきたいと思います!!

写真はここ最近、観察できた人気の季節来遊魚達です。お客様の写真をいただきました。

岡田様撮影 モンハナシャコ
岡田様撮影 モンハナシャコ
大崎様撮影 サザナミヤッコ
大崎様撮影 サザナミヤッコ
西堀様撮影 ハナキンチャクフグ
西堀様撮影 ハナキンチャクフグ

季節来遊魚、続々出現です!!

こんにちは。葉山・ダイビングショップナナの佐藤輝です。

今月はダイビングシーズンのピークということで、ひたすらにガイドをさせていただいております。

あっという間に夜がやってきて、あっという間に1日が終わっていく!まさにそんな日々を過ごしています。

そんな現在の葉山、三浦の相模湾の水中はこの季節の醍醐味、季節来遊魚が続々と出現しています。

珍しいところではシテンヤッコの幼魚やツキチョウチョウウオなど。

そのほか定番の人気者、ナガサキスズメダイ、コガネスズメダイの幼魚、シコクスズメダイの幼魚、アオサハギの幼魚、ミゾレチョウチョウウオ、トゲチョウチョウウオ、コロダイの幼魚などなど色々な子が観察できています。

マツカサウオとミナミハコフグの幼魚

是非、撮影していただきたいシーンは季節来遊魚が相模湾にくらす魚と一緒に暮らしているシーンです。

沖縄や海外では撮影できない、関東エリアならではの写真を撮影してもらえるように、秋のシーズンも良いシーンをお客様にご提供できるように頑張っていきたいと思います。

当たり年

こんにちは、葉山のダイビングショップNANA・佐藤輝です。

いよいよ8月!

1年間でもっとも僕たちが忙しい季節の到来です。ただひたすらに精一杯、相模湾をご案内する!! 余計なことは一切なく、シンプルに海に集中する季節です。

13年間、葉山に潜っていると、生物にその年の当たり年というのが確実にあります。

今年はカエルアンコウがやけに多いなとか、今年はハナタツが多いなとか、その年に顕著に多い生き物が必ずいます。

そしてその当たり年に当たった生き物は、生態行動を観察するチャンスになります。単純に数が多くいるので、産卵や抱卵シーンを観察できるチャンスがぐっと上がります。

今の時点で顕著にわかる、葉山の当たり年の生き物は2つ。

シマキンチャクフグという季節来遊魚のお魚とクロイシモチというお魚です。

クロイシモチは6年前にも当たり年があったのですが、今年は久々の当たり年!

沢山、数がいますので産卵シーンや、

クロイシモチのペア

イシモチの仲間なので、口内保育のシーンなどが撮影のチャンスがいつもの年の何倍も増しています!

クロイシモチの口内保育

そんな当たり年のお魚を狙って是非、葉山の海に遊びに来てくださいね。

ここから約3ヶ月間、多忙な日々が始まります。

スタッフ一同、安全第一で全力ガイドで頑張っていきますので、みなさま宜しくおねがいします。

夏の海に

こんにちは、葉山のダイビングショップNANA・佐藤輝です。

もう7月!!

1年の半分が終わってしまいました。ダイビングもこれからシーズン真っ只中を迎え、あっという間に時が過ぎていきます。

すぐ夏が終わって、1年が終わって。本当に毎日毎日を大切に生きていこうと思うのでした。

さて葉山の海ですが、僕達は毎日、海に潜っていると陸より早く季節を感じる瞬間によく出会います。

具体的には、季節来遊魚が増えてきたとか、冬に観察できるウミウシが減って、夏らしいウミウシが増えてきたとかです。

今はまさにそんな季節。

水温の上昇よりも生物の移り変わりが夏の到来を感じさせてくれる毎日です。

季節来遊魚も増えてきました。

シマキンチャクフグ
渡辺裕子さん撮影
ハコフグの幼魚
中島一輝さん撮影

産卵や抱卵といった生態行動が活発になるのもこの時期の特徴です。

サラサエビがお腹に沢山の卵を抱えていたり。

サラサエビの卵
長瀬明日香さん撮影

ガラスハゼが産卵していたり。

ガラスハゼの産卵
渡辺享さん撮影

スズメダイが抱卵していたりします。

スズメダイの卵
横山正樹さん撮影

まさに夏を代表する生態シーンも観察できているので、ここ数日でいっきに水温も上昇するのではないかと思われます。

梅雨ももうすぐ明けて、いよいよダイビングシーズン到来!!

安全第一で相模湾の素晴らしさを沢山の方にお伝えできればいいなと思います。

みなさま、葉山、三浦でお待ちしています。

三浦Bytheseaが楽しい季節

こんにちは、葉山のダイビングショップナナ・佐藤輝です。

ゴールデンウィークは大忙しだったものの、その後はまたお店も落ち着いて、のんびりお客様と潜る毎日が続いています。

水温も20度くらいまで上昇し、ウエットスーツのお客様も増えてきました。

海の方は海藻が枯れ始め、ダンゴウオが大きく成長しウミウシの種類も春のウミウシから初夏のウミウシに移り変わろうとしています。

ダイビングショップナナは葉山と同じ相模湾の三浦に支店があるのですが、今は三浦の海が熱いことになっています。

アオリイカの産卵(葉山ではまだ観察できていないんです)、ダンゴウオ(ダンゴウオは葉山の方が多いです)、カジメという海藻の森(葉山に分けて欲しいくらい繁茂しています)、

可愛いドット柄のカエルアンコウ

各種ウミウシ(ウミウシは葉山とは違う種類の子が観察できます)。

ジボガウミウシ

この子はジボガウミウシというウミウシで三浦で発見された子なんです。

三浦の海は今はとっても賑やかで全部撮影しようと思うと3ダイブしないと撮影しきれないような状況です。

お客様には葉山の海にも三浦の海にも潜っていただいて、同じ相模湾で違う生き物を見る楽しさも知ってもらえたらなって思っています。

葉山同様、ぜひ三浦の海にも遊びにきてくださいね。

ワカメの絨毯

ワカメ

こんにちは、葉山のダイビングショップナナ・佐藤輝です。

いよいよ平成も終わり令和が始まりますね。気持ちを新たに頑張っていきます!!

そうは言っても今は10連休の真っ只中! ひたすらに全力ガイドで毎日があっという間に過ぎていきます。

以前にも書いたことがあるのですが、ここ最近は例年通りという言葉が通用しない海の変化が沢山あります。

今年は冬に水温が下がりきらない(例年は13度まで下がるものが今年は15度までしか下がりませんでした)。

その後、今度は水温が上がってくるのが遅い(今の時点で1度くらい低い)という傾向にあります。

何がどう影響しているのか完全にはわからないのですが、そういった水温の変化がきっと影響し、今年はとにかくワカメが多い!!

浅場はワカメの絨毯の上を泳いでいるみたいです!

撮影している人がワカメの中に隠れてしまうくらいの量が生えています。

人が隠れてしまうくらいのワカメ

そしていつももっと激しくやってくる春濁りがほとんどきていない(これも海が濁らないという意味では良いのですが、大きな意味では海にはよくない影響が沢山出てきてしまうのかと思います)。

でもこの海の変化は僕にはどうにもできないことがほとんどですので、しっかりと記録し向き合っていきたいと思っています。

来年はまたどんな海藻状況になるかわからないので、ダイバーの皆さんには今年ならではの今の海をしっかりと楽しみつつ撮影していただけたらと思います。

GWが終わるとお店もまた空いている日が多くなると思うので是非、遊びにいらしてください。

潤沢なダンゴウオ!

こんにちは、葉山のダイビングショップNANA・佐藤輝です。

もうう4月。就職して新生活が始まったりと多くのかたの環境が変わる季節。海の中も冬の海から春の海に大きく変化を遂げる季節です。

葉山の海も一気にワカメが生い茂り、葉山を代表する海藻・カジメの若い芽が沢山生えてきています。

水温も少しずつ上昇し、その代わり透明度はゆっくりと下降してくる季節です。だんだんとワイドの撮影が厳しくなってくるこの季節はマクロ生物が大活躍の季節。透明度3mあれば全く問題ありません!!

そして人気のマクロ生物ダントツNO1はダンゴウオ。

今、葉山は個体数も1年のピークを迎えています。全ポイント合わせれば15個体くらいのダンゴウオが観察できています。

最近の流行りのガイドスタイルは2ダイブのうちの1ダイブは完全ダンゴウオ縛り!!

6個体くらいのダンゴウオをひたすらゆっくり撮影していただくスタイルです。色々な環境のダンゴウオを撮影していただきます。

これはある日の1ダイブでお客様に撮影していただいた子達です。

ダンゴウオ
亨さん撮影
ダンゴウオ
ひろ子さん撮影
ダンゴウオ
大崎先生撮影
ダンゴウオ
のぼるちゃん撮影

皆さんもこの季節ならではのダンゴウオをゆっくり撮影しにいらしてただけたらと思います。

10年前と違うサイクルになった葉山の海

こんにちは。葉山のダイビングショップNANA・佐藤輝です。

3月に入り、水中もそろそろ冬の海から春の海への変化が顕著にわかる季節がやってきました。

海藻が生い茂り、ウミウシがどんどん増え、ダンゴウオが増殖し、海の色も青から春濁りっぽい緑の海に変化していく季節です。

ただここ2年〜3年は今までの葉山の海とはかなり違うサイクルになっています。

今年でいうとまず水温が1度から1.5度高め。昨年の9月くらいから透明度が葉山にしては良すぎる状態の日が多く、海藻は少なく、例年であれば1ヶ月抱卵期間のあるダンゴウオの抱卵が2週間でハッチアウトを迎えました。

単純に黒潮が入ってきて水温と透明度が上昇→水温が低いと生育する海藻の伸びが悪い、水温が高い方がハッチアウトまでの期間は短くなるので、ダンゴウオも早く生まれる、そんな分析にはなるのですが、いつもであれば12月の終わりにはいなくなる季節来遊魚が元気な姿で泳いでいるのを観察できてしまったりしています。。

アオサハギの幼魚

秋にに人気者・アオサハギ幼魚(通称タマシイ)もまだいます。

ハタタテダイの群れ

季節来遊魚の代表格・ハタタテダイの群れが冬の海を泳ぎ回っています。

ただただダイバーのことを考えたら、水温が高いことや透明度が良いことは嬉しいことなのですが、海のサイクルを考えると、やっぱり水温が低い時は低く、
濁る季節は養分たっぷりの濁った海になった方が良いんです!

この状態を地球の温暖化と受け取るのか、10年単位くらいで動く海のサイクルで、また10年前の葉山に戻っていくのか、これはもう少し年を重ねていかないとわかりません。

ただ心配な状況ではあると思います。

今では見れなくなってしまった海藻の森が近い将来、復活してくれることを願って、この冬もしっかりと自分の海と向き合って記録を取っていきたいと思います。

様子が変わっていってしまってはいても、この季節ならではの生き物に溢れている水中です。

是非、皆さんにも冬の海を覗きにいらしていただきたいです。

ダンゴウオ

冬の生物続々と産卵に

こんにちは、葉山のダイビングショップナナ・佐藤輝です。

今年は各地で水温が高いようですが、ここ葉山も1度から2度、例年よりも水温が高めです。

ダイバーにとって冬に水温が高いというのは嬉しいことのように思いますが、魚をはじめ海藻など海の生き物にとっては冬はちゃんと水温が下がってくれることが大切なことです。

水温が高いことで海藻の生育も遅く、今年も沢山の問題点が葉山の海では目につきます。10年後に葉山の海はどうなっちゃうんだろう??って本当に心配になります。自然の力の治癒力を信じるしかないのかと思うのですが、僕達ダイバーの努力で改善できることがあるのであれば尽力していかなければと思います。

そんな心配の状況がここ数年は続いていますが、今年も葉山の冬を代表する生き物であるチャガラ、ダンゴウオは例年通り、求愛をして産卵をして抱卵をして、僕達ダイバーに生態行動を見せてくれています。

チャガラの求愛
チャガラの求愛
チャガラの喧嘩
チャガラの喧嘩
チャガラの抱卵
チャガラの抱卵

あと2週間から3週間もすればチャガラもダンゴウオも可愛い幼魚たちが観察できるようになると思われます。

葉山の海をしっかりと守る気持ちを持って、記録を撮り続けていきたいと思います。

あけましておめでとうございます

オトヒメエビ

皆様、あけましておめでとうございます。

今年も神奈川県の葉山・三浦から海の情報をアップさせていただきます。

宜しくお願いいたします。

こちら葉山は昨年の11月から1回もクローズなし!海況よし!透明度抜群は状態が続いています。

こんなクローズしないのはお店をオープンして10年で初めてな気がします。

毎日、良いコンディションの海でお客様をガイドできて感謝しています。

今年も感謝の気持ちを忘れることなく精一杯ガイドしていきたいと思います。

冬本番ではありますが、まだ人気の季節来遊魚、イロカエルアンコウやニシキフウライウオも健在。

同時に冬を代表するダンゴウオやチャガラの求愛も観察できるようになって来ました。

ウミウシも増殖中です。

今年も都心から近い海・葉山の海に皆様、是非遊びにいらしてください!!

まだまだ増えています

こんにちは、葉山のダイビングショップナナ・佐藤輝です。

いよいよ12月。今年ももう終わりですね。

この10年くらいは月日が経つのが本当にはやく感じます。あっという間に1年が終わっていってしまいます。。

今年もしっかり1年を締められるように気を引き締めてガイドしていきたいと思います。

今の葉山はゆっくりではありますが水温も下がってきて20度を下回ってきました。

透明度は例年通り上昇し、海藻のカジメが少しずつ元気になってきます。キヌバリが婚姻色になり、求愛シーンも運が良いと観察でき、ウミウシが増えてきます。

毎日、潜っているとそんな生物や海の景観で真冬が近づいてきていることを実感させられます。

同時に夏、秋の醍醐味である季節来遊魚達は徐々に数、種類ともに減ってきます。

しかし、まだ数も減っていないですし、新たな人気の子が流れてくるここ数日です。

11月の終わりにはダイバーに人気のイロカエルアンコウの幼魚も発見されました。体長は1cmほど。

イロカエルアンコウの幼魚

寒さに負けずに頑張ってほしいなと思います。

冬の海に移り変わっていく葉山と、秋の名残を感じられる葉山をお客様にはご紹介していければなと思っています。

今年も残り少しになりましたが、皆様宜しくお願いいたします。

3本目にどーでしょう?

こんにちは。葉山のダイビングショップナナ・佐藤輝です。

いよいよ気温も下がってきて、陽が落ちるのも早くなり冬が近づいてきたのを実感する毎日となってきました。

海の方はまだそれほど水温も下がってきていなく、海はあったかいけど陸は寒いという日が多く、そろそろドライスーツがおすすめの時期となりました。

お店の方も平日は空いている日が多くなってきました。

本当はこれからの季節が海は面白くなる季節です。是非、冬眠しないで冬も潜って欲しいなって思います。

そんな楽しくなってきた今の水中は、まだ暖かい季節ならではの季節来遊魚と、秋から冬にかけて活動が活発になる葉山ならではの生物、チャガラ・キヌバリが多く観察できています。

毎日ガイドをさせていただいている僕としては季節来遊魚満載のボートポイントにも、チャガラ、キヌバリが多く観察できるビーチのポイントと両方のポイントに潜って欲しいと思う毎日。

2本ボートで潜ってから、1ビーチというのも体力的に厳しい方も多いと思うので、3ボートしてもらえたら本当は嬉しい!と思う水中です。

今は巣作りや求愛が観察できるキヌバリ
今は巣作りや求愛が観察できるキヌバリ
群れを作り12月から始まる求愛や産卵に鋭気を養っているチャガラ
群れを作り12月から始まる求愛や産卵に鋭気を養っているチャガラ

3ダイブのリクエストは基本的には毎日受けていますので皆様のリクエストをお待ちしています。

季節来遊魚満載です

こんにちは、葉山のダイビングショップナナ・佐藤輝です。

今年は台風の影響を受ける日が多く、なかなか思うように葉山や三浦のホームで潜れない日も多いのですが、9月は比較的ホームグランドをガイドさせてもらえる日が多く、台風で潜れない日以外は毎日ガイドをする充実な1ヶ月間でした。

この時期の水中は毎年のことですが、どんな季節来遊魚を観察できるか?!

これが一番の楽しみです。

今年もいろんな種類の季節来遊魚が僕たちを楽しませてくれています。

ムスジコショウダイ幼魚
ムスジコショウダイ幼魚
コガネスズメダイ幼魚
コガネスズメダイ幼魚

そのほか、ツユベラ幼魚、フリソデエビ、ナガサキスズメダイ幼魚、コロダイ幼魚、ケラマハナダイ幼魚、クロユリハゼ幼魚、タキゲンロクダイ幼魚などなど、見どころ満載な水中です。

もう少し台風シーズンも続きますが、同時にまだまだ季節来遊魚を楽しめるシーズンでもあります。

気温は少し下がり、陸は肌寒いですが水温はまだ夏と変わらない水温です。

南からやってくる可愛い季節来遊魚に会いに是非、葉山に遊びにいらしてください。

お待ちしています。

お手軽&素敵なスヌート撮影

こんにちは、葉山のダイビングショップナナ・佐藤輝です。

8月は相次ぐ台風の来襲に泣かされました。。

葉山に潜れた日はたったの12日。もう一つのホームグランド、三浦に潜れた日が6日。

残りの9日は江の浦やひどく荒れてしまった日は大瀬崎に遠征。4日間は台風の影響でどこにも行けないという8月でした。

毎年、8月、9月は台風がやって来ますが今年は特に多い年でした。

とは言っても僕もスタッフも8月は27日間潜って、ダイビング漬けの毎日。精一杯、ガイドさせて頂いています。

そんな先月、中国の方で写真家の張 競功さんが三浦Bytheseaに撮影に来てくれました。

スヌートの撮影を中心に活躍されている写真家さんです。

三浦でも素敵なアライソコケギンポの写真を撮影して頂いたのですが、撮影の合間にスヌート撮影について色々と教えて頂きました。

ライトのスヌートとストロボのスヌートの違いや、撮影方法、設定など、惜しげも無く教えて頂いて、ライトと設定によってコンパクトデジタルカメラでもお手軽に素敵なスヌート撮影をお客様にも楽しんでいただける方法を教えてもらいました。

こちらがオリンパスのTGシリーズで僕やお客様が実際に撮影した写真です。

アシスタントなく撮影してもらえるのも強みの1つです。

佐藤 輝撮影
佐藤 輝撮影
岡本 めぐみさん撮影
岡本 めぐみさん撮影
田中 信子さん撮影
田中 信子さん撮影

これから沢山の方に挑戦して欲しいなって思っています。

詳しい設定方法などは是非NANAに遊びに来て頂いた時にお伝えしたいと思います(笑)。

あと1ヶ月から2ヶ月、ダイビングシーズンが続きますが、全力ガイドで頑張っていきます!!

皆様のお越しをお待ちしています。

クロエリギンポの縄張り争い

こんにちは、葉山のダイビングショップNANA・佐藤輝です。

7月は海況の安定した良い1ヶ月でした。

ほとんどクローズもなく毎日、ホームとしている葉山か三浦の海でガイドをさせてもらいました。

7月は梅雨も明けて毎日気温も上がり、それに伴い水温もいっきに上昇します。

水温がいっきに上昇し生物は活性化し、様々な生態行動が観察できる時期になります。今年も沢山の生態行動を観察することができました。

スズメダイの産卵、抱卵、ネンブツダイやコスジイシモチの口内保育、ベニキニヅツミの抱卵、アミメハギの抱卵、産卵直前のペアのカエルアンコウ、オトヒメエビやオルトマンワラエビもお腹いっぱいに卵を持っている子がいたるところで観察できます。

お客様にもそういった生態行動や生態シーンは観察や撮影していただくのですが、この時期に是非、撮影して欲しいのはクロエリギンポの縄張り争いのシーンです。

クロエリギンポの縄張り争い

1匹のオスに3〜4匹のメスを従えているハーレムがいくつもあり、泳いでいるうちにそのハーレムとハーレムのオスが接近したタイミングで写真のようにオス同士が鰭を全開にして威嚇しあいます。

少し写真の難易度は高いですが、撮影していてもゲーム感覚で楽しめる生態シーンです。

8月も引き続き観察できる生態シーンですので、みなさんにも観察や撮影をしていただきたいおすすめシーンです。

今年もいよいよダイビングシーズン最盛期に入りました。

安全第一で今シーズンも沢山のお客様に葉山の魅力をお伝えできればと思っています。

1週間の東京生活を送ってきました

こんにちは、葉山の佐藤輝です。

先月は東京で1週間、写真展を開催させていただき、沢山の方に写真展にきていただきました。

ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。

写真展が終わって1週間ぶりに潜る葉山は、1週間の間に水温も上昇し、出発前にあった春濁りの濁りもかなり解消され、現地ガイドとして1週間、自分のフィールドとする海に潜らないとここまで色々なことが変化してしまうんだなということをあらためて実感させられました。

その変化は水温や透明度だけでなく、海藻の変化であったり、群れの数であったり、ウミウシの種類と数の変化であったり、多岐にわたっていました。

冬から春の一番の人気者、ダンゴウオは姿を消し、季節来遊魚はまだ入ってきていない、今はそんな寒い海から暖かい海へのちょうど変化の時期ではありますが、水温がどんどん上がる時期ということで生態行動が激化しています。

アミメハギの抱卵、スズメダイの産卵・抱卵、ベラの縄張り争い、

ベラの縄張り争い

少しマニアックなところでは体長5mmくらいのワレカラをお腹に卵を持ってお腹が大きく膨らんでいます。

お腹に卵を持ったワレカラ

来月からは生態行動にくわえて季節来遊魚も入ってきて、いよいよ夏の海にさまがわりしてくる季節です。

おそらく梅雨明けも発表されるでしょう。

いよいよ夏本番!本格的なダイビングシーズンの到来です。

葉山で皆様のお越しをお待ちしております。

生態の季節がやってきました

こんにちは、葉山の佐藤輝です。

葉山は毎年同様、気温の上昇に伴い、水温も徐々にではありますが上昇してきました。

現在、浅場は19度、深いところでも18度まで上がってきました。

こうなると生き物の動きがいっきに活発になってきます。ここ1週間だけでも、

アミメハギの抱卵
アミメハギの抱卵
ヤマドリの雄の縄張り争い
ヤマドリの雄の縄張り争い

その他、ハオコゼの求愛に産卵前のハナタツのペアなどが観察できました。

浅い場所でもヘビギンポが慌ただしく産卵をしています。

ヘビギンポの産卵

10年潜っていると、いかに水温と生き物の生態の動きが一致しているか!ということに驚かされます。

これからもっと水温は上昇し、ホシノハゼやネンブツダイ、マダコやカエルアンコウ、アカテガニなどの産卵が始まります。

本格的なダイビングシーズンももう目前。

お客様には綺麗な写真や珍しい生き物、ウミウシに葉山の普通種と様々な生き物を観察してもらったり、撮影してもらいたいと思っていますが、少しでも多くの生態シーンも観察していただけるようにガイドをしていけたらと思っています。

皆様のお越しをお待ちしています。

着実に夏の海に向かっています

こんにちは、葉山のダイビングショップナナの佐藤輝です。

もう5月!!

気が付けば本格的なダイビングシーズンが目の前に迫っています。

海もつい最近までは海藻が生い茂り、小さいダンゴウオを探していた海から、ダンゴウオはすっかり成長し1cmほどのサイズになり、

ダンゴウオ

繁茂していたワカメは枯れ、ウミウシはシーズンのピークを迎え、探せば探すだけ出てくるような状況です。

シロウミウシ
カメキオトメウミウシ
サガミミノウミウシ

もう間もなくすると、季節来遊魚があらわれ、海は一気に夏の海へと変わって行きます。

毎年、夏の海に変わる前にサビハゼの幼魚が群れる光景が観察できるのですが、そんな光景も観察できています。

サビハゼの幼魚

いよいよ夏の海がやって来ます。

今年も沢山のお客様に葉山の海の良さを知って頂くべく、全力でガイドして行きたいと思っています。

新たな分野・生え物

こんにちは、ダイビングショップナナの佐藤輝です。

ここに来て、気温、水温ともにいっきに上昇中!

昼間は半袖で歩いていても寒くない気温になってきました。

水温も一番低いときは13度だったのが、16度台まで上がってきました。

水温の上昇に伴い、プランクトンが増え、春濁りっぽい色の海になっていますが、水温が上がったことを肌で感じることができ、やっぱりあったかいと体は楽なんだなと痛感する毎日です。

人気のダンゴウオやウミウシはピークを迎え、2ダイブでウミウシは30種、ダンゴウオは10個体ほど確認できています。

そして今までも目に付いた綺麗な物はお客様にご紹介させていただいていたのですが、先月ツアーで行った石垣島でたくさんの生え物(海藻やヤギやヒドロ虫など)をガイドさんに見せてもらい、葉山にももっとたくさんの生え物があるのではないか?!と興味が湧いて、葉山で探してみたら、綺麗な生え物がたくさん!

ダンゴウオやウミウシと合わせてツアーから帰ってきてからは積極的にご紹介させていただいています。

ほとんどの生え物が小さいのですが、是非新たな葉山の魅力の1つとして、これからいろいろと探していこうと思っています。

写真はある1日の2ダイブでお客様に撮影してもらった生え物です。

ご興味を持ってくれた方は是非、ご自分のカメラで撮りに来ていただけたらと思っています。

長瀬様撮影
長瀬様撮影
長瀬様撮影
長瀬様撮影
長瀬様撮影
長瀬様撮影
長瀬様撮影
長瀬様撮影
長瀬様撮影
長瀬様撮影
長瀬様撮影
長瀬様撮影
長瀬様撮影
長瀬様撮影
長瀬様撮影
長瀬様撮影
横山様撮影
横山様撮影

人気者、いっきに現る!

ダンゴウオ

こんにちは、葉山の佐藤輝です。

葉山ベストシーズンやってきています!

透明度は15m、透明度もさることながら陸の空気も澄んで富士山がくっきり!

漁港では葉山のこの時期の風物詩・ワカメが干され「冬の葉山!」。

毎日が清々しい気持ちにさせてくれます。

水中は浅場はワカメが生い茂り、ウミウシが増え(2ダイブで40種ほど観察できます)、そしてそして葉山の1番の人気者・ダンゴウオがいっきに増えています。

天使の輪をつけた幼魚やまん丸の真っ赤な子、背景も様々なパターンのダンゴウオが観察できています。

しばらくは人気者・ダンゴウオを中心に葉山の冬をお客様にもご紹介していきたいと思います。

是非、かわいいダンゴウオに会いに来てくださいね。

この時期の風物詩

今年は水温の下がりが良く、水中の景観、生物層、色々なところで冬の海を感じれています。

ここ数年だと、久々に良い冬の海の状況です。

浅場はワカメが育ち、ダンゴウオが抱卵をはじめ、ウミウシがどんどん増えています。

そして撮影も動きがあって楽しいチャガラの求愛!

チャガラの求愛

もう間もなく終了ではありますが、今年も僕たちの目を楽しませてくれました。

いよいよもう間もなく、一番人気のダンゴウオの登場の季節がやってきています。

今年も葉山の冬を堪能したいと思います。

あけましておめでとうございます

皆様、あけましておめでとうございます。

今年も精一杯、葉山の海を潜り、少しでも新しい事を発見して熱く楽しく葉山・三浦の海をご紹介させて頂ければと思っております。本年も宜しくお願い致します。

海はすっかり冬になってきました!

ウミウシが増え、

ムカデミノウミウシ
ヒロウミウシ

人気のダンゴウオの親たちも産卵のために浅場にあがってきました。

ダンゴウオ

水温は下がって、嬉しい事ばかりではありませんが冬の相模湾を満喫していきたいと思います。

今年も豪海倶楽部を読んで頂けたら嬉しく思います。

季節来遊魚から冬の生き物へ

こんにちは、葉山のダイビングショップナナ・佐藤輝です。

いよいよ12月に突入!

今年も終わりが近づいてきました。今年のダイビングも本当に毎日が充実していました。

三浦にBythesea三浦店の店舗ができ、葉山では御用邸前という新ポイントがオープン、週3日ではありますが3ボートもできるように漁協さんのご協力も得る事ができました。

海の中だけでなく、少しでもお客様が三浦そして葉山で良い環境でダイビングができるように、今に満足することなく尽力していきたいと思っています。

海の中も御用邸前のオープンにより今まで葉山では観察できなかった生物を沢山観察できるようになりました。スケロクウミタケハゼにフリソデエビ、オルトマンワラエビ、ガラスハゼ、ムチカラマツエビなどなど、今までには無い新しい葉山の一面をご紹介できたのではないかと思っています。

御用邸前以外のポイントでも先日、葉山ではほぼ初めての観察かと思われるミジンベニハゼやクマドリカエルアンコウの幼魚なども観察する事ができました。

クマドリカエルアンコウの幼魚

これからは水温もどんどん下がり、いよいよ冬の海に変化していく季節になってきました。

季節来遊魚の季節から、葉山の冬ならではの生き物。ダンゴウオ、チャガラの求愛、海藻、ウミウシなどなど冬の相模湾の素晴らしさを皆さんにお伝えできるように頑張っていきたいと思っています。

毎年の傾向としては12月中旬から終わりに産卵に上がってくる親のダンゴウオを観察できるようになります。

ダンゴウオ

水温、気温は下がりますが海は楽しくなります。是非、葉山や三浦By the seaに皆さん、遊びにきてください。

今年も本当に有難うございました。

来年もスタッフ一同頑張っていきますので、皆様宜しくお願い致します。

久々のすごい台風でした。。

こんにちは、葉山の佐藤輝です。

10月は2回台風がやってきた関係でクローズの少なかった7月〜9月から一転。。クローズが多い10月になってしまいました。。

そして23日に関東を直撃した台風は本当にすごい台風でした。。

7年前にもものすごい台風がやってきて、その台風以降、葉山の海藻は激減し今でも復活しきれていないというよりむしろ減り続けている状況が続いている中の今回の台風。。

色々な意味でとっても心配な気持ちで待ち受けました。

台風が過ぎ去り、もう安全になった頃に海に行ってみると、やはり沿岸は凄い事に。。

ビーチポイントの前の道のガードレールは吹き飛ばされて、波が押し寄せてきてしまった道は朝から復旧作業が始まっていました。(この早い復旧作業には感動しました。8時くらいには既に車が普通に通れる状況になっていました)

漁師さん達も忙しそうに流木の片付けなどを開始していました。ただ漁師さん達も大きな被害は無かったそうで一安心です。

ビーチポイントの前の道
吹き飛ばされたガードレール

休憩所などが無事かを確認した後に三浦By the seaの安全も確認に行きました。

途中、コンビニが停電していたりといった爪痕はあるものの、三浦方面に向かった方が被害が少ないように感じました。

ただ途中の佐島というあたりはかなり被害が出てしまっていました。。By the seaも無事で一安心。

三浦By the sea付近
三浦By the sea

陸が落ち着き、2日後に潜れる海況になりビーチポイント、ボートポイントそれぞれに潜ったところ、結論的に言うとビーチポイントは7年前に近い状況に。。

海藻はほぼ抜けてしまい、岩肌がむき出しの状態に。。ただそれでも7年前よりはまだ大丈夫ではありました。

ボートポイントも岩肌はかなり出てしまっていましたが、海藻は7割方残ってくれていました。

これが本当に一番良かった事!! オノミチキサンゴも無事。

よく見るとマダコの抱卵、ゼブラガニ、イワアナコケギンポ、ベニサンゴガニ、イソギンチャクモエビ、アカオビハナダイ、ベニワモンヤドカリといった感じで台風に耐えてくれた生物達が目に入ってきます。海藻の復活も可能な範囲だと感じました。

それでも岩は崩れ、

崩れた岩

いろんなロープは絡み合い、

絡み合うロープ

砂からイシコというナマコの仲間はすべて出てきてしまいゴミのようになってしまっていました。。

ゴミのようになってるイシコ

これはあくまでも僕の意見ですが葉山のダイビングポイントの場合は温暖化や護岸工事が影響を与えているという意見をよく聞くのですが、それらの影響よりも僕は台風の大型化が一番、ダイビングポイントに悪影響を与えてしまっていると思っています。

特にビーチポイントは浅く、うねりの影響を強く受けますので今回のレベルの台風がやってくると海藻が根こそぎ抜け落ちてしまいます。

そしてその海藻に着く生物がいなくなってしまうという悪循環が始まります。

海藻に詳しいカメラマンの阿部さんとも話した事があるのですが、海藻の世界の場所の取り合いは凄まじく、台風で抜け落ちてしまったホンダワラやカジメの代わりにここ数年の葉山はカニノテなどの赤い海藻が一気に増えました。

それはそれで悪いことではないなかも知れませんが、やはり海藻の森を司るカジメ、ホンダワラ、アカモクといった海藻には元気でいて欲しい物です。

自然の力にはかないませんので、この台風の大型化とも付き合っていかなければいけないし。しっかり写真に記録として残しておかなければいけないと思いますが、もう少し葉山の沿岸に優しいレベルで来てください!って台風や自然にお願いしたいなって思います。

そして同時に今回の台風からどんどん復活していく葉山の海の力を見せて欲しい!と心から願います。

そんな力強さも含め、お客様にご紹介していければと思っています。

新ポイント・新生物続々登場!!

こんにちは、葉山の佐藤輝です。

先月も忙しくさせていただいて、台風の影響でクローズになった2〜3日を除いては毎日ガイドさせて頂き、ほとんど自分の写真を撮る時間が取れないのですが、撮りたい生き物はいっぱい!!

今月あたりからは少しずつ平日は時間が取れるようになると思うので、ばしばし撮影したいと思っています。

撮影したい生き物のほとんどは8月にオープンした新ポイント・御用邸前に集中しています。

10年間葉山に潜ってきましたが、御用邸前は毎日のように葉山では観察したことのない生き物が出現してくれます。

サクラダイ、オルトマンワラエビ、イボイソバナガニ、ガラスハゼ、サフランイロウミウシ、イガグリウミウシ、コクテンベンケイハゼ、ムチカラマツエビ、ダイダイヨウジ、スケロクウミタケハゼ、フリソデエビ。

スケロクウミタケハゼ
フリソデエビ
ガラスハゼ

毎日毎日が新発見の連続!!

10年前にお店をオープンして、毎日ひたすら生き物の写真を撮って図鑑で調べていた頃の様な新鮮さに10年目にして、また戻らせてくれた様な感覚で毎日を潜っています。幸せです!!

今月もじゃんじゃん新しい生物を見つけていきます。

そんな葉山の海で皆さんのお越しをお待ちしています。

過去に無いくらい安定した海況が続いています

こんにちは。葉山の佐藤輝です。

8月は台風の影響で数日クローズがあったものの、過去にこんなに安定した海況が続いた8月があったのだろうか?! というくらい葉山や三浦の海に潜る事のできた1ヶ月でした。

新たなボートポイント・御用邸前もオープンし、新たな葉山の魅力を見つけるべく、ひたすらに潜り続けています。

新ポイントは森戸川という葉山を流れている川が流れ込み、栄養を沢山含んだ水が流れ込む関係で今までの葉山では見た事の無い大きいソフトコーラルやムチカラマツ、ヤギ類にあふれていて、それによって今まで葉山では見た事の無いマクロ生物が沢山観察できるようになりました。

今の時期は、なかなか新ポイントの調査で潜る時間は無く、ガイドをさせていただきながらの開拓になってしまいますが、新たな出会いを求めて今後も頑張って行きたいと思います。

大きいソフトコーラル
大きいソフトコーラル

そして既存のポイント、裕次郎灯台沖やペリセンの根もマクロ生物は勿論の事、ネンブツダイ、イサキ幼魚、イワシ、キンギョハナダイなどの群れでいっぱい! 視界を遮るほどの群れが観察できています。

海の家は8月いっぱいで終わり、葉山の町は夏の雰囲気から秋へ移行する時期になりました。

ただダイビングシーズンはまだまだ続きます。

もうしばらく水温の高い、トップシーズンの葉山の海を精一杯ご紹介していきたいと思います。

ネンブツダイの群れ
ネンブツダイの群れ

夏の景色続々と!

こんにちは、葉山のダイビングショップナナ・佐藤輝です。

梅雨も明けていよいよ夏本番!

僕達も毎日お客様と潜らせて頂いて、あっという間に1日、そして1週間が終わっていきます。

水中の方も夏の景色に!

浅場では季節来遊魚のチョウチョウウオの幼魚やオヤビッチャ幼魚が群れ、イワシやネンブツダイの群れが日に日に大きくなり、ミナミハコフグ幼魚などの季節来遊魚も観察できるようになってきました。

生態関係ではマダコ抱卵、イソギンポ抱卵、スズメダイ抱卵、ネンブツダイ産卵、抱卵、アミメハギ抱卵、そして写真のニジギンポ抱卵などが
観察できています。

今年もかわいい貝に産卵しています。

ニジギンポ

胸鰭で新鮮なお水を卵に送っています。

胸鰭で新鮮なお水を卵に送っています

よく見ると目も見えてハッチアウトも間近のようです。

ハッチアウトも間近

水温も上がり、生態行動も沢山観察できる季節になりました。

ダイビングシーズン真っ只中の葉山に皆さん、遊びにきてくださいね。

生態シーン連続な6月でした

こんにちは、葉山のダイビングショップナナ・佐藤輝です。

今年の6月はなんとも忙しい6月でした。

梅雨のシーズンという事もあり、お店自体はそれほど忙しいわけではないのですが、水温がいっきに上がってくる月ということで、とにかく生態シーンが満載なんです。

この1ヶ月で観察できた生態シーンは、

アオリイカの産卵
アオリイカの産卵
マダコの抱卵
マダコの抱卵
トビヌメリの産卵
トビヌメリの産卵
ハナタツのハッチアウト
ハナタツのハッチアウト
ナベカの産卵
ナベカの産卵
スズメダイの産卵・抱卵
スズメダイの産卵・抱卵
アミメハギの抱卵
アミメハギの抱卵

などなど沢山の生態シーンを観察できました。

僕たちのような同じ海に毎日潜り、ホームグランドの海をお客様にご紹介させて頂く現地ガイドは、ただただその海にいる生物をお客様にご紹介するだけでなく、年間を通して1つの魚の生き様を知ってみたり、海から伝わるいままでとの違いに気がつけることが大事なことだと思っています。

そういう意味で、生態シーンの多い6月~7月は僕たちにとってはとても大切な月となります。

もうしばらく生態の熱い期間は続くので、気を引き締めて日々の海の変化・生物の生態シーンに気が付けるガイドをして、少しでも多くのお客様に伝えていけるように頑張っていきたいと思います。

そして間も無く、梅雨も明け、本格的なダイビングシーズンがやってきます。

皆様も僕たちも安全第一で、これからのダイビングTOPシーズンを楽しんでいけたらと思っています。

タイドプールが面白い季節に!

こんにちは。葉山のダイビングショップナナ・佐藤輝です。

もう1年も半分が終了です。もう少しで梅雨に入り、梅雨が明ければいよいよ夏の到来!

僕達も1年で最も忙しい時期を迎える事になります。

今年の夏は今まで以上にお客様に、色々な選択肢からダイビングスタイルを選んで頂けるように出来ればと思っています。

葉山のビーチダイビング、葉山ボートダイビング、三浦ボートダイビング。

三浦は常時3本目のダイビングが可能ですし、葉山は潮の干満のタイミングさえ問題なければ、タイドプールでタイドプールでしか撮影の出来ない様な撮影や生態シーンを楽しんで頂く事ができます。

イソギンポやナベカの産卵、抱卵。

ヤドカリの生態行動などをじっくり撮影して頂いたり、写真のように、午前中にたっぷり太陽の光を浴びた海藻が光合成をして泡をいっぱい出している、タイドプールならではの背景でウミウシやギンポを撮影して頂く事ができます。

コケギンポ

今年も沢山のお客様と色々なダイビングを安全第一で楽しんでいく、そんな夏を送れればと思います。

とにかくウミウシが多い季節です

こんにちは、葉山の佐藤輝です。

今年は水温の下がりが悪かった反動なのか、水温の上がって来るのも遅い状況です。

単純に水温が上がってこない、という目線では残念なのですが海藻の生育、低水温を必要とする生き物にはありがたい水温です。不漁が心配されたワカメもいっきに生育し、今年は十分な収穫ができたそうで、漁師さんもひと安心です。僕たちダインバーにとっても海藻が元気な事は嬉しいかぎり!

浅場の透明度もそこそこ安定しているので、海藻撮影は水温が低めなこともありいつもより長い間、楽しんでいただけそうです。

元気な海藻

マクロも楽しめています。

今年は個体数が少なめではあるダンゴウオですが、ここに来て新たに数個体、発見して8個体ほどまだ観察できています。ゴールデンウィークは勿論のこと、もうしばらく人気者・ダンゴウオを楽しんでいただけそうです。

そしてとにかくこの時期に多いのがウミウシです。

2ダイブで30種〜40種のウミウシを観察できています。種類を楽しむもよし! 数が多く、色々なシチュエーションでの撮影を楽しめますので、綺麗な背景での撮影を楽しむのもおすすめです。

アオウミウシ
アオウミウシ
アオウミウシ

ゴールデンウィークは忙しいものの、繁忙期まではもう少し時間があります。

お客様にご紹介するのは勿論のこと、自分自身も葉山、三浦の海を沢山撮影しておきたいと思っています。

皆様のお越しをお待ちしております。

ゆりかご

アカモク

こんにちは、葉山の佐藤輝です。

今月からスタッフの永橋も一緒に豪海倶楽部に投稿させていただくことになりました。2人で葉山、三浦の素敵な情報をお伝えできるように精進していきますので、今後も宜しくお願い致します。

この時期の葉山、三浦の風物詩と言えばマクロはダンゴウオとウミウシ。ワイドは海藻の森と言って良いかと思います。

ただ今年は本当に海藻が少ないです。。

ワカメ、カジメ、アラメといった低い高さの海藻は問題ないのですが、アカモク、ホンダワラといった水面まで達する様な大型の海藻の数が圧倒的に少ないため、海藻の森が形成されず、海藻の林みたいになってしまっています。。

この海藻の森に毎年、幼魚達が他の魚から身を隠すために隠れて暮らしているのですが、ここまで少ないと隠れ場所を探すのも一苦労なのでは、、と思ってします。

でも海藻の息吹が終わってしまったわけではありません。

一部には写真のようにアカモクが生え、幼魚達の隠れ場を形成してくれています。今年は高水温ということもあり、海藻には厳しい冬でした。なんとか種を残して、来年以降、また大きな海藻の森が葉山に形成される事を願ってやまない状況です。

葉山の海は引き続き、ダンゴウオ、ウミウシパラダイスです。気温も上がってきました。

是非、都心から近い葉山の海を覗きにいらしてください。

冬の景色になってきました

こんにちは、葉山のダイビングショップナナ・佐藤輝です。

今年は昨年に引き続き水温が高く、水中の景観や生物の動きが例年通りという言葉がまったくあてはまらない非常に予測しづらくてガイド泣かせな海となっています。

特に水温が高くて、影響を受けてしまっているのが、海藻とチャガラというハゼです。

海藻は水温が低い時期に一気に成長するのですが、水温が高いために成長が悪く、この時期にしたら成長がかなり悪いのですが、ここ10日間は一気に生育してきています。

いままでの遅れを取り戻すかのようにワカメやカジメが急増中なんです!

例年通りまでにはならなくても来年以降のためにも頑張って生育してほしいものです。

サビハゼ

そしてチャガラというハゼも冬に求愛、産卵をするハゼなのですが水温が高いがゆえに、なかなか生態行動をしてくれない状態が続いていたのですが、ここに来て婚姻色が強くなり産卵したい様子がばりばり伝わって来ています。

同じく寒い時期に産卵するサビハゼもやっと婚姻色になって産卵行動を開始してくれています。

なんとも安定しない水温なので、いつまたストップしてしまうかはわかりませんが、こちらもなんとか頑張って多くの子孫を残してくれることを
願いたいと思います。

ダンゴウオ

そんな中、今年もいつも通りの時期にいつも通りの数で現れてくれているのが、葉山1番の人気者・ダンゴウオです!

今年も色々なシチュエーションにいてくれていて、フォト派のダイバーの目を楽しませてくれています。

皆さんも是非、かわいいダンゴウオに会いに来てくださいね。

今年も抱卵の季節が近づいてきました

ダンゴウオ
ダンゴウオ
ダンゴウオ

あったかくなったり、寒くなったりなんとも不思議な気候な最近ですが、同じく海の水温も安定感がありません。

急に高くなってみたり、下がってみたりとなんとも安定感がありません。

ただ全体的には今年も昨年同様、葉山の水温はこの時期にしては高めに推移しています。

そのせいか海藻の生育が悪かったり、チャガラの求愛、産卵が1ヶ月近く遅れたりと生態系にも影響を感じる最近です。

そんな中、今年も気になるのが人気NO.1間違いなしの「ダンゴウオ」の動きです。

毎年この時期になると親のダンゴウオが浅場に上がって来て、産卵→穴に入って抱卵という素敵な生態シーンを観察する事ができます。

つい先日、親のダンゴウオが上がって来ているかチェックしに行くと、いました!いました!

浅瀬で少し潜っただけで2個体のお腹パンパンの産卵の近そうな子を発見することができました。

おそらく今年ももう少しで抱卵が確認できて、その後、幼魚達を観察できるようになるかと思われます。

今から楽しみなのでした!!

2017年も宜しくお願い致します

みなさま、あけましておめでとうございます。

大人になると1年があっというまに過ぎていくとよく聞かされていましたが、40を過ぎて実感しています。

本当に1年が早い!!

しかもやりたいことが多すぎる。ただただ毎日を一生懸命に生きていきたいと思います。

今年は海だけじゃなくて葉山や三浦の陸の写真も沢山撮りたいな〜

富士山と名島の鳥居と葉山灯台

とかボートポイントの大きいトサカのことをじっくり調べてみようとか

大きいトサカとオキゴンベ

三浦に新しくできるお店を基点に同じ相模湾でも葉山と三浦で全然、海の景観、暮らす生物が違う事とか

カミソリウオ

そんなことに尽力していけたらと思っています。

そして間違えなくこの1年もあっというまに終わっていくんだろうな〜って思っています。

安全第一で少しでも皆様に驚いて頂けたり、「へ〜」って言って頂ける様な情報をお届けできたらと思っています。

本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

キヌバリ復活!!

こんにちは、葉山の佐藤輝です。

いよいよ今年も今月で終わりですね。本当に1年が早い!!

やりたい事、目標とした事の半分くらいのところで1年が終わっていってしまいます。

でも今年も安全に楽しくダイビングができたことを本当にいらしていただいたお客様、スタッフ、関係者の皆様に感謝しております。

現在の葉山の海は昨年の今の時期と同じく水温が高めに推移しています。この時期は17度くらいが通常の水温なのですが、現在19度です。

ダイバーにとっては水温が高めというのは潜りやすくて嬉しい事ですが、海の生態系にとってはあまり良い事ではありません。

目に見えてわかるのは海藻の生育です。

ワカメ、カジメ、ホンダワラ、アカモクなどは水温が下がってくるといっきに成長してくるのですが、今年もこのままの高水温な状況が続くと生育が心配です。

昨年もワカメのできが非常に悪く、漁師さん達は苦労されていました。早い段階で水温が下がってきてくれることを願いたいと思います。

ただ嬉しいこともあります。

ここ3年、葉山を代表する魚の1つであるキヌバリ(ハゼ)の数が目に見えて減ってしまい、幼魚は少し目にするものの求愛や産卵はほとんど観察する事ができない状況だったのですが、

今年の春先から数が増えて来て、今年は3年前に比べれば数は少ないものの、求愛や産卵のシーンを観察できるまでに復活してくれています。

キヌバリの求愛
キヌバリの求愛

体色を婚姻色(オスにアピールする色)に変えたメスの位置を確認しておいて、フェロモンに引き寄せられ寄ってくるオスを待ちます。

出会うと口をお互いに大きく開けたり、鰭を全開にしてお互いをアピーリしあい、上手くいけば石の下に2匹で入っていき産卵となります。

絶対数があまり多くないので毎回ご紹介できるわけではないのですが、少しでも多くのお客様にご紹介できるように努めていきたいと思います。

今年も残りあと1か月。全力で葉山の海を紹介していきたいと思います。

毎日、新しい生き物登場!

こんにちは、葉山の佐藤輝です。

今年は黒潮の影響を強く受け、例年よりも水温が高く、陸でボートコートなどがあれば問題なくウエットスーツで潜って頂けています。

ただ、水温が高い事はダイバーにとっては良い事が多いですが、海藻や海のサイクルのことを考えると心配が沢山です。そろそろ水温も下がっておいでと密かに願って毎日潜っています。

これも毎年のことですが、今年も多くの季節来遊魚が僕たちダイバーの目を楽しませてくれています。

潜るポイントに新たに三浦を入れたこと、葉山のボートで沖の根に集まってくる季節来遊魚を目にできるようになった事で今までの何倍もの季節来遊魚を今年は観察できるようになりました。

ビギナーの方には普段は観察できないカラフルなお魚達が黒潮に乗ってくる今の時期にのみ観察できる理由を説明して、海の神秘を少しでも感じてもらえたらと思っています。

フォト派の皆さんには、可能なかぎり相模湾でしか撮れない海藻などを入れ込んだ背景、沖縄や海外にはいない生物と一緒に撮影してもらえるようにご案内させて頂いています。状況的に無理な事も多々ありますが。。

海藻背景のカミソリウオ
キュウセン(ベラ)とアカハチハゼ

今は季節来遊魚のピークの季節。

クマドリカエルアンコウ、ミツボシクロスズメダイ、ナガサキスズメダイ、アマミスズメダイ、コガネススズメダイ、ハタタテハゼ、ムスジコショウダイ、コロダイ、ニシキフウライウオ、モンハナシャコなどなど撮影して欲しい生物いっぱいです。

あと少しだけウエットで潜れそうな相模湾に是非遊びにきてください。

葉山・三浦でしか撮れない背景(たぶん)

ウミシダとミツボシクロズズメの幼魚

こんばんは、葉山の佐藤輝です。

ここ相模湾は今年も季節来遊魚がどんどん入る時期を迎え、毎日なにか新しい生物に出会えるのではないか?!というわくわく感を持ってガイドさせて頂いています。

今年の終わりにオープンできる予定で、現在三浦の店舗の準備も進めています。

その関係で今まではクローズの時の遠征先という目線で潜っていた三浦が、第2のホームグランドという目線に変わって、色々な発見を探しながら三浦で潜るようになり、新鮮な気持ちを味わえています。

葉山と三浦は同じ相模湾でも、三浦は強く黒潮の影響を受けて、季節来遊魚の量は葉山と比べるととにかく多く、今年は人気どころではマダラタルミ幼魚、ムスジコショウダイ幼魚、ニシキフウライウオ幼魚などが観察できています。

そんな中、三浦に流れ着いている季節来遊魚の中に、沖縄では定番のミツボシクロスズメダイが先日から観察できるようになっています。

このミツボシクロスズメダイ、上にあげたマダラタルミやムスジコショウダイ、ニシキフウライウオに比べると、インパクト的には弱いと思うのですが、住んでいる場所が写真の様な綺麗なウミシダの前を住処にしているんです。

沖縄は勿論、伊豆エリアでも、センジュイソギンチャクやサンゴイソギンチャクはよく目にします。伊豆に流れ着いたミツボシクロスズメダイは本来好きなイソギンチャクがあるからかなりの確率でイソギンチャクを住処にしているのではないかと思うんです。

ところが葉山や三浦には、彼らが好むイソギンチャクはありません。

そのエリアに流れ着いてきた、ミツボシクロズズメは好きなイソギンチャクが無い→でも隠れ場所は欲しい→ウミシダに隠れる。

そんな流れでウミシダを住処にする子がほとんどなんです。

これってきっとこのエリアでしか、なかなか見る事のできない、撮る事のできないミツボシクロスズメダイなんじゃないかな?!と思ってお客様に紹介させてもらっています。

でも他のエリアで普通にウミシダを住処にしていたりもしそうなので、タイトルには(たぶん)をつけさせてもらいました(笑)。

いまから楽しみな事

こんにちは、葉山の佐藤輝です。7月から8月の前半にかけて、まったくといって来なかった台風ですが、後半に入って立て続けにきています。

葉山のポイントもなにか生物を見つけては、荒れて飛んでいってしまう。。という悲しみを繰り返していますが、ボートポイントは深度があることもあり、荒れる前の半分くらいの生物は残ってくれて、新しい生物がまたやってくるという良い循環を繰り返しています。

今年からボートポイントに毎日潜れるようになって、僕たちのガイドの幅は大きく広がりました。

水深15mの砂地にトップが9mの根があるポイントがあることによって、イワアナコケギンポの生息できる水深がわかったり、ビーチの水深には無い海藻を見つけてその海藻につくウミウシが、ビーチでは見た事の無いウミウシだったりと、葉山の生物の棲息できる水深が、ダイビングポイント内ではしっかりわかることができました。

写真のツルガチゴミノウミウシもビーチポイントではほぼ見る事のできないウミウシですが、ボートポイントでは、この季節よく目にするウミウシです。

ツルガチゴミノウミウシ

ビーチポイントにもボートポイントにも棲息し、産卵や抱卵も両方でする生物、産卵はボートポイントでしかしない生物もいたりします。

逆にチャガラのようにビーチポイントでしか産卵しない生物もいます。

ソラスズメダイと卵

写真のソラスズメダイの産卵、抱卵はビーチポイントの水深3mからボートポイントの水深15mまで両ポイントで観察できます。

今は毎日ひたすらに潜って、観察できた生物をメモに残しておくので精一杯の忙しさなので、繁忙期が終わったら、ゆっくり時間をとってビーチポイント、ボートポイントでの棲息している生物の違い、生態行動の違いをまとめるのが今から楽しみなのでした。

今年もアカテガニの産卵を見に行ってきました

こんにちは、葉山・ダイビングショップNANAの佐藤輝です。

今年は本当に台風が少ない! 葉山が苦手とする南風が吹かない!!

こんなにクローズの少ない7月を過ごした事は過去に無いのではないかと思うくらい、毎日葉山に潜っています。いつかしっぺ返しが来るのではないかとおびえています。。

そんな海況が安定しまくっている7月に、今年で4年連続で観察に行っているアカテガニの放仔(卵を海に放つこと)、産卵をカメラマン阿部秀樹さんとお客様と観察しに行ってきました。阿部さんの生態の知識を存分に聞かせて頂いたり、撮影のポイントを聞いてからポイントにむかいます。海と山が隣接するこの場所はアカテガニにとっては最高の生息場所であり、産卵場所です。

ただここ最近はリゾートの開発や天敵のアライグマなどにより10年前に比べると激減していて、アカテガニを守る会といったボランティアもできるほど減っているそうです。

昔を知らない僕にとっては減っているといってもかなりの数のアカテガニが産卵になると山から下りてきます。放仔、産卵は満月(新月)の満潮時の夜にのみ観察できる非常に神聖で感動のシーンなんです。お腹に卵を満杯につけたアカテガニが、森から海辺に集まって、順番に海に入り産卵をしていきます。

お腹に卵を満杯につけたアカテガニ

お腹の卵を精一杯、体を振って、海に放ちます。撮影としては暗い、動きが速いという事でなかなか上手く撮らせてくれません。

個人的には放仔の時に綺麗に水面が輪になる感じを撮りたかったのですが、いまいち。。また来年リベンジします。

色々な角度からの撮影をお客様も楽しんでいらっしゃいました。

体を振って卵を海に放つアカテガニ

放仔が終わった雌が海から上がってくると体も2回りくらい大きい雄が陸で待ち構えていて、雌はすかさず雄につかまり、がっちりはさみで押さえ込まれます。

あまりのがっちりさが、なんかかわいそうに僕には見えます。

雄に捕まった雌のアカテガニ

そしてタイミングを見計らって産卵になります。

生態シーンも見応えがある上に、撮影も難しいながらに楽しいので、結局毎年、何時間も撮影してしまうのでした。こんな貴重なシーンがいつまでも観察できるように、今の素晴らしい環境を守っていけたらと思います。

海の方も水温も上がり一番のダイビングシーズンを迎えています。

スタッフ一同、安全第一で気を引き締めて繁忙期を皆様に楽しんで頂けるように頑張って行きたいと思います。

7月は流れ藻で楽しみます

こんにちは、葉山の佐藤輝です。

梅雨まっただなかの現在、梅雨で仕方ないとはいっても朝起きて、がんがん雨が降っているとテンションが下がりますが、楽しく潜る毎日を過ごしています。

7月のダイビングスタイルといえば、葉山ではなんといっても流れ藻ダイビングです。

冬〜春にかけて浅場で繁茂した海藻はこの時期、水温が上昇すると徐々に弱ってきます。海が荒れた日に弱った海藻はちぎれ、ビーチポイントの沖の砂地や、ボートポイントの砂地に流れ落ちます。

ここに産卵時期が丁度今のハナタツ、タツノオトシゴ、アミメハギ、甲殻類の幼魚などが補食されないために身を隠します。

流れ藻をめくる度に幼魚が出てくる、このダイビングはまるで宝探しでもしている楽しさを味わうことができます。

タツノオトシゴ赤ちゃん
糸の様な細さのタツノイトコ赤ちゃん
世界最小のイカ ヒメイカ

あと1ヶ月もしないで梅雨はあけ、水温は最高潮に達し、水中も陸も夏一色になることが予想されます。

夏の前、最後に人も少ない静かな海で、そっと流れ藻をめくってみませんか??

生き物以上のすっごい物がでてくるかもしれません。

水温一気に上昇→生態行動いっきに開始

こんにちは、葉山の佐藤輝です。

もう6月。1年の半分が今月で終わるかと思うと、あまりの時の過ぎ行く早さに驚きを隠せない僕です。毎日を楽しく一生懸命生きていこうと思います。

ここ10日間で水温も2度上昇。水深によって19度か20度になっています。そろそろウエットでも大丈夫なシーズン到来です。

そして毎年ですが、このいっきに水温が上昇する6月に魚達の生態行動も一気に加熱してきます。

ホシノハゼ、ネンブツダイ、スズメダイや写真のイソギンポやハナタツの産卵や抱卵、孵化といった神秘的な一瞬を観察できるチャンスが増える季節です。

定番のイソギンポ抱卵
今年も狙いに行きます!ハナタツのハッチアウト

僕たちが6月の定番の生き物を紹介させていただいている、すぐ横ではものすごい生態行動が行われているかも知れません。

約1時間の1DIVEを僕達ガイドは勿論のこと、皆様も集中して楽しく過ごしていただけたら嬉しく思います。

これからの本格的なダイビングシーズン、安全第一でがんがんガイドさせて頂ければと思っています。

最後は来月で最後となる定点観察シリーズのギンポさんです。先月とは変わらない子ですがかわいい表情を変わらず見せてくれています。

コケギンポ属の1種

ウミウシいっきに増殖中!

こんにちは。葉山の佐藤輝です。

今年は水温が下がりきらなかったせいか、例年よりも春濁りが弱く感じています。

いつもだと3月の終わりから4月いっぱいくらいが濁りのピークとなりますが、今年はそうでもない状況が続いています。

ダイバーにとっては濁りが弱いのは良い事ですが、海にとってはどうなんだろう??と心配になります。

これから春濁りがやってきたらどうしよう・・と心配になったりもします。でももう水温は18度まで上がってきています。

海の中はこれまた水温の下がりが弱かったせいか、今年はウミウシが少ないと思っていたのですが、ここに来ていっきに増殖中です。

うちのウミウシ好きのスタッフ、雅美ちゃん(犬さん)と潜れば2ダイブで30種のウミウシを見る事ができたりもしています。

ウミウシに特化するダイビングは宝探しをしているような感じで僕も好きなスタイルのダイビングです。ウミウシが多い季節は少なくともあと1ヶ月は続きます。是非挑戦してみてくださいね。

セスジミノウミウシ

定点観察のギンポ君ですがこの1ヶ月は色々なことがありました。

まずはフクロノリに囲まれていた住処ですが、水温上昇に伴いいっきにフクロノリが無くなり住処の回りがすっきりしてきました。

2週間前
2週間前
現在
現在

住んでいるギンポも激しく変化して、この1ヶ月で2回ギンポが入れ替わりました。

今住んでいる一回追い出されてまた戻って来た子

しかし撮って来た写真をよーく見て比べてみると、おそらく今入っている子は3ヶ月前に入っていた子のようです。追い出されてまた取り返したようです。

取り返された子も前に入っていた子だったので2匹のギンポで同じ穴を取りあっているような状況のようです。今後もしっかり観察していきたいと思います。

ゴールデンウィークも始まり、いよいよダイビングシーズンも到来です。

安全第一で葉山の海の魅力を沢山の方に伝えられるように頑張っていきたいと思います。

定点観察のギンポが変わりました!

こんにちは。

もう4月。。本当に時が経つのが早い!早すぎです!!

気温はあきからに上がっていますが、水温もすこーしずつ上昇していて一番低い時期より2度ほど上がりました。人気のダンゴウオも今年も沢山出現し、ウミウシも増えマクロ生物の観察、撮影が楽しい時期を迎えています。

そして、ずっと定点観察している潜行してすぐのところにいるコケギンポがこのたび違う子に入れかわりました。約1年間、コケギンポ属の1種が入っていた穴に今回入ったのはTHEコケギンポ。

しかもこの子は1年前までこの穴に入っていた子なんです(おそらくではありますが)。

1年間きっとこの穴の近くの穴で暮らしていたのでしょう。

前の子は果たして死んでしまったのか??この子に追い出されたのか??いろんな想像ができるのですが、近くの穴をじっくり探してみたいと思います。

今までの子がこの子

コケギンポ属の1種

今回新たに穴に入った子がこの子です。

コケギンポ

そして季節によってこんなに環境が変わるんだという写真がこちら。

半年前はこんなに何も無い環境だったのが、今はフクロノリが沢山生えています。

半年前

何も無い環境だった半年前

現在

フクロノリが沢山生えている現在

今年は水温の下がりが悪く、海藻の生える順番がいつもと少し違ったり、イシコというナマコが大量に発生したりと例年通りでないことも多々あり少し心配ではありますが、これから水温が上がり魚達の生態行動も激しくなる季節をじっくり観察していきたいと思います。

人気者、大量出現

こんにちは、葉山の佐藤輝です。

今年は本当に水温が高い!未だ14度台の日が多く、例年に比べると1度から2度高い状態が続いています。

水温が下がると繁茂する海藻類は打撃を受け、今年は葉山の冬を代表する景色である海藻の森はほぼ期待のできない状況です。ワカメの生育も遅く、漁師さん達も困っています。。

ただただダイバーの事を考えれば水温が高い方が良いような気もしてしまいますが、やはり大切な1年のサイクルとして、水温が下がりきらないのも困ったものです。。

不幸中の幸いとしてはダイバーが観察している生物には、それほどの影響がでていないように感じられることです。

1年を通して、1番人気のダンゴウオも2月に入って一気に増えてくれています。

幼魚の時にしか付いていない頭に輪っかの模様がある子や、少し大きくなって欠伸など表情を楽しめる子まで色々なシチュエーションのダンゴウオを楽しんでもらえています。

同じような子を撮るにしてもアップで表情を楽しんだり、

引いて回りの色を入れて楽しんだりと、

色々な撮影方法があるので是非、試してみてもらえたらと思います。

最後は今月のいつものギンポ君です。

いつも同じになってしまうので動画にしてみました。今月も特に大きな変化はありませんでした。

来月、この投稿の頃には海は水温が少し上昇し、プランクトンが増え海が濁る春濁りの季節を迎えている頃だと思います。

透明度が悪いなりにも見所は沢山ある事をご報告できたらと思っています。

チャガラと過ごした1か月

こんにちは、葉山の佐藤輝です。

もう2月。。あっという間に過ぎていく1年をもう早速感じています。。

年末から葉山の海はとにかく水温が高く、透明度が高い状態が続いていましたが、ここに来て水温はいっきに低下!!

1週間で4度くらい下がり、いっきに通年通りの水温になりました。

ダイバーにとっては水温が高いというのは魅力的なことではありますが、海にとっては1年のサイクルの中であまりに水温が高いのは悪い事も多く、海藻が育たないなど、僕たちの目から見ても明らかにいつもと違う状況でありました。

海藻が育ち、そこに幼魚が隠れ、育っていくというサイクルが明らかに乱れた事は心配ではありますが、このいっきに来た水温低下に伴って、いつも通り海藻が育ち、いつも通りの冬の葉山の海になることを願うばかりです。

この冬は、海藻を中心とした水中景観は、僕の目にも明らかに通年と違う事がわかったのですが、魚達の動きに変化を感じる事はほとんどなく、チャガラがいつも通りの時期に産卵を始め、産卵に上がって来る親ダンゴウオを岩の下から発見する機会も多くあります。

この1か月はチャガラの産卵を撮影したいというお客様が圧倒的に多く、チャガラの産卵現場を探して僕たちガイドは浅場を泳ぎ回りました。

チャガラの産卵は特に時間も関係なく、比較的多く産卵をする、チャガラお気に入りの場所が数カ所あるものの、いつどこで始まるか予想がつきません。

産卵現場を探して、本当に沢山泳いだ1か月でした。

ただ、一度産卵現場、もしくはオス同士やメス同士の喧嘩を見つけてしまえば運が良ければ1ダイブ中ずっとその生態行動を止めない事も多々あり、動きが激しいものの、シャッターチャンスに恵まれる被写体でもあります。

ぐるぐる回ってみたり、口を開けて威嚇してみたり、全部の鰭を全開で自分の綺麗さをアピールしたりと見応え十分な行動をしてくれます。

チャガラ

そろそろ産卵行動は下火になってきて、これからは抱卵やハッチアウトを楽しめるようになります。

そして産まれたチャガラは海藻に隠れすくすくと成長していきます。

今年もじっくりチャガラの成長を見守っていきたいと思っています。

定点観察のこのギンポに焦点をあててから、全く変化がないのですが、潜行してすぐにいるコケギンポ属の1種も元気に新年を迎えました。

引き続き、こちらも見守っていきたいと思います。

コケギンポ属の1種

来月の投稿の頃には人気者のダンゴウオ幼魚、通称天使の輪の子も、そろそろ登場かと思います。

今年も冬の葉山を楽しんでいきたいと思います。

あけましておめでとうございます!!

皆様、あけましておめでとうございます。

今年も葉山の海を沢山潜って少しでも多くの発見をして、葉山の海の素晴らしさを伝えられるように頑張っていきたいと思っています。

今年も宜しくお願い致します。

さて、昨年の11月から葉山の海は例年に比べると2度〜3度水温が高く透明度も高い所で安定している、ダイバーにとっては最高なコンディションが続いています。

水深が15mくらいの葉山のボートポイントでは、エントリーすると全て根が見渡せるという葉山ではあまりない素敵な状況が長く続いています。

葉山のボートポイント

漁師さんにとっては水温が下がると生育するワカメが取れなかったり、色々と問題があるので、やはり冬の海は水温が下がった方が良いのですが。。

おそらくもう数日で一気に水温も低下するのではないかと思っています。

冬の葉山では人気のダンゴウオ、チャガラの産卵、多くのウミウシなどのマクロから海藻の森のワイドまで、人気の生物や景観がダイバーを楽しませてくれます。

寒さに負けず、冬の熱い海を楽しんでいきたいと思います!

今月のコケギンポ君です。う〜ん、、とくに変化無しです。引き続き観察していきたいと思います。

今月のコケギンポ君

あらためて知る葉山の魅力

こんにちは、葉山の佐藤輝です。

もう今月で今年も終わりですね。今年は葉山としてはボートダイビングを始める事ができたり、いくつか葉山に暮らす生物の生態を知る事ができたり安全第一で潜りつつ新しい飛躍ができた良い年となりました。

1年を通してお客様に新たな葉山を案内させていただくのは勿論一番の喜びなのですが、普段違う海で潜っているガイドの仲間に葉山を潜ってもらう機会も多々あり沢山のことを学ばせてもらいました。

今月の終わりにもガイドの仲間が新たなボートポイントに潜ってくれて印象やいつも潜っていることで気がつけないことを話してくれました。

葉山では一番多いサビハゼと言うハゼの数に驚いていたり、海藻の多さもやはり特徴的だと話してくれる中、ウミシダの数も凄く多いという印象を何人かのガイド仲間が教えてくれました。

それは僕たちにとっては毎日目にする当たり前の光景なのですが葉山はどうやらウミシダがとても多いというのをあらためて知って、ウミシダを絡めた撮影をなるべく心がけるようにしてみると数が多いだけに沢山の生物をウミシダに絡めて撮影できることを知りました。

ワイドもウミシダと群れの写真を気にして撮るようにすると、ただの群れを撮った写真よりも華があるように感じます。

ウミシダと群れ
ウミシダと群れ

マクロもウミウシ、ハナタツ、ギンポなどなど背景にウミシダがある風景が目に入るようになりました。

ウミウシとウミシダ

これからはお客様にも、そんな葉山の良い特徴をふまえつつ撮影して頂いて葉山の海の素晴らしさを伝えていけたらと思っています。

いつものギンポ君は変わらぬ位置で変わらぬ光景を保っています。

今月のギンポ君

今年も本当に沢山のお客様に来て頂き、楽しい時間を共有させて頂きました。

来年もスタッフ一同、力を合わせて楽しい葉山を見て頂けるように努力していきますので、皆様宜しくお願い致します。

本年も有難うございました。

来年も宜しくお願い致します。

少しずつ冬の海へ

こんにちは。葉山から佐藤輝です。

ここ葉山は朝晩を中心にいっきに冷え込んできました。

水温も徐々に下降して、なんとか20度台をキープしているといった所です。

水温が20度を切ると海藻の種類も変わり、海の中の様子が目に見えて変わってくるのですが、今のところはそこまでの変化はありませんが、小さな変化は多くなってきました。

まずはウミウシが増えてきました。

これからウミウシ好きな人にはたまらないシーズンの到来ですね。

また季節来遊魚がまだまだ多く観察できているのですが、徐々に1年を通して葉山に住み続ける力のある魚達に縄張りや住処を奪われつつあります。

例えば、このフタホシニジギンポ。10日前までは季節来遊魚のミナミギンポが入っていたのですが見事に追い出されてしまいました。

フタホシニジギンポ

それとは逆に1回いなくなった季節来遊魚が増えたりする種類もあります。

ミナミハコフグの幼魚などはまさにそうなのですが、いよいよ見納めの時期が近づいて来ています。

ミナミハコフグの幼魚

これから透明度が上がり、来月には冬の風物師、ダンゴウオなどもお目見えする可能性のある季節の到来です。

夏や秋の良さは勿論ありますが、冬の葉山の象徴である海藻の森に、マクロ生物に楽しい季節がやってきます。

今月のギンポ君

今月のギンポ君です。こちらは変わらず同じギンポ君が居座っています。

季節来遊魚&秋の風物詩

こんにちは、葉山の佐藤輝です。

もう10月。。毎年のことですが夏はあっという間に終わり、もう秋。1日1日を大切に生きなければと思う、時の過ぎ行く早さです。

葉山の水中もピークの水温から1度〜2度水温も下がり秋の海に着実にむかっています。例年だと、このあたりの季節から透明度も上がり、季節来遊魚も増え、1年を通して海の中が1番賑やかになる季節がやってきます。

現在の葉山もかなりの種類の季節来遊魚が観察できています。

ギンポ類やスズメダイなど少し派手な色をした、いわゆる季節来遊魚を発見すると何年もこの海に潜っていても、やった!綺麗な子、発見!と嬉しい気持ちにさせられます。

ミナミギンポ

季節来遊魚以外にも、この時期ならではの生物、生態も観察できています。

ニジギンポが貝の中に卵を産んだり、マダコの抱卵などが、この時期の代表的な生態シーンではありますが、写真のナガサキニシキニナという貝の産卵も夏、秋ならではの生物です。

貝の卵とは思えない、まるでワイングラスのような形が素敵な卵塊です。

ナガサキニシキニナの卵塊

今月で3回目のギンポ君も浅場で元気に過ごしています。

今月も特に変化は無しでした。ドアップ写真で今月は締めたいと思います。

コケギンポ属の1種

まだまだダイビングシーズン真っ只中!全力で頑張っていきます。

潜りまくりの8月でした

こんにちは。葉山のダイビングショップナナ、佐藤輝です。

7月は台風に泣かされた葉山でしたが8月は数日のクローズはあったものの、毎日のように葉山でダイビングを楽しむ事ができました。

ビーチダイビングにボートダイビングと様々な水深、環境を潜る事ができて、マクロネタも2ダイブではお客様にご紹介しきれないくらい、かかえております。

先月から始めた、潜行してすぐの岩の定点観察2回目の今回も先月と同じコケギンポ属の1種が穴に居心地良さそうに暮らしています。

ちょっとした台風では穴の中に隠れられるという事でいなくならないのがギンポの良い所です。

この写真を撮った日はけっこうなうねりの日だったのですが、余裕な感じで皮弁をうねりになびかせて捕食までしていました。また来月の動向を楽しみにしていてください。

コケギンポ属の1種

穴のすぐ横では夏の代表的な生態シーンであるソラスズメダイが抱卵中です(石の上に卵がついているのが、わかるでしょうか?)

ひっきりなしに新鮮なお水を鰭で送り、僕達ダイバーが近づくと、卵を守ろうと必死に攻撃をしてきます。

抱卵中のソラスズメダイ

そして最後にご紹介するこのウミウシも夏から秋にのみ観察できる綺麗なウミウシ、セスジミノウミウシです。

大きさも3cmほどあり、綺麗な紫色をしています。

ペアで交接中の個体もよく見る事ができて被写体にもおすすめのウミウシです。

セスジミノウミウシ

そして、続々と季節来遊魚が入ってきています。まとめて来月ご紹介の予定です。

まだしばらく忙殺される日々が続き、生態観察も冬ほど、ばっちりできないのですが、少しでも葉山の海をわかるべく頑張っていきたいと思います。

新しい定点観察所

こんにちは、葉山のダイビングショップナナの佐藤輝です。

今年の7月は台風に泣かされました。。

ここにきてやっと海も落ち着いてきてくれました。

もう台風もしばらく、おとなしくしてくれていると信じたいと思います。

先月までは同じイワアナコケギンポを観察してきた、葉山定点観察日記ですが、先月で1年経ったので今月から、また新たな定点観察を始めたいと思います。

今月からは、エントリーしてすぐにある、直径1mくらいの岩を観察していきたいと思います。

この岩は潜行して、すぐに出てくる岩で沖に続くロープ上にあります。

沖に続くロープ上にある岩

この岩には、小さい穴がいくつも開いているのですが、この穴では過去もいくつものドラマが繰り広げられてきた穴なんです。

その穴は3本の指示棒でさされた中心にある穴で、この穴はギンポたちにはかなり住みやすい穴のようで、年間を通して、ほぼ何かしらのギンポが住処にしています。

産卵や抱卵を観察できることもあり、なによりも1ヶ月〜3ヶ月くらいで暮らしているギンポの種類にも変化がある穴なんです。

昨年もイワアナコケギンポが暮らしていたときもあるし、眼状紋と呼ばれる背びれについている丸い模様が通常のギンポは1つなのですが、2つついている珍しい子が暮らしていたり、ノーマルのコケギンポになったり、イソギンポに代わり、抱卵の姿を見せてくれたると変化のある穴なんです。

3本の指示棒でさされた中心にある穴

今月から1年間、この穴に暮らす生物と岩周辺の海藻の移り変わりや、周辺に暮らす生物を紹介していけたらと思っています。

一回目の本日、ご紹介するのはコケギンポ属の1種というギンポです。

このコケギンポ属の1種はつい最近まで僕たちは、コケギンポとして紹介をしてしまっていたのですが、スタッフの翔ちゃんがコケギンポとは違う気がするということに気づき、調べてみた所、コケギンポとは皮弁(頭についているふさふさの部分)の形も違い、別種という事がわかったギンポです。

現在はこの子が2ヶ月くらい、この穴で暮らしていて、今回の台風もうねりに負けず、この穴に暮らし続けました。

通常のコケギンポの皮弁はふっさふさなのに対し、

コケギンポ属の1種

このコケギンポ属の1種は前から見ると、束になったような皮弁が2つついているように見えます。

前から見たコケギンポ属の1種

いつまでこの子が暮らしているのかや、季節によっての変化があるのか?できれば生態行動なども、ご紹介していければと思います。

これから1年の変化を是非、楽しんで頂けたら嬉しく思います。

海の方は水温も上がり、いよいよ本格的なダイビングシーズンの到来です。

是非、皆様、遊びにいらしてください。

魚達が活発になってきました

こんにちは、葉山の佐藤輝です。

今年は例年に比べ水温の上がりが遅い状況が続いています。

とは、いっても現在、約19度まで上がってきました。

ずっと葉山に潜っていて思うことは18度の水温が生物にとって1つのキリ的な水温で18度を越えて来ると多くの生物達が活発になり、産卵行動を開始するように思います。

ネンブツダイ、フタホシニジギンポ、ニジギンポ、イソギンポ、マダコ、ハナタツ、ホシノハゼなど、ちょっと考えるだけでいくつか思いつきます。

写真のトビヌメリも産卵の水温を迎え、オスの闘争やメスへアピールする姿が砂地で観察できています。

地味な魚ですが、今の時期は是非、見て欲しい魚です。

トビヌメリ

来月はより色々な生態行動の報告ができるのではないかと思います。

そして今月でイワアナコケギンポの定点観察が終了の月を迎えました。海藻の定点観察に続き2つめが終わりました。

また来月から新しい観察を始めていこうと思っています。

あんまり変化の感じられなかったイワアナコケギンポの1年だったのですが下記に全部並べてみます。

うーん。。並べてみても変化がわからないですね(笑)

1月のイワアナコケギンポ
2月のイワアナコケギンポ
3月のイワアナコケギンポ
4月のイワアナコケギンポ
6月のイワアナコケギンポ
7月のイワアナコケギンポ
8月のイワアナコケギンポ
9月のイワアナコケギンポ
10月のイワアナコケギンポ
11月のイワアナコケギンポ
12月のイワアナコケギンポ
2月のイワアナコケギンポ

いよいよダイビングシーズンを迎えます。皆様に少しでも葉山の楽しさが伝えられるように頑張っていきますので宜しくお願いします。

6月から新ポイントがオープンします

こんにちは、葉山のダイビングショップナナの佐藤輝です。

いよいよ、気温が上がってきました!

まだ僕はドライを着ているのですが、陸が熱い。どのタイミングでウエットに切り替えるか、悩み中です。

イワアナコケギンポ

まずは、今月のイワアナコケギンポです。

はい、変化なしです。

このイワアナコケギンポの定点観察もあと1回となりました。

次にやろうとしている定点観察は決まりつつあるのですが、今回のイワアナコケギンポは本当に変化の少ない子でした。

次回、12ヶ月全部を並べてみようと思います。

チャガラの幼魚

そして浅瀬は、この時期ならではの風景、チャガラの幼魚が沢山群れています。

チャガラは喧嘩に求愛、産卵、抱卵、ハッチアウトと全ステージを観察できているので、かわいさも他の生物に比べて高くなります。冬の産卵にむけて元気よく育って欲しいと思います。

権太郎岩の沖(渡辺亨様撮影)
権太郎岩の沖(渡辺亨様撮影)

そして、そして本日のメインはNEW ボートポイントオープンのお知らせです。

葉山町漁協より本日正式に網をかけない6月〜8月限定で権太郎岩の沖にポイントをオープンすることを許可して頂けました。

エントリーしてすぐに写真のオノミチキサンゴをはじめとする沖ならではの景色を見ることもでき、少し浅場にむかえばウミウシなどが多く観察できるマクロの壁で遊ぶこともできるマルチなポイントになってくれること間違えなしです。

裕次郎灯台沖とは、また違う雰囲気のポイントになりますので、皆様、是非潜りに来て頂ければと思います。

新しいポイントにあわせ、まだ観察できていないアオリイカの産卵床も気になります。

いよいよ熱くなりダイビングシーズンの開幕です。

忙しくはなりますが、ポイントが増え、色々な視点から葉山の海を見れるようになってきました。

新しい発見があるように精一杯、潜り込んでいきたいと思います。

今年は海藻好調でした

こんにちは、葉山の佐藤輝です。

いよいよゴールデンウィークがはじまります。今年もダイビングの季節がやってきますね。

イワアナコケギンポ

今月で同じイワアナコケギンポを毎月、撮るようになって10ヶ月が経ちました。

基本、全く変化ありません(笑)1年続けていくので、なにか変わっていくことを期待して、あと2ヶ月、撮影していきたいと思います。

でも10ヶ月前と比べると少し痩せたような気もします。。

さて今年は葉山の冬の風物詩、海藻の森がここ何年かの中では浅場を中心によく成長してくれた年でした。

それでも5年前と比べると、かなり少ないのですが、今年を境に良い方向に向かってくれればと期待しています。

浅場で海藻のワイド写真も沢山の方に撮っていただきました。

海藻の多いところ多いところと思って移動していくと、全身に海藻が巻きついて動きが取れなくなっている撮影者を、ここ数年では久々に見ることができたような気がします。

海藻の森

今からの季節は水温が上昇し、この浅場の海藻が弱り、少し荒れた日にちぎれて沖の砂地に流れ藻として海藻が落ちます。

その海藻にカエルアンコウやタツの仲間、ヒメイカなど沢山の生物が身を隠せる最高の場所として流れ藻に隠れているシーンを観察できるようになります。

流れ藻をめくると色々な生物が登場するので宝探しのようなダイビングを楽しめます。

水温も上昇し、流れ藻を楽しみつつ、今シーズン最後のダンゴウオを堪能していただくようなダイビングスタイルが今年もはじまりつつあります。

みなさんも是非、都心から近い海の生き物の生態を観察しにいらしてください。

海藻の季節

海藻の森
海藻の森

こんにちは、葉山の佐藤輝です。

今年は例年より約1ヶ月早く、春濁りが始まってしまい、3月はなかなか濁った厳しい環境でのダイビングの日が多く、この時期が旬のダンゴウオなどマクロ生物を、じっくり観察、撮影してもらうダイビングスタイルが続きました。

ただ、嬉しいことに、毎年3月終わりから濁り始める春濁りは、現時点で少し回復傾向です。水温も上がってきました。

さて、この時期のお客様からのリクエストNO.1はダントツでダンゴウオですが、ぜひ、撮影していただきたいのは、この時期に最盛期を迎える海藻の森です。

水面まで伸びるアカモクやホンダワラや高くは伸びないものの、低い場所を埋め尽くすワカメやカジメを中心に幻想的な景観となります。

1日、2本のダイビングを1本はダンゴウオ、この時期にどんどん増えるウミウシなどマクロ生物に。もう1本はワイド撮影なんていうスタイルも、おすすめです。

イワアナコケギンポ

そして、今月のイワアナコケギンポは、撮影している時にちょうど貝の攻撃を受けてくれました!

しつこくギンポの穴の上を歩き回る貝を最後は口にくわえて、捨てていました。

毎月、同じイワアナコケギンポを撮影し始めて、初めて動きのあるイワアナコケギンポを撮影できたような気がします。

ボートダイビングスタート

ボートダイビング

こんにちは。葉山のダイビングショップナナの佐藤輝です。

先月の21日から葉山町、葉山漁協組合のご協力のもと、今まで葉山では叶わなかったボートダイビングができるようになりました。

最初は週2回(水、土)の開催です。現時点で3回ほどボートダイビングを開催しましたが、ビーチダイビングとは生えている海藻も違い、環境の違いが大きいため今までビーチダイビングでは観察できなかったウミウシやウサギガイの仲間などが観察できていて今後が楽しみです。

そして冬の1番の人気者、ダンゴウオも続々と発見されています。ボートポイントも合わせると20〜30匹は観察できています。

人気の幼魚(頭に輪っかのついているかわいい赤ちゃんです)から表情が豊かになる若魚サイズが現在、観察できています。

ダンゴウオ
ダンゴウオ

ボートポイントでは潜行した瞬間にダンゴウオにへばりついて撮影するというスタイルも可能です。

是非ビーチもボートも両方潜ってもらって違いを感じてもらえたらと思います。

イワアナコケギンポ

最後は今月のイワアナコケギンポです。とくに変化は無いのですが回りの赤い海藻(エツキイワノカワ)は水温が下がって元気いっぱいです!

ボートダイビングスタート < トップ