ゆうすけの豪海倶楽部The Diving Junky Magazine

産卵、幼魚、卵保育

こんにちは! 久米島のエスティバンよりモエコです!

今年の梅雨は早く始まり、空梅雨が多い久米島ですが、今年はなんだかたくさん降っています。

4月に久米島より少し水温が高い八重山地方のサンゴが産卵したとの情報が入り、久米島でもいつするのか、そわそわする日が続きました。

水温も一度は26℃台まで上がったものの、大潮を直前にして24℃台までにさがってしまい、産卵するのか不安になってましたが、無事に産卵を観察することができました。

サンゴに産卵するモンツキカエルウオ
サンゴに産卵するカンザシヤドカリ

5月はモンツキカエルウオが多く住むコモンサンゴの産卵を見ることができたので、サンゴの産卵と生物とを絡めることができました。

私たちがサンゴが産卵する前兆として目安にしてるひとつが、ツツウミヅタの産卵です。

ツツウミヅタの産卵

この光景を見るとワクワクの始まりです。

サンゴつながりで、最近リュウキュウキッカサンゴの群生が見られるところを、ポイントとして使い始めました。

久米島にはサンゴのポイントは多くないので、群生を見るといつも感動します。

リュウキュウキッカサンゴ

このポイントでもいつか産卵をみたいなぁと思ってます。

きっとすごい数なんだろうなぁ・・・

水温は下がってしまいましたが、魚たちの産卵行動は変わらず熱いです!

モンツキカエルウオは穴を覗けばほとんどが子育て中です。

卵を保育してるモンツキカエルウオ

幼魚も増えてきました。

フカミスズメダイの幼魚

私の好きなスズメダイ、フカミスズメダイの幼魚です。

名前の通り深い所にいるので、なかなかご紹介する機会も少ないのですが・・・

これから水温も上がれば、もっと水中は華やか賑やかになることでしょう!

梅雨明けが待ち遠しいです!!

春の訪れ

こんにちは! 久米島のエスティバンより、モエコです!

3月に入ってからは、暖かい日が増えてきて、春の訪れを感じています。

先月3月21日をもちまして、久米島冬の風物詩、ザトウクジラのホエールウォッチング&スイム船のファイナルを迎えました。

今年はスタッフが増えたこともあり、私はクジラ船メインの冬となりました。

2月は海況的に厳しい日が多くありましたが、今年もいろいろな出会いがありました。

曇り空の下でザトウクジラのブリーチング
島とエスティバン1号とザトウクジラ

曇りバックも青空バックも、どちらも絵になります。

島周りでクジラを見つけた時は、ダイビング班も船上休憩中に、ホエールウォッチングを楽しんでました。

水面のザトウクジラ親子

親子クジラとの出会いには、毎年わくわくします。

凪で天気がいいと、呼吸をしに水面近くに上がってきている時にクジラが見えてきて非常にきれいです。

水中のザトウクジラ親子

もちろん、水中にも何度もトライさせてもらいました。

お母さんクジラは、私たちの様子を伺いながら、子クジラを水面に誘導します。

何度見ても感動する瞬間です。

今年は例年以上に荒天が続いたために、思うようにいかないことが多かったですが、今年も無事に南下してきてくれて、そして北へ帰って行きました。

また来年の出会いが、楽しみです。

クジラシーズンが始まります

こんにちは! 久米島のエスティバンよりモエコです!

2022年最初の更新です。

みなさま、あけましておめでとうございます。

年末年始は海況も落ち着いていて、トンバラにもよく行っていたのですが、なんとも言えない透明度で困りました。

ですが、潮の当たりが変わったのか、ある日を境に透明度も戻って、気持ちのいい久米島の海となりました。

マンタ

最近ではオミクロン株の流行の影響で、再び海に出る日が少なくなってきてしまっています。

海況や天気は良いのに、というもやもやが続きます。

1月29日からは、Whale Wathching and Swimもスタートします。

昨年末頃から、沖縄エリアでザトウクジラの目撃情報も多数寄せられ、ダイビング中も声が聞こえていたりと、ソワソワが止まりませんでした。

ようやく始まる、という気持ちです。

ザトウクジラ

今年の出会いは、どういったものになるのか、楽しみです。

冬らしくなってきました

こんにちは! 久米島のエスティバンよりモエコです!

今年も最後の更新となりました。

やはり、11月は荒れる日が多かった久米島です。

それでも週に2,3日くらいは海況が凄く良くなったりして、いろいろなポイントを潜ることが出来ています。

トンバラのギンガメアジの群れ

冬といえばトンバラ。

夏よりは透明度は落ちますが、魚の集まりは良くなってきます。

ギンガメアジの群れや、バラクーダ、イソマグロなど潮当たりのいいトンバラならではの生物がたくさん見れています。

ただ、ギンガメアジはまだまだダイバーを見慣れないみたいで、足早に過ぎ去って行ってしまいますが・・・

マンタ

年中通して人気のマンタステーション。

冬は水面で捕食行動をしている子が多くなってくるので、水面でスノーケリングで入ったりすることも多くなりますが、やっぱり水中でのんびりマンタを見るのが楽しいです。

ホソカマスの群れ

いつもはいない所で偶然の出会いもありました。

エントリーしてすぐ船の下にホソカマスの群れ。こういうサプライズ感が堪らないんですよね。

軽石

ニュースでも多く取り上げられている小笠原海底火山の噴火による軽石の漂着。久米島にも来ています。

ですが、久米島はそれほど多くは無く、これまでも毎日船は出れています。

船のメンテナンス・ケアをより一層心がけております。

ポイントによっては潜っていて多く目につくところもあります。

マンタやグルクンが食べてしまっている所も見かけるので心配です。

セダカギンポの幼魚

水温が順調に下がってきており、幼魚の登場もちらほらとなっていますが、今年はセダカギンポの幼魚が特に多い印象です。

まだ着底したばかりの2~3cmの子がサンゴの下でうろちょろしてていつも癒されています。

ガイコツパンダホヤ
ガイコツパンダホヤいっぱい

今年もこの子の季節がやってきました。

ガイコツパンダホヤ(仮称)。

笹のように見えるスターポリプにあるガイコツも増えてきてます。

岩肌にもどんどん増えてきて、よく見ると一つ一つ表情が違う事がわかります。

ちょっとガイコツ感強めな子とか、目が点になっている子等。

じっくりここで1DIVEするのもありです。

今年も残り1か月!

これからどんどん冬の海になっていって、年明けにはクジラの時期も始まります。

寒暖差が大きくなってきたこの頃、みなさま体調には十分気をつけて海を楽しみましょう。

久米島でもお待ちしております。

みなさま良いお年をお過ごしください。

夏、真っ盛り

こんにちは! 久米島のエスティバンよりモエコです!

8月後半から9月の台風14号が来るまでの約2週間ほど、べた凪な日が続きました。

その中の数日間だけ、風が全く吹かない日もあり、水面が鏡のようになっていました。

凪

ここまで凪だと船上での休憩も非常に贅沢な気持ちになりますが、風が吹かない分、水面の海水は温められ、水温が非常に高くなってしまいました。

エントリーした瞬間の爽快感はなく、水中でも汗をかくような温かさでした。

しかし、台風が接近したおかげでそれも和らぎ、快適な海に戻りました。

幼魚たちも日に日に増え、深場も浅場も大賑わいです。

深場の幼魚たち

久米島の水深25m以深にいるスミレナガハナダイ、フチドリハナダイ、シロボシスズメダイの幼魚たちです。

同じ所に3種類の可愛い幼魚たちが集まっています。

ニシキヤッコの幼魚

いつみてもかわいい、ニシキヤッコの幼魚です。

大人はカラフルな色合いですが、幼魚の時は黄色のしましまです。

タテスジハタの幼魚

昨年は非常に多かったタテスジハタの幼魚です。

今年も数回現れましたが、昨年ほど多くは無く、やはりその年々で数の違いに差が大きくあるようです。

幼魚だけでなく、他の魚たちを見ても、昨年はいなかったのに今年は異様に多いとか、その反対にたくさん居たのに今年は全然見ないことがあったりするので同じポイントでも毎年景色が変わって面白いです。

ユリタツノコ

浅場のピグミーシーホース、ユリタツノコです。

久米島北側のポイントの浅場のアイドルです。

なかなか擬態が上手で見つけづらいことも多々ありますが、浅場という事もあり、比較的ご紹介しやすい種です。

ミノイソギンチャクにイソギンチャクエビ

通称「悪魔の実」とも呼ばれる、ミノイソギンチャクです。

フチに紫色のつぶつぶがあるのがポイントです。

このイソギンチャクは色が多様で、これは紫に近い色ですが、他にも緑や黄色、茶色の個体もあります。そこにエビが住んでいたら、それはもう撮るしかありません。

いつもマクロな写真ばかりで透明度が夏らしく上がっていることをお伝えできていなかったような気もするので、

ブラックマンタ

8月中旬頃に慶良間諸島で目撃情報があった久米島マンタステーションの常連、ブラックマンタのミッキーです。

慶良間諸島では捕食行動をしていたようですが、そんな遠くまで移動していたことに驚きました。

目撃情報を頂いた4日後には久米島で姿をみせてくれて一安心でした。いつみても、何度見ても飽きることがありません。

台風シーズン

こんにちは! 久米島のエスティバンよりモエコです!

6月にはもうすぐ梅雨明けかなと言っておりましたが、その後は梅雨らしく降る日が多く、結局7月頭まで梅雨という長梅雨となりました。

梅雨明けして以降は全く降らず、夏全開でお客様をご案内することが出来、人気ポイント「トンバラ」にもたくさん通うことが出来ました。

トンバラのイソマグロ

透明度もグンっとあがり、50mオーバーの日もありました。

そんな日に見るイソマグロの群れは、格段にカッコいいです。トンバラは地形も豪快なので、生き物と地形を合わせて撮ると迫力満点です。

しかし、透明度に合わせるように水温もあがり、高い所だと30℃近くになってるところもありました。

白化を始めているサンゴもちらほら見えて、今後の夏が不安です。

白化したサンゴとメガネゴンべ

そして水温が上がってきた浅場(棚上)には、彼らの産卵床も現れ始めます。

ゴマモンガラの卵

早朝に産卵をして、その日の日没に卵を孵化させるゴマモンガラ。

この時期は彼らも自分の卵を守るために、すごく攻撃的になります。テリトリー内に入ったものを執拗に追いかけてきます。

今の時期、この顔を見たらご注意ください。

ヤマブキスズメダイの幼魚
ヒオドシベラの幼魚

浅場は水温が高いですが、深場はまだひんやりとしながらも、幼魚は日に日に増えてきてます。

まだ透けている所もあるヤマブキスズメダイの幼魚や、大人気のヒオドシベラの幼魚たちが住み始め、今後、深場の水温も上がったらより賑やかになるのでこれからが楽しみです。

7月の海の日連休は台風で全日クローズとなってしまいました。

多くの方にご予約いただいていたにもかかわらず、皆様にお会いできず非常に残念です。

これからの夏、台風がいつ来るのか毎日天気図とにらめっこな日々ですが、皆様に夏の久米島の海をご案内出来る日を楽しみにお待ちしております。

夏の始まり

こんにちは! 久米島のエスティバンよりモエコです!

5月の初めに沖縄は梅雨入りをしましたが、梅雨入りして3日間だけ雨が降り、それ以降は全く降らず、完全なる空梅雨となってます。

本州の方ももう梅雨入りが始まっているという事は、こっちはもう梅雨明けということですかね。

あっという間の梅雨でした。

もう少し降ってもらわないと、夏に水が足りなくなってしまうので、喜んでばかりもいられません。

気温も30℃を超える日が増え、太陽の熱さも感じ始めた5月の半ば、水温も上がり始めました。

魚たちの産卵・卵保育シーズンの始まりです。

モンツキカエルウオの卵保育

久米島のいろいろなポイントで観察することが出来るモンツキカエルウオ。

目が完成して今にも出てきそうな卵に一生懸命海水を送って子育てするのはお父さんです。

モンツキカエルウオのハッチアウト

太陽が沈んで間もなく、子供たちの孵化が始まります。

お父さんは新鮮な海水を送りつづけ、子供たちの旅立ちを後押しします。

シモフリタナバタウオの卵保育

久米島にはあまり個体数が多くはない、シモフリタナバタウオも産卵シーズンを迎えています。

卵が無い時は引っ込みがちな子ですが、卵があるとしっかり前に出て卵を守っています。この時は新しいきれいな黄色い卵です。

セダカギンポの産卵

今年はセダカギンポの個体数が多いように感じます。いろいろなポイントの棚上で見かけます。

サンゴに卵を産み付けて、オスはその卵を孵化まで守ります。写真左が雌で、青く見えるのが卵を産む輸卵管です。

水温が27℃台となり、棚上でじっくり生き物探しをする時間が増えてきました。

夏に向けて、皆様により多くの生き物をご紹介できるように、コツコツ探していこうと思います。

魚たちの生命をつなぐシーンを一緒にみませんか??

久米島の碧い海でお待ちしております。

冬のおわり

こんにちは! 久米島のエスティバンよりモエコです!

3月を迎え、暖かい日が続くようになりました。気温25℃を超える夏日になる日もあるくらいです。

先月、3/22をもって1/29から開催しておりました、Whale Watching and Swim Tour2021も無事終了しました。今年も多くのクジラとの出会い・感動をたくさんの方々と共有することができ嬉しく思います。

毎年2月は海況が悪い日が多いのですが、今年は昨年の暮れから荒れ続けたお陰(?)なのか、2月でも落ち着いた海況の日が多かったように思います。

海況が良い&暖かいってだけで結構たすかります。

トンバラのクジラ

2月は久米島近海での出会いも多く、ダイビングの人気ポイント、トンバラのすぐそこで出会えた日もありました。

今ダイビング船がきたら、ダイビング中にクジラが見れるだろうなぁ・・・と思うときが何度も!

ブリーチ

ザトウクジラの見所はなんと言ってもアクション!

あの巨大な身体をどうやって持ち上げているんだろうかと思うほどの大迫力のブリーチや、まだ生まれて数カ月の子クジラが何度もブリーチの練習をしている様子を見た時は、癒され、応援したくなる気持ちでした。

ペックスラップ

クジラも個体によってヒレの形や色が異なります。

胸鰭が白い子は水面でアクションするときも、水中で見る時もすごく綺麗で、なおかつ、見つけやすいです(笑)。

のんびりなクジラ

海況が良い日はクジラ達ものんびりしていることが多く、写真の子は、水面でずっとぼーっとしてたり、水面を流れてくる海藻で遊んでみたりとなんともマイペースな子でした。

親子クジラ

親子クジラとの出会いはいつも私たちを幸せにしてくれます。

お母さんクジラがすこし下で子供を見守りながら待ってて、子供はその間お母さんよりも息が短いので何度も呼吸をしに水面に上がってきます。時折、好奇心で私たちのところにすごく近づいてきたりもします。

子クジラで小さいと言えども大きさは5mほどある巨体なので、その大きさに圧倒されます。

毎年開催させて頂いておりますが、その年々、その日ごとに出会いが全く異なり、感動の連続です。

今年は参加できなかったという方も来年機会がありましたらぜひ一緒にクジラ時間を過ごしましょう!

未だ世の中は厳しい状況が続いていますが、今年からリニューアルしたこの豪海倶楽部でまた多くの方に久米島の海の魅力を発信できたらと思っております。

これからも引き続き偶数月を担当しますので、皆様これからも宜しくお願い致します。

あっという間に12月

こんにちは! 久米島のエスティバンよりモエコです!

Go To トラベルが始まって以降、ありがたいことに連日満席の日々が続いております。気づけばもう今年も最後の月。

来て頂くお客様に最高の久米島の海をご案内したいのですが、北風が強く吹き、なかなか海況が落ち着かない日が多く、ポイント選択にも悩まされております。

しかしその中でも最大限久米島の魅力をお伝えできるようにと努めております。

トンバラのカマス

少し風が落ちついた日には、リクエストも多い“トンバラ”にエントリーします。

入っているだけでも気持ちのいい青さのあるトンバラですが、近ごろはカマスが群れていたり、ギンガメアジ、イソマグロ、ロウニンアジ等ワイドな生物を楽しませてもらってます。

ナングチのサンゴ

外洋ポイントの多い久米島ですが、インリーフも魅力的です。サンゴがモリモリ生えているところもあり、逆に久米島らしくないような風景が楽しめます。

マンタ

ポイント発見から3年が経ちました。

発見当初から変わらず年間を通じてマンタを見ることが出来ています。これからの時期は水面でプランクトンを食べている子が増えてくるので、マンタステーションではゆっくりクリーニングされている子、ポイント移動中の水面では華麗に水面付近を舞う子など様々なマンタを見ることが出来ます。

水温も少しずつ下がり始め、ワイドも楽しい季節となってきました。もう少ししたらクジラの声も聞こえ始めるでしょう。寒くはなりますが、今から冬が楽しみです!

未だ世の中は深刻な状況が続いていますが、今年から参加させて頂いているこのブログで少しでも多くの方と久米島の海を共有できたらと思っております。この場を設けてくださった雄輔さん、ありがとうございます。

来年も引き続き偶数月を担当しますので、皆様これからも宜しくお願い致します。

良いお年をお過ごしください!

ホヤシーズン始まりました!

こんにちは! 久米島のエスティバンよりモエコです!

9月の連休から北風が続けて吹くようになり、本格的に秋が始まったように感じます。

9月頭の台風がしっかり久米島に来たお陰で、心配だった高水温も長くは続かず、海の中も秋が始まってます。

近頃はそこまで風も強くはないので、久米島の一大ワイドポイント、トンバラにもよく通うようになりました。

トンバラのカマスたち

カマスやバラクーダ、ギンガメアジ等がいい感じに群れ始めています。

そして、トンバラと言えば、

ガイコツパンダホヤ

ついに始まりました! ホヤシーズン!!!

他のポイントでもカールおじさんホヤやウルトラマンホヤが見え始めてきてます。

ウルトラマンとカールおじさん
カールおじさん

これからますます数が増えてくるので、じっくり岩肌を見つめる時間も楽しみです!

夏、始まってます!!

6月頭に梅雨が明けたものの、梅雨明けのタイミングで吹く強い南風カーチバイが7月上旬まで吹き止まず、最近ようやく本格的な夏が始まった久米島です。

しかし昨年は多かった台風が今年は全然できず、水温の上昇に悩まされそうな予感がしています。

現在で29℃後半。このままキープしてくれることを祈ります。

海の中は様々な幼魚たちで溢れていて、寒さを感じることがないのでついついダイブタイムが長くなってしまいます。

ヒオドシベラの幼魚
タテスジハタの幼魚

深場の可愛い子たちから、

コールマンピグミーシーホース
ナンヨウハギの幼魚
マダラタルミ幼魚

浅場の可愛い子まで、可愛い子たちが多すぎて目移りしまくりな日々です。

依然として新型コロナウイルスの感染者が多く出ている現状ではありますが、弊店としましても可能な限りの感染対策を行いながら皆様を夏の海へご案内出来ればと思っております。皆様のご理解・ご協力宜しくお願い致します。

いまできることを

こんにちは。絶賛梅雨真っただ中の沖縄・久米島のエスティバンよりモエコです!

4月の緊急事態宣言を受け、弊店も4・5月の営業を休止させて頂いておりました。6月からようやく再開の予定です。

休止期間中は店内や船の整備をしたり、スタッフそれぞれが気になっているビーチエントリーできるところに潜ったりして、可能な限り今の久米島をみなさまにお届けできるようにと活動していました。

私が気になっているポイントは、久米島と隣の島である奥武島とを結ぶ橋の下です。

水底は粒の細かい砂で、ミドリイシやウミショウブ・リュウキュウスガモ・ウミジグサなどの海藻が多くあります。

普段のダイビングではボートで外洋を潜ることがほとんどなので内湾環境で潜る事自体が新鮮ですし、ダイビングで使っている人がいないので探せば探すほど生き物が出てきて発見ばかりでおもしろいです。

そんな橋の下で最近見つけた子をご紹介します。

浅いカクレクマノミ

水深が満潮時で2mくらいの所にカクレクマノミを発見しました。

晴れた日だと、太陽光が差し込んできてすごくキレイです。

また、全部で5匹住んでるカクレクマノミのうち、小さいな2匹が砂地の方に出てきていることが多くて“砂地にカクレクマノミ”なんてシチュエーションができます。

橋の下の小さなクマノミ

他の場所にもカクレクマノミやイシモチ等たくさんの生き物が住んでいて、卵保育や産卵シーンが見られたりもします。

ハッチアウトやサンゴの産卵等がご案内できるように、これからも調査を続けていきたいと思います。

ヤライイシモチの口内保育
オイランヨウジ抱卵
キイロサンゴハゼ産卵雌

春が来ました

内地では桜が見ごろとなっている頃、久米島では冬のザトウクジラに別れを告げ、夏の象徴・ヒマワリが見ごろを迎えております。

ひまわり

陸上は気温も25度になることも多くとても過ごしやすくなってきました。太陽があると暑いくらいです。

海上りも快適になりはじめたこの頃、水中にも春が始まりました。

生き物たちの子育てシーズンの始まりです。

クマノミ

クマノミをはじめとして、様々な生き物たちが新たな命を一生懸命育て、守っています。

モンツキカエルウオ

久米島では非常に観察しやすいモンツキカエルウオの卵保育も始まっています。

セダカギンポ

生物によって卵を産む場所、育て方が違うのでその違いを知っていくのも今これからの時期の楽しみでもあります。

様々な生き物の求愛・産卵・卵保育シーンを求め、時間のある限り海に入り続ける季節の始まりです!!

はじめまして!

みなさま、初めまして。

今年から偶数月を担当させて頂く事になりました、久米島ダイブエスティバンの西脇萌衣子です。

久米島に来て今年が3年目になります。

まだまだ久米島の海のことは分からないことだらけですが、毎日ガイドさせて頂きながら新しい発見があったりと少しずつ学んでいます。

こういった形でブログを書かさせて頂くことが初めてなので何を書こうかとても悩みましたが、今回は初回なので、自己紹介も兼ねて私の好きな久米島のポイント「シャドーケーブ」についてお話ししたいと思います。

久米島の南側にあるポイントで北風が吹く冬の時期に行く事が多いポイントです。「シャドーケーブ」という名前の通り、cave(洞窟)があり、

洞窟

洞窟の壁面には、キサンゴが群生しています。そしてそのポリプが開いた時には

キサンゴの群生

黄色のお花畑が一面に広がります。

ワイドな地形が楽しいこのポイントですが、小さな生き物たちもたくさん住んでいるところが私の好きなところです。

ハマクマノミの幼魚

3本の線を持って生まれたこの子は、少し大きくなって2本線になりました。

カンザシヤドカリ

紫色の可愛いところにお家を構えています。

ウルトラマンホヤ×カールおじさんホヤ

久米島冬のアイドル「ホヤ」の中から新コラボです。

通称で「ウルトラカール」と呼びます!(※非公式)

マクロでじっくりと癒されDIVINGもおすすめです。

特にホヤは冬~春の水温が少し低い時期が旬なので、これからがベストシーズンです!!

クジラの声や目撃情報も出始めているので、これからのシーズンに期待が高まります!

大きなものも、小さな世界も、ダイナミックな地形も全部楽しめる冬、お待ちしております。

関連キーワード

はえものアオサハギアオリイカアカオビハナダイアカカマスアカグツアカゲカムリアカボシウミウシアケボノハゼアザハタアデイトベラアミメハギイサキイソバナイソマグロイトヒキハゼイトヒキベライナダイボヤギミノウミウシイルカイレズミフエダイウミウウミウシウミカラマツウミヒルモオオミナベトサカオオメカマスオキノスジエビオパールミノウミウシオヨギベニハゼオルトマンワラエビカイメンカジメカマスカンザシスズメダイカンムリブダイガイコツパンダホヤガラスハゼキイボキヌハダウミウシキザクラハゼキシマハナダイキリンゴンべキリンミノキンギョハナダイギンガメアジクロキンチャクダイクロホシイシモチグルクングレイリーフシャークゲッコウスズメダイコバンザメゴシキエビゴマフビロードウミウシゴンズイサクラダイサンゴザトウクジラシモフリタナバタウオショウジンガニシロアザミヤギスジキツネベラスジハナダイスベスベマンジュウガニセダカギンポセトリュウグウウミウシセホシサンカクハゼセボシウミタケハゼセンカエルウオソフトコーラルソメイヨシノソメワケヤッコソラスズメダイタカサゴタカベタコベラタテジマヤッコタテスジハタタマギンポダテハゼダンゴウオチュウコシオリエビチリメンウミウシテヅルモヅルエビテングダイトゲトサカトビヌメリナンヨウイボヤギニシキウミウシニシキオオメワラスボニシキフウライウオニシキヤッコニジギンポニセハクセンミノウミウシニホンイモリハタタテハゼハチジョウタツハマチヒレナガネジリンボウフトスジイレズミハゼフリソデエビブラックフィンバラクーダブリベニウミトサカベニゴマリュウグウウミウシホホスジタルミホムラチュウコシオリエビホヤホンダワラマダラタルミマダラハナダイマメダワラマンタマンボウミジンベニハゼミゾレウミウシメガネゴンベメギスSPモンガラカワハギモンツキカエルウオヤイトハタヤセアマダイユリタツノコロウソクギンポワクロ円周魚眼卵保育対角魚眼幼魚生態行動産卵白化軽石魚眼レンズ

卵 < トップ