ゆうすけの豪海倶楽部The Diving Junky Magazine

カンムリブダイは今年がいいみたい

ダイバーが徐々に動き出しているパラオではありますが、まだまだ日本国内のダイビングエリアとは、比べものにならないほどの少なさです。パラオ中のガイドが暇しています。(笑)

まあポイントは空いているので、そこはメリットと捉えましょう。

現状パラオは出発1日目の検査、入国後4日目の検査、日本帰国前日の検査と3回検査が必要ですが、ワクチンを3回打っていれば日本に戻ってからの自宅待機等は必要ありません。以前は2週間待機でしたから、それから比べたらかなり緩和されたことになりますね。

そんなパラオで最近面白いのは、カンムリブダイの集団産卵です。

もう「ご存知の」というレベルに有名になったパラオのカンムリブダイの集団産卵ですが、ここ数年の来島者減少で、魚たちがダイバーを避けなくなっています。

だからすごく見やすいのです。ストレスを掛けるダイバーが減ったために、人に対する警戒心が少なくなったためだと考えています。

多くても10数尾程度であまり大きな群れを作らないカンムリブダイですが、新月前の数日間、決まった時間に産卵のために数千から数万の群れを作ります。

この月齢のスケジュールは何も変わっていないのですが、主役のカンムリブダイたちの人に対する反応が、以前とあまりにも違い驚いています。

以前はダイバーを避けるように群れを形成し、産卵を行っていたのですが、最近の産卵シーンではほとんど人間を気にすることなく、目の前でドバッドバッと産卵を行ってくれます。

もともと体の大きなカンムリブダイが複数尾で下から泳ぎ上がってきて、目の前で産卵を行うシーンはかなりの迫力です。

この産卵イベントは40分くらいの短い時間で行われます。このタイミングを逃すと、カンムリブダイの「カ」の字も見当たらないくらい誰もいません。

群れを形成するために集まって来るタイミングでエントリーするのがコツで、最初は水底に近い水深で様子を窺うように泳いでいるだけのカンムリブダイたちが、徐々に水深を上げながら群れの密度を上げ、最後には水面へと泳ぎ上がりながら産卵を行うという、その一連の流れを1ダイブ中に全て見ることが出来るのは、このダイビングの魅力の一つです。

メインの見どころはもちろん産卵シーンですが、その前のカンムリブダイのオスたちの熾烈なポジション争いも迫力があります。

場所取りのため時には頭同士をぶつけて「ゴチン」という音が聞こえるほど、激しく争う様は自分の子孫を残すための必死さが伝わってきます。

さらに主役のカンムリブダイたちが産卵で無防備になっているところを狙うブルシャーク(オオメジロザメ)やカマストガリザメの存在。

群れの向こうからそっとスッと現れる大きな体躯には一瞬息を飲みますが、これもまた興奮するすごい迫力です。

今見ごたえのあるこの産卵も、将来またダイバーが沢山来るようになってしまったら、きっとまた人を避けるようになってしまうのでしょう。そう考えるとダイバーが少ない今がチャンスと思います。人が少ないパラオだからこそ、今しか今年しかできないダイビングがあります。

ちなみに6月24日からこのカンムリブダイの産卵を見に行くクルーズを龍馬で行います。まだ空きもありますので、興味のある方はご連絡ください!

カンムリブダイの産卵
カンムリブダイの産卵
カンムリブダイの産卵
カンムリブダイの産卵
カンムリブダイの産卵
カンムリブダイの産卵

西伊豆の海岸線

台風準備で早めに田子に。

まずは、先週メインだった7世号を港の真ん中辺りにあるケーソンに繋いだロープに、どっちからの風にも対応できるよう、船の前だけ繋いで係留。

港の真ん中に係留した7世号

普段周りに係留してある小さな漁船は、宮の浦の船揚げ場にあげられて、港はガラガラ。

宮の浦の船揚げ場

で、郵便局前に係留してあった2世号を戻す前に給油するため仁科の港に。

台風14号はまだ九州ぐらいなので田子の海は穏やか。湾内は透明度も良くて瀬浜の海底が見えてます。

人気の無い瀬浜
瀬浜の海底

瀬浜と尊ノ島の間の防波堤を抜けて外海に。振り返ると、10年前の台風15号の土砂崩れであらわになった尊ノ島の海側の茶色い岩肌が見ます。

国道からも海岸線は見ますが、海側からの風景は船でしか見られません。

尊ノ島の海側の茶色い岩肌

反対側、三ノ浦に続く岩肌は白っぽい。

反対側の岩肌は白っぽい

その白っぽい岩肌が浮島に続く海岸線で、穴だらけの三ノ浦、北向きから南向きに変わると岩肌の色が変わります。

西伊豆の広い地域の土台は、太古の海底火山噴火で作られ、地層深くからマグマが上昇するたびにその通り道、岩脈が作られます。浮島に見られる奇岩は無数の岩脈で構成された火山の根だとか。

北向きから南向きに変わると岩肌の色が変わる

浮島海岸の先、トンボロ現象で有名な堂ヶ島、ホテルが並んでる海岸線。高島の手前に見えるブイは海中温泉があるポイント、サク根かな。

海側から見た堂ヶ島のホテル
高島の手前に見えるブイ

仁科漁港の手前、露天風呂のある沢田公園は、海底火山の噴火にともなう水底土石流や、海底に流れ出した水中破砕溶岩の地層が丸見え。

沢田公園は岩肌の断層がすごい

隣の枯野公園は、土石流の重みで直下の火山灰の地層が液状化した「火炎構造」や、マグマと海水が触れ合うことで砕けながら海底を流れた「水冷破砕溶岩」の地層も見られます。

枯野公園

この辺の解説は、伊豆半島ジオパークのサイト、西伊豆のコーナーをご覧ください。

断崖でイカ釣りをしてる人

仁科漁港に入って、給油機前に係留。給油口までホースを引っ張って、レバーを引くとホースが重くなってすごい勢いで軽油が流れてきます。

仁科漁港の給油機
給油機のノズル

20L入りの予備タンク8個にも給油して、船にも100L以上入りました。

ホースを引っ張って船に

給油が終わると給油量だけが印刷されたレシートが出てきて、価格は後で。

給油量は264.31リットル
関連キーワード

はえものアオサハギアオリイカアカオビハナダイアカカマスアカグツアカゲカムリアカボシウミウシアケボノハゼアザハタアデイトベラアミメハギイサキイソバナイソマグロイトヒキハゼイトヒキベライナダイボヤギミノウミウシイルカイレズミフエダイウミウウミウシウミカラマツウミヒルモオオミナベトサカオオメカマスオキノスジエビオパールミノウミウシオヨギベニハゼオルトマンワラエビカイメンカジメカマスカンザシスズメダイカンムリブダイガイコツパンダホヤガラスハゼキイボキヌハダウミウシキザクラハゼキシマハナダイキリンゴンべキリンミノキンギョハナダイギンガメアジクロキンチャクダイクロホシイシモチグルクングレイリーフシャークゲッコウスズメダイコバンザメゴシキエビゴマフビロードウミウシゴンズイサクラダイサンゴザトウクジラシモフリタナバタウオショウジンガニシロアザミヤギスジキツネベラスジハナダイスベスベマンジュウガニセダカギンポセトリュウグウウミウシセホシサンカクハゼセボシウミタケハゼセンカエルウオソフトコーラルソメイヨシノソメワケヤッコソラスズメダイタカサゴタカベタコベラタテジマヤッコタテスジハタタマギンポダテハゼダンゴウオチュウコシオリエビチリメンウミウシテヅルモヅルエビテングダイトゲトサカトビヌメリナンヨウイボヤギニシキウミウシニシキオオメワラスボニシキフウライウオニシキヤッコニジギンポニセハクセンミノウミウシニホンイモリハタタテハゼハチジョウタツハマチヒレナガネジリンボウフトスジイレズミハゼフリソデエビブラックフィンバラクーダブリベニウミトサカベニゴマリュウグウウミウシホホスジタルミホムラチュウコシオリエビホヤホンダワラマダラタルミマダラハナダイマメダワラマンタマンボウミジンベニハゼミゾレウミウシメガネゴンベメギスSPモンガラカワハギモンツキカエルウオヤイトハタヤセアマダイユリタツノコロウソクギンポワクロ円周魚眼卵保育対角魚眼幼魚生態行動産卵白化軽石魚眼レンズ

卵 < トップ