ガイドのつぶやき - 伊豆半島・平沢/静浦からThe Diving Junky Magazine

生息域の共有

コメント »

静浦の代名詞でもある、ヒメエダミドリイシの群落。

この時期は、海藻が勢力拡大してきます。

ヒメエダミドリイシの群落と海藻

的な、今月の写真。

よーーく観てみると、海藻は揺れを利用して成長するので、潮あたりがよく揺れる根の斜面側に陣取る。

サンゴは、揺れや潮あたりの少なく、日当たり良いところを陣取る。

お互いそれ以上は、攻めない。求めない。

攻めても意味がない、、が正しいかな。

それぞれが生きる為の知恵を絞って、生息域の共有をしているんですね。

人間様も見習ってほしいものです。

戦争は意味はない! 直ちにやめましょう!!!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


八木
八木 かつのり

1970年3月26日生まれ
岐阜県郡上郡八幡出身
ガイド会所属

20年間活動した東伊豆川奈にある「川奈日和」を後継者に託し、2020年より拠点を西伊豆に移し「ふらら日和」を立ち上げる。平沢・静浦をホームに活動再開!

ガイド業の傍ら、水中撮影にも没頭し、作品も図鑑、ダイビング雑誌、WEBマガジン、新聞社、TV番組などで多数使われています。

西伊豆・平沢/静浦 エリア情報

伊豆半島・平沢/静浦
Nature Guide Service ふらら日和

〒410-0233
静岡県沼津市西浦久連436-19
Tel:0559-19-4485

furarab-yori.com

ふらら日和

バックナンバー
関連キーワード

はえものアオサハギアオリイカアカカマスアカグツアカゲカムリアカボシウミウシアケボノハゼアザハタアデイトベライサキイソバナイソマグロイトヒキハゼイトヒキベライナダイボヤギミノウミウシイルカイレズミフエダイウミウウミウシウミカラマツウミヒルモオオミナベトサカオオメカマスオキノスジエビオパールミノウミウシオルトマンワラエビカイメンカジメカマスカンザシスズメダイガイコツパンダホヤガラスハゼキイボキヌハダウミウシキザクラハゼキシマハナダイキリンゴンべキリンミノキンギョハナダイギンガメアジグルクングレイリーフシャークゲッコウスズメダイコバンザメゴシキエビゴマフビロードウミウシサクラダイサンゴザトウクジラシモフリタナバタウオショウジンガニシロアザミヤギスジキツネベラスジハナダイセダカギンポセトリュウグウウミウシセホシサンカクハゼセボシウミタケハゼセンカエルウオソフトコーラルソメイヨシノソメワケヤッコタカサゴタカベタコベラタテジマヤッコタテスジハタタマギンポダテハゼダンゴウオチリメンウミウシテヅルモヅルエビテングダイトゲトサカトビヌメリナンヨウイボヤギニシキオオメワラスボニシキフウライウオニシキヤッコニジギンポニセハクセンミノウミウシニホンイモリハタタテハゼハチジョウタツハマチヒレナガネジリンボウフリソデエビブラックフィンバラクーダブリベニウミトサカベニゴマリュウグウウミウシホホスジタルミホヤホンダワラマダラタルミマダラハナダイマメダワラマンタマンボウミジンベニハゼミゾレウミウシメガネゴンベメギスSPモンガラカワハギモンツキカエルウオヤイトハタヤセアマダイユリタツノコロウソクギンポワクロ幼魚産卵白化軽石

生息域の共有 < 伊豆半島・平沢/静浦から < トップ