バックナンバー

  • 2017年11月:モンツキ団地

    「ハンディ版 日本の海水魚」の表紙でセンターを飾り、不動の人気を誇るモンツキカエルウオ。 久米島は、生息数が多く、比較的容易に観察することが出来ます。 久米島の南西側に位置する「鳥… 続きを読む »


  • 2017年7月:あなたを追い続けた四年間

    一年で最も華やかで、忙しくて、楽しい時期がやってきました。 色々なことがありすぎて何を書いていいのか悩ましい…。(笑) 今月は、恒例となった「Black Water Dive」から… 続きを読む »


  • 2017年5月:ニジギンポ観察記録

    今回の主役はこの子。 なじみの方も多いのではないでしょうか?? 本州でも、沖縄の方でも見れるこの魚。久米島だったら港のスロープで観察できます。 って、スロープのお話続きですいません… 続きを読む »


  • 2017年1月:締めも、始まりも港のスロープで

    あけましておめでとうございます。 より一層、球美の海と真摯に向き合い、日々精進してまいります! 本年もどうぞ宜しくお願い致します。 2017年の始まりは、 先月号に続き、港のスロー… 続きを読む »


  • 2016年12月:今年のクマノミたちの卵観察終了…

    以前、豪海倶楽部5月号にて「ハッチアウトへの道」という題名の記事を書かせて頂きました。 読んで下さった方ならお分かりかもしれませんが、毎年「真泊スロープ(以下スロープ)」というポイ… 続きを読む »


  • 2016年9月:今年の夏

    未だに台風が来ていません…。 沖縄の各地では、水温が下がらず、サンゴやイソギンチャクの白化等の悪影響が出てきているということは、よく耳にします。そして、ここ久米島も例外ではありませ… 続きを読む »


  • 2016年7月:日々、賑やかに、華やかに。

    梅雨明け以降、強烈な日差しが降り注いでます。 カンカン照りの太陽を避け、日陰に入れば、吹き続くカーチバイがとても心地よいです。 夏、始まりました。 水中は、日々、賑やかに、華やかに… 続きを読む »


  • 2016年5月:ハッチアウトへの道

    4月に入り、暖かくなったなぁと思ったのも束の間、もうすでにジメジメジメジメ…梅雨入りの気配がプンプン漂っています… しかし、そんな陸上とは裏腹に、多くの水中生物が活気づくこの時期!… 続きを読む »


  • 2016年3月:初めまして!

    皆様、初めまして!! 先任の田中より引き継ぎまして、今月より久米島の奇数月を担当させて頂く事となりました久米島 ダイブエスティバン 吉田健太朗と申します。 ガイド業という仕事に就き… 続きを読む »



吉田 健太朗
吉田 健太朗(よしだ・けんたろう)

1990年7月9日生まれ
三重県の漁師町出身

祖父も父も漁師、というか周りの大人のほとんどが漁師。幼少の頃より海のある生活が当たり前だった。

いつからダイビングに興味があったのか定かではないが、高校生の頃、進路相談の際に「どこの大学に行きたいんや?」と聞かれ、「ダイビングをしやすそうな所」と答える。

そんな理由から、静岡の大学に進学し、ダイビング部に入部する。そこからの学生生活は、潜る事だけを考え、アルバイトとダイビング漬けの毎日を送る。

そんな中で、20歳の夏に初めて久米島を訪れ、“ESTIVANT”に強く惹かれ、その時に就職することを決意する。

海を通し、数多くの素晴らしい出会いと刺激のあるこの環境の中で、真剣に海と向き合い、ただがむしゃらに突っ走っていこうと思います!!

沖縄・久米島
DIVE ESTIVANT

〒901-3108
沖縄県島尻郡久米島町比嘉160-69
Tel:098-985-7150
Fax:098-985-7151

dive-estivant.com

DIVE ESTIVANT


吉田 < 沖縄・久米島から < トップ