デュアルタイプ

コメント »

このところ、ホントに色々壊れる。

ある日、体重を測ろうと体重計、タニタのInnerScan 50 BC-303の自分ボタンを押すと、年齢と身長が表示された後、すばらくして「Err」の表示…。

「Err」表示の出てるタニタ InnerScan 50 BC-303

電圧の低いエネループのせいかと、普通の単3に換えてみたけど、同じエラー表示に。

ネットで調べたら、タニタの体重計は3,000回が寿命という、衝撃的な事実が判明。ま、そこまで短命じゃないとしても2006年モデルだから、10年以上使ってるので仕方ないか…。

で、期間限定ポイントがあったので、タニタのデュアルタイプ体組成計 インナースキャンデュアル RD-503(シルバー)を税込・送料無料10,800円で買いました。

箱を開けると、単3乾電池の他、取説と一緒にタニタ食堂のオリジナルレシピカードも入ってました。

タニタのデュアルタイプ体組成計 インナースキャンデュアル RD-503(シルバー)

新旧を比較すると、RD-503:310mm×274mm×33mm、BC-303:324mm×304mm×34mmと大きさはほぼ同じぐらい。ただ、重さはRD-503:1.3kg(電池含)、BC-303:2.6Kg(電池含)と新しいほうがかなり軽い。

BC-303とRD-503の大きさの比較

体重、体脂肪率、内臓脂肪レベル、筋肉量、筋質点数、体内年齢、礎代謝量、推定骨量、体水分率、BMIの10項目が測れます。

体重は、2つの周波数で体組成を測定することで50g単位の高精度測定。

50g単位の体重測定

加齢や運動習慣により変化する筋肉の状態を筋質と呼び、点数で表示します。これを測れるのはタニタが初みたい。

筋質点数

それぞれ、前回との比較を矢印で、バックライトの色で標準(緑)・軽肥満/やや過剰(黄)・肥満/過剰(赤)と判定結果も分かります。メモリーで過去の記録が棒グラフで表示。

筋肉量

自動認識機能(乗るピタ)もあって、10年でかなりの機能アップですね。

体内年齢
トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2018/09/ryo/5371/trackback

コメントをどうぞ

CAPTCHA


りょう
りょう

1959年生まれ
東京都世田谷区出身

40を過ぎてから、いきなりダイビングに目覚めて15年…。今は週末とか西伊豆のシーエッグ ダイバーズで非常勤スタッフやってます ^_^

普段は物流の仕事で大型に乗ってます。通勤もほぼプリウスで、運動不足かも…。

伊豆半島・田子
シーエッグ ダイバーズ

〒410-3515
静岡県賀茂郡西伊豆町田子2385-1
Tel:0558-53-0807

www.seaeggdivers.com

バックナンバー
デュアルタイプ < 編集後記 < トップ