タマカエルウオ

コメント »

沖縄・恩納村に、ギンポの仲間を撮りに来て、はや1ヶ月。

水深1m以内にすむ魚を撮るのが、いかに大変かを痛感させられている。

波に翻弄され、水の濁りに翻弄され、おまけに驚くと陸にジャンプして逃げてしまう奴もいる。

それは、捕食者にも共通することで、彼らの暮らしぶりの意味も体感させられるわけだ。

ヨダレカケという名前の水辺に棲む魚。

まだ中学生くらいの子。顔を見ると、カエル?ウオ?って感じ。

魚界広しといえ、陸で暮らす奴はタマカエルウオ、トビハゼ君だけだろう。

魚界の挑戦者でもある。

タマカエルウオ
トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2018/08/yusuke/ichimai/5341/trackback

コメントをどうぞ

CAPTCHA


吉野
吉野 雄輔

1954年生まれ
東京出身

海と海の生物すべてを愛する写真家。

大学卒業後、アジア、南太平洋、南北アメリカ、カリブ海、インド洋など世界の海を放浪、1982年にフリーの海洋写真家として活動を開始。世界80か国ほどの海を取材、《吉野雄輔フォトオフィス》を主宰。

2009年から日本全国をキャンピングカーの旅をスタート、1年の半分以上は海に潜って撮影している。

社団法人日本写真家協会会員

吉野 雄輔/photojournalist:
happypai.wix.com/kaitei

出版のご案内
バックナンバー
タマカエルウオ < 今月の一枚 < トップ