クロエリギンポの縄張り争い

コメント »

こんにちは、葉山のダイビングショップNANA・佐藤輝です。

7月は海況の安定した良い1ヶ月でした。

ほとんどクローズもなく毎日、ホームとしている葉山か三浦の海でガイドをさせてもらいました。

7月は梅雨も明けて毎日気温も上がり、それに伴い水温もいっきに上昇します。

水温がいっきに上昇し生物は活性化し、様々な生態行動が観察できる時期になります。今年も沢山の生態行動を観察することができました。

スズメダイの産卵、抱卵、ネンブツダイやコスジイシモチの口内保育、ベニキニヅツミの抱卵、アミメハギの抱卵、産卵直前のペアのカエルアンコウ、オトヒメエビやオルトマンワラエビもお腹いっぱいに卵を持っている子がいたるところで観察できます。

お客様にもそういった生態行動や生態シーンは観察や撮影していただくのですが、この時期に是非、撮影して欲しいのはクロエリギンポの縄張り争いのシーンです。

クロエリギンポの縄張り争い

1匹のオスに3〜4匹のメスを従えているハーレムがいくつもあり、泳いでいるうちにそのハーレムとハーレムのオスが接近したタイミングで写真のようにオス同士が鰭を全開にして威嚇しあいます。

少し写真の難易度は高いですが、撮影していてもゲーム感覚で楽しめる生態シーンです。

8月も引き続き観察できる生態シーンですので、みなさんにも観察や撮影をしていただきたいおすすめシーンです。

今年もいよいよダイビングシーズン最盛期に入りました。

安全第一で今シーズンも沢山のお客様に葉山の魅力をお伝えできればと思っています。

トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2018/08/nana/sato/5338/trackback

コメントをどうぞ

CAPTCHA


佐藤 輝
佐藤 輝

1976年1月19日生まれ
ガイド会所属

大学卒業後、都内のホテルに就職し営業マンとして働いていたときに、どうしてもダイビングの仕事がしたくなりサイパンに修業に行く。

サイパンでダイビングの魅力にどっぷりはまり生まれ故郷である葉山で独立することを決意。2005年にダイビングショップNANAを設立し現在に至る。

サラリーマンを辞めて10年!故郷の葉山で子供の頃の心を思い出しつつ葉山の海にどっぷりはまっています。

都心から近い海にも沢山の生物が暮らし凄いパワーを持っていることを自分自身が驚き、楽しみながら伝えられたら良いなと思っています。

三浦半島・葉山
ダイビングショップNANA

〒240-0112
神奈川県三浦郡葉山町堀内647
Tel:046-854-4770
Fax:046-854-4771

www.nana-dive.net

ダイビングショップNANA

バックナンバー
クロエリギンポの縄張り争い < 三浦半島・葉山から < トップ