1週間の東京生活を送ってきました

コメント »

こんにちは、葉山の佐藤輝です。

先月は東京で1週間、写真展を開催させていただき、沢山の方に写真展にきていただきました。

ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。

写真展が終わって1週間ぶりに潜る葉山は、1週間の間に水温も上昇し、出発前にあった春濁りの濁りもかなり解消され、現地ガイドとして1週間、自分のフィールドとする海に潜らないとここまで色々なことが変化してしまうんだなということをあらためて実感させられました。

その変化は水温や透明度だけでなく、海藻の変化であったり、群れの数であったり、ウミウシの種類と数の変化であったり、多岐にわたっていました。

冬から春の一番の人気者、ダンゴウオは姿を消し、季節来遊魚はまだ入ってきていない、今はそんな寒い海から暖かい海へのちょうど変化の時期ではありますが、水温がどんどん上がる時期ということで生態行動が激化しています。

アミメハギの抱卵、スズメダイの産卵・抱卵、ベラの縄張り争い、

ベラの縄張り争い

少しマニアックなところでは体長5mmくらいのワレカラをお腹に卵を持ってお腹が大きく膨らんでいます。

お腹に卵を持ったワレカラ

来月からは生態行動にくわえて季節来遊魚も入ってきて、いよいよ夏の海にさまがわりしてくる季節です。

おそらく梅雨明けも発表されるでしょう。

いよいよ夏本番!本格的なダイビングシーズンの到来です。

葉山で皆様のお越しをお待ちしております。

トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2018/07/nana/sato/5321/trackback

コメントをどうぞ

CAPTCHA


佐藤 輝
佐藤 輝

1976年1月19日生まれ
ガイド会所属

大学卒業後、都内のホテルに就職し営業マンとして働いていたときに、どうしてもダイビングの仕事がしたくなりサイパンに修業に行く。

サイパンでダイビングの魅力にどっぷりはまり生まれ故郷である葉山で独立することを決意。2005年にダイビングショップNANAを設立し現在に至る。

サラリーマンを辞めて10年!故郷の葉山で子供の頃の心を思い出しつつ葉山の海にどっぷりはまっています。

都心から近い海にも沢山の生物が暮らし凄いパワーを持っていることを自分自身が驚き、楽しみながら伝えられたら良いなと思っています。

三浦半島・葉山
ダイビングショップNANA

〒240-0112
神奈川県三浦郡葉山町堀内647
Tel:046-854-4770
Fax:046-854-4771

www.nana-dive.net

ダイビングショップNANA

バックナンバー
1週間の東京生活を送ってきました < 三浦半島・葉山から < トップ