イシガキダイの幼魚

今年は黒潮の蛇行のせいで、水温の低い所もあると思います。

冷たくて嫌な部分もありますが、大瀬崎などは、深海もののダイビングスポットへの出現率が高いような気がしますね。

さて写真は、外洋を漂っているはずのイシガキダイの幼魚です。

海藻のそばにいることが多いみたいです。流れ藻につくタイプなのでしょう。折からの強い風にあおられて、柏島の内湾に吹き寄せられました。

風もダイビングには邪魔なものですが、普段外洋にいるものたちが、見られたりするチャンスでもあります。

さらに小さいやつは、イシガキダイの特徴のボツボツ、石垣模様がないです。人生、損あれば得あり〜ですね〜

イシガキダイの幼魚
トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2018/03/yusuke/ichimai/5202/trackback
吉野
吉野 雄輔

1954年生まれ
東京出身

海と海の生物すべてを愛する写真家。

大学卒業後、アジア、南太平洋、南北アメリカ、カリブ海、インド洋など世界の海を放浪、1982年にフリーの海洋写真家として活動を開始。世界80か国ほどの海を取材、《吉野雄輔フォトオフィス》を主宰。

2009年から日本全国をキャンピングカーの旅をスタート、1年の半分以上は海に潜って撮影している。

社団法人日本写真家協会会員

吉野 雄輔/photojournalist:
happypai.wix.com/kaitei

出版のご案内
バックナンバー
イシガキダイの幼魚 < 今月の一枚 < トップ