新たな出発

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

44です。メロンです。請求書です。

ドクターXが終わってしまった。このまま終わらず続編が見られますようにと、他愛無い夢から始まる2018年。

五年勤めていたスタッフの昇太が沖縄本島で独立します。

ショップ名は「ゴリラハウス」。どこかのクラブハウスか、はたまたどこかの宿泊施設かと思わせるネーミングだ。

「太陽は敵だ!」といい放ち、黒いバックを今宵なく愛し、スヌート撮影やらHOTけNIGHTなる夜の浮遊系撮影のダークサイトに陥ってしまったのである。

レグルスでジェダイを目指していた昇太、どうしてしまったのだ。そんな暗黒面な奴ですが、是非皆さん遊びに行ってやってくださいな。

そしてもう一人のスタッフ水谷は、古株ジェダイとなり、長く執筆していた豪快倶楽部の「海辺のエッセイ」を引退することとなりました。長い間お付き合いして頂き大変感謝しています。

だからと言ってレグルスを辞めるわけでもなく、豪快倶楽部の「八ック謎ナゾ生命体」のコーナーはやめませんので、引き続きよろしくお願いします。

その「海辺のエッセイ」は今回から私加藤、コードネーム44が担当します。えーーー、古株過ぎる・・・、という声が聞こえてきますが、無視無視。。勝手気ままに執筆しますのでよろしくお願いします。

レグルスも今年は新人のスタッフがやって来ますので新体制で新たな出発の年となります。欲を言えばもう一人新人が欲してところです。

もっと欲を言えば非常勤インストラクターも欲しいところです。詳しい説明はこちらをご覧ください。

亀と犬

今年は戌年ですね。写真はレグルスの看板「メロン」と「シャルル」です。

メロンは女子専のセクハラ犬ですので、女子の皆さん、来店時は後ろを取られないように注意しましょう。

シャルルは、誰でもwelcome犬です。来店時は目いっぱい構ってやってください。

この二匹は、車に乗って皆さんと一緒にポイントまで行きます。

もちろん我々が潜っている最中は、陸で留守番していますが、時々海に入ってカメにのって遊んでいますので、もし海の中で会ったら写真撮ってあげてくださいね。

トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2018/01/regulus/kato/5127/trackback
加藤
加藤 昌一

横浜出身、獅子座
昭和30年代生まれ、気分は昭和50年代

1992年にレグルスダイビングを設立する。フィッシュウオッチングの草分け的存在。

飽くことなく潜り続け、水中生物は分け隔てなく撮り集めているため、膨大なフォト・ストックを有する。

ガイド業も第一線で活躍しているが、写真家としても注目され、「エビ・カニガイドブック」「ウミウシ 生きている海の妖精」「スズメダイ」「海水魚」を出版する他、さまざまな水中写真を図鑑や雑誌に多数提供している。

水中生物だけではなく、陸の生き物も大好き。特に爬虫類が大好き。

伊豆諸島・八丈島
レグルスダイビング

〒100-1511
東京都八丈町三根1364-1
Tel/Fax:04996-2-3539

www.regulusdiving.jp

レグルスダイビング

バックナンバー
新たな出発 < 伊豆諸島・八丈島から < トップ