夏のカメ狂騒曲

コメント(2)»

今さらな話ですが、レグルスダイビングは今年の6月11日に25周年を迎えました。

このうち、私は後半の17年を過ごしています。

この17年、同じ年は2度となく、リピーターのゲストは少しずつ入れ替わり、主だった客層も少しずつ変わっていきました。レグルスダイビングだけが変わったのではなく、ダイバー皆さん全体の年齢層、趣向、スタイルが変化していっていることに影響されているのでしょう。

それにしても、去年あたりから、レグルスの夏は劇的に変化しました。

何が変わったって、体験ダイビングとスノーケリングコース、つまりノンダイバーからの申し込みと問合せが激増しているのです。

この8月、体験ダイビングをしなかった日は、ほとんどありませんでした。スノーケリングなんて、何年もやったことがなかったのに、今月だけで何度もコースを開催しています。

どうも、これもレグルスだけの話だけではないようです。

波打ち際には、レギュレーターで呼吸の練習をするダイバーが並び、水面には先導するフロートと並んで泳ぐスノーケラーがいっぱい。

一体、八丈島に何が起きたんでしょう? それとも日本全体の傾向ですか?

八丈島で泳ぐ人たち、水面も水中も、どちらも目指すはアオウミガメとの記念撮影。誰かがカメを見つけると、あっという間に人だかり。

必要を感じたことがなかったので、今までスノーケリングもスキンダイビングも、ほとんどやったことがありませんでした。

しかし、スノーケリングでゲストとカメを一緒に撮ろうと思うと、どうしてもスキンダイビングが必要です。

最初はウェイトの量もうまく調整できなくて苦労していましたが、今月だけでずいぶん上達しました。やっていれば、できるようになるもんなんですね。

カメ見つけた!
カメとパチリ
ダイバーに囲まれてものんびり

もちろん、明日も体験ダイビングとスノーケリング。

って思ってたら、台風が近くを通過です。ちょっとだけ夏休みかな?

トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2017/09/mizutani/5037/trackback

" 夏のカメ狂騒曲 " へのコメント

  1. 河田順治: 2017年9月10日 7:25 PM
    avatar

    SNSの発達でカメとのツーショットが撮りたいのではないでしょうか?ダイビングの底辺が広がるといいのですけどね。25年はすごいですね!頑張ってください。

  2. み: 2017年9月27日 12:34 PM
    avatar

    ついでに申し上げると、オーナーは今年還暦を迎えました。あと何年頑張れることやら??

コメントをどうぞ

CAPTCHA


水谷
水谷 知世

昭和40年代生まれ
兵庫県出身

一見、負けず嫌いで男勝りというイメージだが、実は繊細な女性らしい一面を持つ、頭の回転はレグルス一番!!の頼もしい存在である。(レグルス親方・談)

伊豆諸島・八丈島
レグルスダイビング

〒100-1511
東京都八丈町三根1364-1
Tel/Fax:04996-2-3539

www.edit.ne.jp/˜regulus

レグルスダイビング

バックナンバー
夏のカメ狂騒曲 < 伊豆諸島・八丈島から < トップ