なにかが違う、8月の大瀬

コメント »

春には全く来なかったアオリイカでしたがここに来て急に多くのペアの産卵が見られ、今年の8月はちょっとここ数年と違ったような雰囲気の大瀬崎の海になりました。

そんな8月のライトトラップでは場を盛り上げてくれたのが何年ぶりに見るウナギギンポ!

ライトに向かってきて周辺をグルグルと周りその後離れて行き、その後再び姿を現しました。日中でも珍しいのに夜、光に集まってくることがわかり驚きました。

ウナギギンポ
ウナギギンポ

また、この時期からお馴染みとなったイカの仲間も登場。

このイカはナンヨウホタルイカ属の1種だと思われます。個体数は少ないですが、相変わず体につく発光器が魅力的で綺麗です。

ナンヨウホタルイカ属の1種

さらにカレイの仲間の稚魚も登場!!

今まではライトトラップは夏が終わってひと段落してから出物が多い印象だったのですが、8月に来てここまで盛り上がったのは久々な気もします。

カレイの仲間の稚魚

そうなると、えっ!!8月の日中はイマイチなのか??っと思ってしまいそうですが、全然そんなことはなく、最初にお話ししたアオリイカの産卵は常に見られていたり、その近くでトラフカラッパが必死に2枚貝を割っている食事しているところが2日間にわたり見られたりと面白い世界が広がっていました。

アオリイカ
トラフカラッパ

次回はいよいよ9月の海、秋の海にへと変化が期待できますね。出物が沢山あり皆さんにお伝えできると嬉しいですね!!

トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2017/09/horiguchi/5008/trackback

コメントをどうぞ

CAPTCHA


堀口 和重
堀口 和重

1986年5月22日生まれ
東京都中央区出身

専門学校で海洋生物の勉強をしながら伊豆の海でダイビングを始める。

卒業後、2年間鹿児島県の屋久島でガイドをスタート。その後どうしても、大瀬崎で働きたく伊豆の海へと戻ってくる。

現在は大瀬館マリンサービスのチーフインストラクター。

伊豆半島・大瀬崎
大瀬館マリンサービス

〒410-0244
静岡県沼津市西浦大瀬325-1
Tel:055-942-2725
Fax:055-942-3252

www.fuji.ne.jp/˜osekan/

大瀬館マリンサービス

バックナンバー
なにかが違う、8月の大瀬 < 伊豆半島・大瀬崎から < トップ