飲み込む

コメント »

アミガサクラゲが、オビクラゲを飲み込む。

そもそもクシクラゲの仲間であるアミガサが、こんな風にアクティブに泳ぎ、獲物に喰らい付くなんて、見るまでは、想像さえしなかった。

人間の想像力には、限度があるよね〜。

なんせ、クシクラゲが魚みたいに泳ぎ回るのだから、初めて見た時は、唖然とした。

ぶつかったものは、何でも飲み込むのだろう。静かな迫力のある瞬間だ。

アミガサクラゲが、オビクラゲを飲み込む

山口県・青海島にて
協力:シーアゲイン

トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2017/06/yusuke/ichimai/4916/trackback

コメントをどうぞ

CAPTCHA


吉野
吉野 雄輔

1954年生まれ
東京出身

海と海の生物すべてを愛する写真家。

大学卒業後、アジア、南太平洋、南北アメリカ、カリブ海、インド洋など世界の海を放浪、1982年にフリーの海洋写真家として活動を開始。世界80か国ほどの海を取材、《吉野雄輔フォトオフィス》を主宰。

2009年から日本全国をキャンピングカーの旅をスタート、1年の半分以上は海に潜って撮影している。

社団法人日本写真家協会会員

吉野 雄輔/photojournalist:
happypai.wix.com/kaitei

出版のご案内
バックナンバー
飲み込む < 今月の一枚 < トップ