ヘルメット

田子で色々お世話になっている五輪館の社長が昔使っていたヘルメット潜水の装置を見せてくれました。

社長は昭和の頃から、もう50年以上、西伊豆を中心に護岸工事とかの水中作業をやってきたベテラン潜水士で、その昔はコレで潜ってたそうです。

ヘルメット本体とシコロ

NHKの朝ドラ、あまちゃんにも出てきた、南部潜りでも使っていたヘルメット潜水の装置は、潜水服とヘルメット、その2つを繋ぐシコロ(別名:肩金)で構成されます。

装置全体で重量が70〜80kgもあって、ヘルメットだけでも10Kg以上、シコロはそれ以上に重い。どちらも真鍮製みたい。

シコロにヘルメットをはめ込みネジって固定。その時窓がちゃんと正面にくるよう、シコロ側に付いてる薄いパッキンを重ねて調整するとか。

シコロにヘルメットをはめ込み
ネジって固定
コロ側に付いてる薄いパッキン

シコロの前後にはウェイト(鉛錘)を固定するフックがある。

ウェイト(鉛錘)を固定するフック

潜水服の襟ゴム部分をシコロのネジに通して、留め金で押さえ蝶ねじで固定します。

蝶ねじを締める工具

空気をヘルメットに送る送気ホースの取付口には空気が逆流することのないよう、逆止弁が付いてます。

送気ホース取付口

送気された空気は、ヘルメット内側に沿って3方向に分散するよう、通気口がある。

ヘルメット内側の3方向に分かれた通気口

浮力調整をするためのキリップ(排気弁)が右斜め後ろにあって、ヘルメット内側のボタンを頭で押すので、みんなハチマキをする。

ヘルメット内側のボタン

窓は正面と左右にも2つの小窓があるけど、視界は狭い。

窓は正面と左右にも
視界は狭い

ちなみに、潜水服の素材は色々変わりましたが、ヘルメット潜水の装置自体はもう140年以上も日本で使われていて、水上の船との連絡が信号索から無線になったぐらいで、ヘルメットの構造とかはほとんど変わってない、優れたモノだって。

トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2017/06/ryo/4919/trackback
りょう
りょう

1959年生まれ
東京都世田谷区出身

40を過ぎてから、いきなりダイビングに目覚めて15年…。今は週末とか西伊豆のシーエッグ ダイバーズで非常勤スタッフやってます ^_^

普段は物流の仕事で大型に乗ってます。通勤もほぼプリウスで、運動不足かも…。

伊豆半島・田子
シーエッグ ダイバーズ

〒410-3515
静岡県賀茂郡西伊豆町田子2385-1
Tel:0558-53-0807

www.seaeggdivers.com

バックナンバー
ヘルメット < 編集後記 < トップ