ニジギンポ観察記録

コメント »

今回の主役はこの子。

ニジギンポ

なじみの方も多いのではないでしょうか??

本州でも、沖縄の方でも見れるこの魚。久米島だったら港のスロープで観察できます。

って、スロープのお話続きですいません…。

産みたての卵

こちらは産みたての卵。キレイな紫色してます。

ただ、僕の認識では、ニジギンポの卵はオレンジ色だった気がするのですが…

雄輔親分の「日本の海水魚」P398の写真でもオレンジ色の卵です。はたしてどういうことでしょう??

孵化当日の卵

この画像は孵化当日の卵です。

手前のキラキラ輝いている卵がこの日の日没後に孵化しました。産んでから孵化するまでには5日から6日ほどかかるようでした。

孵化中 腹びれで
孵化中 胸びれで

孵化させている時のお父さんギンポは大忙しで、大きく身を乗り出して、いろんなひれを使いながら、子供たちの孵化を促していました。

孵化直後の仔魚

とりあえずシャッターを押しまくり、何とか撮れた証拠写真。笑

孵化直後の子が2匹、写ってるのが見えますか??

日没後に一斉に孵化が始まってから、およそ30分ほどで終了しました。

そして、その翌々日には、こんな出会いが。

夫婦?

スペースが空いたら、すぐ次を産む。

そんな感じで、発見から一か月以上たった今でもまだ卵を育み続けています。

3匹で

ずっと通ってたらこんな出会いも…。

一体どういうことでしょう?? 笑

一人で色々妄想しながら、この出会いを楽しんでいました。

と、こんな感じで半月ほど観察をしてました。

何とかお客様をご案内できないでしょうか…??

タイミングさえ合えば、ご案内可能です!

リクエストお待ちしてまーす!!!

トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2017/05/estivant/yoshida/4877/trackback

コメントをどうぞ

CAPTCHA


吉田 健太朗
吉田 健太朗(よしだ・けんたろう)

1990年7月9日生まれ
三重県の漁師町出身

祖父も父も漁師、というか周りの大人のほとんどが漁師。幼少の頃より海のある生活が当たり前だった。

いつからダイビングに興味があったのか定かではないが、高校生の頃、進路相談の際に「どこの大学に行きたいんや?」と聞かれ、「ダイビングをしやすそうな所」と答える。

そんな理由から、静岡の大学に進学し、ダイビング部に入部する。そこからの学生生活は、潜る事だけを考え、アルバイトとダイビング漬けの毎日を送る。

そんな中で、20歳の夏に初めて久米島を訪れ、“ESTIVANT”に強く惹かれ、その時に就職することを決意する。

海を通し、数多くの素晴らしい出会いと刺激のあるこの環境の中で、真剣に海と向き合い、ただがむしゃらに突っ走っていこうと思います!!

沖縄・久米島
DIVE ESTIVANT

〒901-3108
沖縄県島尻郡久米島町比嘉160-69
Tel:098-985-7150
Fax:098-985-7151

dive-estivant.com

DIVE ESTIVANT

バックナンバー
ニジギンポ観察記録 < 沖縄・久米島から < トップ