続・いまさらTG-4

コメント »

先月は「TG-4の顕微鏡モードは被写体から離れて撮ろう!」というお話をさせてもらいました。

ものすごく近寄ってもピントが合う顕微鏡モードですが、ストロボの光が被写体全体に当たった明るい写真を撮りたいなら、むしろピントが合う範囲内ギリギリまで遠ざかって撮った方が良いというお話です。

それをウミウシフィギュアを使って机上で説明し、今月はいよいよ水中撮影を実践…という予定でした。

しかし、その前に。

つい先日、ゲストとお話ししていて、気になったことがあったので。もう少しだけ、ウミウシフィギュアでお話しさせてください。

先月、ウミウシフィギュアは、机の上に置いて撮影しました。

でも本物ののウミウシは、海の中で机の上にいるはずがなく、机のような平らな場所にいるとも限りません。八丈島は火山が噴火してできた島ですから、水中の地形もダイナミックです。

ウミウシは、水底や岩の上を這っていることもありますが、垂直に切り立った壁に付いていたり、オーバーハングやくぼみやアーチの天井に逆さに張り付いていることもあります。

それをこんな風に撮ってしまうと、被写体から遠ざかる努力をしても、ストロボの光は全体にあたりません。

壁に付いてるウミウシ
逆さに張り付いているウミウシ

TG-4のストロボは、カメラの上端についています。そのストロボを壁や天井にひっつけた状態で構えて撮ると、光が遠くまで届かないのです。

水中でウミウシを撮ると、こんな風に手前だけが明るく、背景は暗くなります。

手前だけが明るく、背景が暗い

もちろん、こういう写真の方が好きだわ!と思うのでしたら、それはそれで構いません。

でも、例えばこういう写真が撮りたいとすれば?

全体が明るい

答えはとっても簡単で、ただカメラの向きを逆にすれば良いのです。

カメラが逆さになると利き腕でシャッターが押せなくなるので撮りにくいかも知れませんが、それは自分で何とかしてください。

要は、カメラを被写体から遠ざけるのは、ストロボの位置を被写体から遠ざけたいからなのです。

これはTG-4に限った話ではなく、他のカメラでも同じです。ストロボの位置が離れれば離れるほど照射範囲は広がります。

ストロボの位置を被写体から遠ざる

さて、ここでやっと実践編です。

被写体はこちら。ズームをかけていない水中マクロモードで適当に撮ると、こんな感じのユビウミウシの近似種です。

ユビウミウシの近似種の遠景

これを顕微鏡モードで撮ると、こんな感じ。

半分くらいズームして撮り、編集時に少しトリミングしています。

顕微鏡モード

せっかくですから、ここでもアートフィルターで遊んでみました。

適当にズームして撮っていますが、編集はリサイズしかしていません。

ポップアート
ポップアート
ジオラマ
ジオラマ
ドラマチックトーン
ドラマチックトーン

ちょうど八丈島は冷水塊で、ウミウシがどんどん増えていきそうな雰囲気です。

しばらくは顕微鏡モードが大活躍かな〜?

トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2017/04/hachijo/4822/trackback

コメントをどうぞ

CAPTCHA


水谷
水谷 知世

昭和40年代生まれ
兵庫県出身

一見、負けず嫌いで男勝りというイメージだが、実は繊細な女性らしい一面を持つ、頭の回転はレグルス一番!!の頼もしい存在である。(レグルス親方・談)

伊豆諸島・八丈島
レグルスダイビング

〒100-1511
東京都八丈町三根1364-1
Tel/Fax:04996-2-3539

www.edit.ne.jp/˜regulus

レグルスダイビング

バックナンバー
続・いまさらTG-4 < 八ック謎ナゾ生命体 < トップ