テングハコフグ

コメント »

フィリピン・アニラオで出会ったテングハコフグである。

日本で撮られた写真を1回だけ見たことがある。友人Mさんが大瀬崎の水深70mとかで撮影したものだ。

アニラオでは、毎年そこそこ出るそうである。

貴重なテングハコフグ。頭の出っ張りからきた名前だろう。

このフグには思い出がある。伊豆の冨戸で撮影した、ハコフグの幼魚が、何かひっかかるものがあった。

幼魚図鑑を作製するので、S先生と検討を加えると、その違和感は、体にある六角形の青い模様をかこむ黒班の並び方が、おかしいからだった。

いろいろな人の写真をS先生のデータベースの中で調べると、テングハコフグの10cmぐらいの個体を発見。親は30cmはある。

僕が撮った2cmほどの個体と繋がるので、その変なチビはテングハコフグの子供と同定された。初めての写真だ。小さいと特徴も、ほんの少しだから気が付かない。

何かの勘とか、疑問とか、ひっかかりは、経験から出てくるものも多いと思うけど、大事にすると、新たな発見に繋がることがある。多くはダメだけどね。

勘に拘ると、間違いも多くなるから、難しいけど。

大事にすることは、間違いじゃ=ないな〜と、思わせてくれた小さな思い出だ。

テングハコフグ
トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2017/03/yusuke/ichimai/4805/trackback

コメントをどうぞ

CAPTCHA


吉野
吉野 雄輔

1954年生まれ
東京出身

海と海の生物すべてを愛する写真家。

大学卒業後、アジア、南太平洋、南北アメリカ、カリブ海、インド洋など世界の海を放浪、1982年にフリーの海洋写真家として活動を開始。世界80か国ほどの海を取材、《吉野雄輔フォトオフィス》を主宰。

2009年から日本全国をキャンピングカーの旅をスタート、1年の半分以上は海に潜って撮影している。

社団法人日本写真家協会会員

吉野 雄輔/photojournalist:
happypai.wix.com/kaitei

出版のご案内
バックナンバー
テングハコフグ < 今月の一枚 < トップ