昭和な遊び

コメント »

世界共通の遊び「あやとり」のご紹介。

1本の紐を使い、構造物や生物の形に似せて変化させる昔ながらの遊びです。

この時点ですでに懐かしさを感じている方も多いと思います!!笑

代表的な作品は、ヤマ、カワ、ホウキ。。。時にはハシゴから東京タワーへと変化する連続業などもあります!!

水中生物では、カニ、カメ、サンゴなどもあります。

個人的には無理やりな感じの作品もありますが、そこはご愛嬌ということで!!笑

今回の写真はアヤトリカクレエビ。

ちなみに「あやとり」でエビを作るというのは聞いたことありません。。。

アヤトリカクレエビ

このエビは奇抜な色彩をしたイソギンチャクに共生しているのですが、それに負けないように擬態するため体色は様々です。

基本的にはこの個体のように不規則な線状の斑紋が見られ、個体によって線の長さや形は変化します。

これが名前の由来となり、線の形が様々に変わることから、紐の形が様々に変わる「あやとり」にちなんでアヤトリカクレエビという名前になったみたいです。

これを機会に懐かしのあやとり遊びしてみて下さい!!

トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2017/03/ueda/4817/trackback

コメントをどうぞ

CAPTCHA


上田
上田 直史

1981年12月20日生まれ
福岡県田川市出身
ガイド会所属

海から程遠い福岡の盆地で生まれ海への憧れが強く学生時代に日本海でライセンスを取得。

その後和歌山へ移り串本の海に魅せられ住民票を移してしまった窒素吸収男児。

和歌山・串本町古座
DIVE KOOZA

〒649-4115
和歌山県東牟婁郡串本町古座932-5
TEL:0735-67-7775
FAX:0735-67-7776

www.dive-kooza.com

DIVE KOOZA

バックナンバー
昭和な遊び < 和歌山・串本町古座から < トップ