初モアルボアル その2

先月ご紹介したモアルボアル圧巻のイワシ玉。

時にはそこへニタリが突っ込み、エキサイティングな捕食シーンが見られるのだそうです。

しかし、そんなラッキーなハプニングがそうそうあるわけでもなく、いくらイワシ玉がすごいと言っても毎ダイブそれだけでは飽きてしまいます。

ところが、ほんの数分移動しただけで、ガラリと変わるポイントを楽しめるのがモアルボアルの良いところ。ドロップオフあり、砂地あり、泥地あり、サンゴ礁あり。見られるサカナもポイントごとに変わります。

今回はプライベートで、特に目的もなく…という感じだったので、気が付くとスズメダイとハゼばかり。

ドロップオフではフィリピン定番のタルボットやローランドを撮り、サンゴ礫の多い所ではいつも撮ってしまうモルッカダムゼルをパチリ。

モルッカダムゼル

そして、こちらも定番のはずなのですが、時期や地域によっては少ないところもあるせいで、数年ぶりに見ることができたバーチークダムゼル。

ガイドのけんたさんが、それはもう、海の中を泳ぎ回って見つけ、遠くから呼びに来てくれた貴重な1匹です。

バーチークダムゼル

本当はもっと小さいサイズが好きなのですが、コンデジの私にはむしろちょうど良いサイズでした。

そして、枝サンゴの間で群れるスプリンガーズダムゼル。

モアルボアルにはいたるところに枝サンゴがあるのに、スプリンガーズが見られたのは数か所でした。何かきっと、お住まいに対して好き嫌いがあるんでしょうね。

スプリンガーズダムゼル

ハゼの方は、初めて見て嬉しかったのがこちら。ムーンスポッテッドゴビー。

最初、オトメハゼの幼魚か?と思いつつ撮っていたのですが、水色の縁取りがとても綺麗なのです。

モアルボアルだけでなく、フィリピンではポピュラーなのかも知れませんが、モアルボアルではたくさん見られました。

検索するといっぱい画像が出てくるのですが、手元の図鑑にはどれにも載っていないので存在そのものを知らなかったハゼです。

ムーンスポッテッドゴビー

それに比べて地味ですが、やっぱり初めてだった水玉さん。

名前は素敵なホシゾラハゼです。これもけんたさんが教えてくれた1匹。

ホシゾラハゼ

今回のフィリピンは、実は陸上もかなり楽しめました。

何も観光とかしていないのですが、ダイビングする日もランチとディナーは食べ歩き。どこへ行っても安くて美味しくて、外国なのに懐かしい思いに浸れてしまう、のんびりとした片田舎の小さな町。

遊びに来ているのは、ほとんどがヨーロッパ系。

きっとみんな何週間も滞在して、バイクでツーリングに出かけたり、気が向いたらダイビングしたり、うだうだとビールを飲み続けたり。

いつか私も、帰る日を決めずに遊びに行きたいなあ。

トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2017/03/mizutani/4794/trackback
水谷
水谷 知世

昭和40年代生まれ
兵庫県出身

一見、負けず嫌いで男勝りというイメージだが、実は繊細な女性らしい一面を持つ、頭の回転はレグルス一番!!の頼もしい存在である。(レグルス親方・談)

伊豆諸島・八丈島
レグルスダイビング

〒100-1511
東京都八丈町三根1364-1
Tel/Fax:04996-2-3539

www.edit.ne.jp/˜regulus

レグルスダイビング

バックナンバー
初モアルボアル その2 < 伊豆諸島・八丈島から < トップ