いまさらTG-4

昨年の夏、TG-3からTG-4に乗り換えました。

しかし、その時既に繁忙期。TG-3とTG-4の違いを感じる暇もなく、もっぱら体験ダイビングの写真ばかり撮っていました。

それが、ただでさえも暇な今日この頃。春一番、二番、今日は三番が吹き荒れて、朝から飛行機は全便欠航。船は昨夜の時点で欠航。海も陸も大荒れです。

そこで、ちょっと遊んでみました。

TG-3とTG-4の違いは、オリンパスのサイトにわかりやすく紹介されています。

この中で、私が一番「!」と思っているのは、顕微鏡モードの撮影可能距離が広がったこと。TG-3は1㎝〜10㎝だったのが、TG-4では1㎝〜30㎝になったのです。このおかげで、ものすごく撮りやすくなりました。

以前の顕微鏡モードは、ものすごく近寄って撮ることができたけど、逆に言うと、ものすごく近寄らないと撮れないモードだったのです。ちょっとでも離れるとピントが合わなくなっていました。

ところがTG-4は、ちょっと離れても撮れるようになったのです。

例えば、ウミウシのフィギュア。

こんなに近寄ってもピントが合います。でも、こんなに近寄ったら、ストロボの光が被写体に当たりません。

最短で撮影

この状態で撮った写真は、こんな風になってしまいます。

最短で撮ったウミウシ

そこで、リングライト風の拡散版を付けたり、外部ストロボを付けたり、あるいは諦めてライトで照らしながらノンストロボで撮ったり。いろいろと苦労をしていらっしゃる方を大勢見かけました。

それが、少しくらい離れてもピントが合うということになると、こんな状態で撮ることができるようになります。

ちょっと離れて撮影

離れれば、ストロボの光が被写体に当たるようになるのです。

ちょっと離れて撮ったウミウシ

いやいや、離れてしまったら撮りたかった雰囲気と違うなあと思えば、ここでズームをかければ良いでしょう。

ズームでアップ

この状態で、いろんなアートフィルターを使って遊んでみました。

フォトショップでリサイズしただけで、色の補正やトリミングなど、一切編集していません。

比較しやすそうなものを選んでご紹介すると、こんな感じ。

フィッシュアイ
フィッシュアイ
ポップアート
ポップアート
ファンタジックフォーカス
ファンタジックフォーカス
デイドリーム
デイドリーム
ラフモノクローム
ラフモノクローム
ドラマチックトーン
ドラマチックトーン

さて、これを水中で、本物のウミウシを被写体にして撮り比べたらどうなるでしょうか?

それは来月の「つぶやき」でご紹介します。

まずは、早く海が凪ぎてくれないと〜(祈)

トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2017/03/hachijo/4797/trackback
水谷
水谷 知世

昭和40年代生まれ
兵庫県出身

一見、負けず嫌いで男勝りというイメージだが、実は繊細な女性らしい一面を持つ、頭の回転はレグルス一番!!の頼もしい存在である。(レグルス親方・談)

伊豆諸島・八丈島
レグルスダイビング

〒100-1511
東京都八丈町三根1364-1
Tel/Fax:04996-2-3539

www.regulusdiving.jp

レグルスダイビング

バックナンバー
いまさらTG-4 < 八ック謎ナゾ生命体 < トップ