ハマクマノミ

コメント »

クマノミの中でも気が強い方なのが、ハマクマノミとクマノミだろうか。

トウアカもか、、外国行くともっと気が強い奴もいたような気がするが、やっぱ顔に出ていて、少し怒ったような、堂々とした顔だ。

ハナビラとか、カクレだとかはよく隠れるし、少しかわいい系の顔だ。

近づきすぎると、ガツンとマスクに体当たりしてくる強者もいる。やっぱ、こっちの眼を狙ってくるのかね?

生物として、魚と人間はずいぶんかけはなれているけど、それでも眼ってものはわかるんだよね。

眼も合うし、こちらも向こうも互いに眼に注目してることもある。

眼は心の窓、相手の感情を読みつつ撮影するカメラマンの人はよけい感じるんだろうね。

さて写真は、貫禄のあるハマクマノミ君。

頭に珍しい模様を付けて、おっさんそれ以上近づくんじゃね〜と睨みつけて来た。

小さいのにたいしたもんである。

ハマクマノミ
トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2017/02/yusuke/ichimai/4774/trackback

コメントをどうぞ

CAPTCHA


吉野
吉野 雄輔

1954年生まれ
東京出身

海と海の生物すべてを愛する写真家。

大学卒業後、アジア、南太平洋、南北アメリカ、カリブ海、インド洋など世界の海を放浪、1982年にフリーの海洋写真家として活動を開始。世界80か国ほどの海を取材、《吉野雄輔フォトオフィス》を主宰。

2009年から日本全国をキャンピングカーの旅をスタート、1年の半分以上は海に潜って撮影している。

社団法人日本写真家協会会員

吉野 雄輔/photojournalist:
happypai.wix.com/kaitei

出版のご案内
バックナンバー
ハマクマノミ < 今月の一枚 < トップ