楽園

本当に美しい風景に出合うと、人は言葉を失う。

「楽園」は今年もここにあった。

ヘレンリーフ

あるゲストが言っていた。

「沢山の魚が見たいならブルーコーナーに潜ればいい。私はヘレンに来たんだ」と。

そう。僕らは今年もヘレンにやってきた。

砂洲でできただけの小さな島は4人のレンジャーと渡り鳥たちの休息と繁殖の地になっている。少しずつ波に浸食され、削られた砂が反対側に溜まることを繰り返して、この10年で島全体が50mも東へ移動した。今もなお、毎年削られて少しずつ小さくなっている。あと何年ももたないであろう島。

海鳥たちはそんなことを知ってか知らずか、いつもと同じように子を育て次の世代へとつないでいく。彼らを見ていると、何かを問いかけられているようにも思えてくる。我々人間は次の世代に何をつなぐことができるのか。

この美しい場所が1日でも長くこの地球上に存在できるよう、今日できる何かをしよう。そんなことを真剣に考えてしまう。

「そんなにナチュラリストだったかな」

ふっと笑いながらも、そんな思いにさせてくれるこの場所に今年も感動していた。

ヘレンリーフ
トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2016/09/akino/4572/trackback
秋野
秋野 大

1970年10月22日生まれ
伊豆大島出身
ガイド会所属

カメラ好きで写真を撮るのはもっと好き。でもその写真を整理するのは大キライ。「データ」が大好物でいろんなコトをすぐに分析したがる「分析フェチ」。ブダイ以外の魚はだいたいイケルが、とりわけ3cm以下の魚には激しい興奮を示し、外洋性一発系の魚に果てしないロマンを感じるらしい。日本酒より焼酎。肉より魚。果物は嫌い。苦手なのは甘い物。

ミクロネシア・パラオ
DayDream PALAU

P.O.Box 10046 Koror Palau 96940
Tel:680-488-3551
Fax:680-488-2199

daydreampalau.com

DayDream PALAU

バックナンバー
楽園 < パラオの海から < トップ