ハナミノカサゴ

ハナミノカサゴの写真です。擬態にみえませんか?

時々、黒っぽいハナミノがいますが、カラーバリエーションと言われていますが、なぜだかは不明です。目の前でこのくらい色を変える魚は沢山いますが、ハナミノが見てる時にこの色になった経験はないです。

僕の観察によると、ハナミノの大きなヒレは、獲物を襲う時に役に立つことがあります。獲物が岩のそばなどにいると、ヒレを目一杯広げると逃げる方向が狭められる感じで、動かないでいると食べられたりします。

ハナミノの形、もしかすると、魚に見えにくい形なのかな?と思うこともあります。じっと海底にいたり、砂地の海底で浮遊して海底の獲物を狙っていても、ゆっくり動いていれば敵と認識されにくいのかと思う。

どうですかね、ウミシダに似てないですかね?

ハナミノカサゴとウミシダ

さて、僕の著書「世界いちばん美しい海のいきもの図鑑」、ついに発売から1年経ちました。すでに3刷りですが、ま〜好調に売れております。

まだの方、ぜひよろしく〜結局宣伝です〜〜

トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2016/06/yusuke/ichimai/4339/trackback
吉野
吉野 雄輔

1954年生まれ
東京出身

海と海の生物すべてを愛する写真家。

大学卒業後、アジア、南太平洋、南北アメリカ、カリブ海、インド洋など世界の海を放浪、1982年にフリーの海洋写真家として活動を開始。世界80か国ほどの海を取材、《吉野雄輔フォトオフィス》を主宰。

2009年から日本全国をキャンピングカーの旅をスタート、1年の半分以上は海に潜って撮影している。

社団法人日本写真家協会会員

吉野 雄輔/photojournalist:
happypai.wix.com/kaitei

出版のご案内
バックナンバー
ハナミノカサゴ < 今月の一枚 < トップ