ライト前ヒットで・・・

・・・一塁ランナーが二塁を蹴って三塁へ—それは“好走塁”、そして今月の特集は“紅藻類”です。

という訳で皆さんこんにちは。タイトルを見て「ようやくオマエも海藻のカオスから脱したか〜、ヤレヤレ」と思った貴方、残念でした〜。もう少しお付き合い下さい。そしてタイトルから紅藻類まで連想出来た貴方、流石です!貴方とは話が合いそうです。

どっぷりと足を突っ込んでしまった海藻ワールドですが、とある公的なサイトから日本産の海藻1400種類以上の種名リストを手に入れ、日夜写真撮影に励んでおります。だいぶ撮り貯めたのですが名前調べにが思うように捗らず、あらためて混沌の深さを思い知ることとなりました。“伊豆の海藻・全種解明”への道のりは思いのほか長いです。

今回は海藻全体の約6割にあたる840種類以上が知られ、伊豆の海でも数多くの種類が見られる紅藻の中で、取り敢えず名前の判ったものを12種類紹介しますが、まだまだ勉強不充分で間違っているものもあるかもしれません。あしからずご了承ください。

ソデガラミ

ソデガラミ  ウミゾウメン目 ガラガラ科:
確かにウェットスーツの袖に絡みそうです。直径3cm程度のほぼ球状になっています。

キヌイトグサの仲間

キヌイトグサの仲間  イギス目 キヌイトグサ科:
繊細で色も綺麗で魅力的な海藻です。数種類の中のどれかだと思いますが判別出来ず。

ユイキリ

ユイキリ  テングサ目 テングサ科:
まるでソフトコーラルのヤギの様な姿・形ですが、これでも歴としたテングサ類です。

カイノリ

カイノリ  スギノリ目 スギノリ科:
波打ち際から水深1〜2m程度のところに多く見られます。色合いは褐藻のようです。

スギノリ

スギノリ  スギノリ目 スギノリ科:
前のカイノリよりやや深めですが、5m以深ではほぼ見かけません。赤紫に光ります。

カギイバラノリ

カギイバラノリ  スギノリ目 イバラノリ科:
紫・青・緑・黄色のグラデーションが鮮やかに栄える、大変美しい色合いの海藻です。

ネザシノトサカモドキ

ネザシノトサカモドキ  スギノリ目 ツカサノリ科:
全体に入る斑点は生殖器官だそうです。I.O.P.には少なく川奈で数多く見かけました。

ヤツデガタトサカモドキ

ヤツデガタトサカモドキ  スギノリ目 ツカサノリ科:
名前の通り綺麗に八方に開いています。水深10m付近を中心に割とよく見られます。

ハナガタカリメニア

ハナガタカリメニア  スギノリ目 ツカサノリ科:
桜の花びらを思わせる葉の形です。水中でも華やかで一際目を引く素敵な海藻です。

トサカノリ

トサカノリ  スギノリ目 ミリン科:
図鑑などの写真を見る限りこれがトサカノリだと思うのですが、今一つ自信ないです。

ワツナギソウ

ワツナギソウ  マサゴシバリ目 ワツナギソウ科:
この仲間にはウスバワツナギなど発色の綺麗な種類が多いですが、これもなかなか。

フクロツナギ

フクロツナギ  マサゴシバリ目 マサゴシバリ科:
ソーセージ(腸詰め)を切り離す前の繋がった状態のような独特の形体の海藻です。

トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2015/05/yokota/3903/trackback

" ライト前ヒットで・・・ " へのコメント

  1. ヒロコ: 2015年6月24日 9:37 PM
    avatar

    日本に海草は約10種類。後はほぼ海藻と伺いました。
    サボテン草は、カイソウ、すなわち植物ではなく、珊瑚の様な生き物、とも。
    書籍を集めるのは、なかなか高額になり、パートタイマーのおばさんには厳しく。
    ネットの情報は乏しく。
    海の生物に興味を示す学びの姿勢がある若いイントラも少ない。
    カイソウの世界になると、オモシロ楽しくガイディング出来る方は尚更少なく。
    カイソウも、海の命。もっと色んなこと知りたいです。

  2. yokota2015年6月25日 4:38 PM
    avatar

    ヒロコ様

    はじめまして、コメントを大変ありがたく読ませて頂きました。海藻に興味を持って頂きとても嬉しく思っております。仰る通り確かにネットの情報は少ないですね。ダイビングで見られる海藻を水中の写真でまとめて紹介するページがあってもいいと思うのですが・・・。

    もし機会がありましたら伊豆の海藻(だけではありませんが)を御紹介・ご案内させて頂ければと思っております。いつかお目にかかれることを楽しみにしております。

横田
横田 雅臣

1961年11月生まれ
神奈川県横浜市出身

ダイビングとの出会いは学生時代。在学中に伊豆海洋公園ダイビングセンターにアルバイトに来たのがきっかけで卒業後同センターに就職、インストラクター・ガイドとして10年の勤務の後、1994年に独立しGO TO THE SEAを開業、現在に至る。

伊豆半島・伊豆海洋公園
ダイビングサービス
GO TO THE SEA

〒413-0231
静岡県伊東市富戸912-29
Tel/Fax:0557-51-7878

gotothesea.wixsite.com/home

携帯サイト【QRコード】
QRコード
GO TO THE SEA

バックナンバー
ライト前ヒットで・・・ < 伊豆半島・伊豆海洋公園から < トップ