一日を大切に

ザトウクジラ

今年も野良猫よりもクジラを見る事の方が遙かに多い日々を過ごしています。

時には、一日に会話をする人の数よりも、遭遇したクジラの頭数の方が多い日もあったり、というなんとも浮世離れした生活です。

起きているほとんどの時間に、クジラとクジラ船についての事が頭を巡っています。クジラ達は僕の夢にも現れてくれます。

じっくりと、じっくりと、クジラ達と向き合っています。

今よりももっともっと楽しんでいただく為に、クジラ達をより深く観察し、理解しなければならないのです。それを元に、伝える為の工夫、より良い時間を作る工夫を凝らしていくことが重要なのです。

そう考えると、クジラと向き合う時間は、本当に短い・・・。

この2ヶ月間は、ほぼ休むことなく毎日クジラ達と過ごすのですが、それでも全く足りないと思っています。

一年に一度のこのシーズン。

10年やってもたったの10回。

一日一日を大切に、今年よりも来年が前進するように過ごそうと思います。

ガイコツパンダホヤ

そんなわけで、ダイビングからしばらく遠ざかっているのですが、ハンマーヘッドシャークや、マンタの乱舞の話なんかをダイビングチームの方に聞いたりすると、やっぱり潜りたくなったりもするわけで・・・。ガイコツパンダホヤが旬の頃なわけで・・・。

海の一日は本当に貴重な一日。

ホヤだって、サメだって、クジラだって、サンゴだって、毎年毎年見るから、見えてくることがあるわけで。

やはり、それでも一つのシーズンは10年やっても10回。

僕なんて、まだまだホヤホヤです。

新しいことに挑戦しながら、試行錯誤し、一日を大切に海と向き合おうと思います。

ともあれ、いつでもホヤホヤな気持ちのスタッフ皆で力を合わせ、ホエールウォッチング船、ダイビング船共々盛り上げていきます!

トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2015/03/estivant/tanaka/3827/trackback
田中
田中 伸(たなか・しん)

1982年5月20生まれ
島根県西部の山奥出身

山河に囲まれた環境に生まれ自然への好奇心は幼少期に確立されたものと思われる。学生時代に出会った沖縄の海に魅了され勢いでダイビングの世界へ飛び込む。都会から海へと通う生活を続けていたがガイドの目線でもっと海を見つめたいという好奇心から勢いで久米島へ。沖縄の太陽光と、「すべてはこの一本の為に」の精神を吸収しながら、日々精進で御座います!!

沖縄・久米島
DIVE ESTIVANT

〒901-3108
沖縄県島尻郡久米島町比嘉160-69
Tel:098-985-7150
Fax:098-985-7151

dive-estivant.com

DIVE ESTIVANT

バックナンバー
一日を大切に < 沖縄・久米島から < トップ