素晴らしきこの日常よ

今年のクジラ船はロングラン。

3月からはチャーターツアーのスタートです。

僕の目線

操船をする機会をたくさん頂いている僕の目の前には、日常的にこんな景色が広がっていて、穏やかな日は操船室の窓に肘をかけて彼らを眺めています。部屋の窓から野良猫を見つめるように。

興奮して喧嘩したり・・・

絆を確かめ合うように寄り添ったり・・・

ときたま思わせぶりにこちらへ近づいてきたり・・・

散歩でもしてるかのような時もあればいそいそとどこかへ向かっている時もある。

ほんと、野良猫みたいに。

異世界への入口

広い海にポッカリと空いた穴のような、彼らが深い水中へと泳ぎ去る時にできる波紋。それは、ただでさえ一般的な日常からかけ離れたここから、さらにその先の世界へと続く入口のようです。

彼らの生活のほとんどはこの入口の向こう側にあって、そこからほんの少しだけ、僕らのいる世界にも姿を見せてくれています。

その姿に翻弄されながら、一喜一憂し、心震わせられます。

彼らが心から僕を好きになってくれることはきっとないだろうけれど、気まぐれに心許してくれているかのような素振りを見せる彼らは、僕を振り回し、その気にさせ、心揺さぶるのです。

これが恋ならまっぴら御免ですが、そんな彼らとの駆け引きや、やり取りが、僕が彼らを好きな理由のひとつでもあるのです。

今年ももう少しだけ、野良猫を見るよりも、クジラを見ることのほうが多い毎日が続きます。ああ素晴らしきかなこの日常よ。

トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2014/03/estivant/tanaka/3394/trackback
田中
田中 伸(たなか・しん)

1982年5月20生まれ
島根県西部の山奥出身

山河に囲まれた環境に生まれ自然への好奇心は幼少期に確立されたものと思われる。学生時代に出会った沖縄の海に魅了され勢いでダイビングの世界へ飛び込む。都会から海へと通う生活を続けていたがガイドの目線でもっと海を見つめたいという好奇心から勢いで久米島へ。沖縄の太陽光と、「すべてはこの一本の為に」の精神を吸収しながら、日々精進で御座います!!

沖縄・久米島
DIVE ESTIVANT

〒901-3108
沖縄県島尻郡久米島町比嘉160-69
Tel:098-985-7150
Fax:098-985-7151

www7b.biglobe.ne.jp/˜dive-estivant

DIVE ESTIVANT

バックナンバー
素晴らしきこの日常よ < 沖縄・久米島から < トップ