第五話 トガリモエビ 中段

本年も、ゆうすけ親分&豪海ライターズ並びにその海をよろしくお願いいたします。

さて、さすがに年も明けて、水温も早々に14度台に突入してしまうと、トガリモエビの姿も見かけなくなってきます。残っているのは、老成した6cm以上あるんじゃないか!?ってくらい大きな個体だけです。この傾向は、毎年見られることで、秋に見ていた、か細い雄たちは一体何処に行ってしまうのでしょうか?

以前、滅多に行かない三保のスーパーディープポイントで、消えたはずの雄たちを多数、見た事があるので、繁殖を済ませた若い個体は、もしかすると深い所で寒いシーズンを過ごしているのではないか?と想像しています。

逆に、老成した個体は、この場でこのまま天寿を全うするのだと思います。この原稿を書いている年末の時点では、まだ卵を持った個体もいて、多分最後のハッチアウトを終えたと思われる個体もいます。成長のスピードを見ていると、多分3年ほどの寿命なのだと思いますが、1年中居るわけではないので、なかなかその辺の見極めはできないのが本音です。

トガリモエビ(雌)
トガリモエビ(雌)
トガリモエビ(雌)

画像は、すべて雌です。見分け方は、腹節の張り出しの大きさで分かります。先月号の個体(雄)と比べれば、一目瞭然です。

ちなみに、左側に居る個体は卵をまだ持っている個体です。多分、この三が日内にハッチアウトをすると思われます。

トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2014/01/tetsu/3314/trackback
鉄
鉄 多加志

1965年生まれ
清水出身
ガイド会所属

生まれ育った環境が、都市部?の港湾地域に近く、マッドな環境には滅法強く、泥地に生息する生物を中心に指標軸が組み立てられている(笑)この業界では、数少ない芸術系の大学出身で写真やビデオによって、生物の同定や生態観察を行う。

通称「視界不良の魔術師」

静岡・三保
ダイバーズ・プロ アイアン

〒424-0902
静岡市清水区折戸2-12-18
Tel:0543-34-0988

Divers Pro IRON
blog.goo.ne.jp/under-w
blog.livedoor.jp/diverspro_iron
ameblo.jp/g-iron

アイアン

GROUP IRON

ORGANIC KELP

バックナンバー
第五話 トガリモエビ 中段 < 静岡・三保から < トップ