第五話 トガリモエビ 前段

すでに、ホストのくだりで、何度か登場していますが、三保のエビの代名詞といえば、トガリモエビです。アカタチと双璧を成すこのエビの三保!メジャーへの階段貢献度は、目を見張るものがあります。

今から15年ほど前、何か変わったエビがいる事に気がつき、常連の地元ゲストを相手に自慢していると、それってこれの事?とそこから遡ること6年前に撮影したという写真を見せられた。

見事なトガリモエビが2匹並んで写っていて、被写体の迫力もさることながら、その描写力(観察眼)に驚かされた。と同時に、初見で上っ調子で撮影した自分の写真を恥ずかしく思った事がリフレインしてきます。

確かに、その当時はアカタチとミホノハゴロモに没頭していて、他はあまり気にしていなかったとは言え、「これって、普通にいるんでしょ?」の何気ない発言は、ちょっと天狗になっていた自分の鼻と心がポッキりと折れる音を聞いた33歳の痛風を発症したころのお年頃であった。

まさに、ピンチの後にパンチあり的な、自分のガイディングというか、観察スタイルを見直す良いきっかけを与えてくれたエビでもあります。

トガリモエビ

早いもので、今月で2013年もお仕舞いです。

読者の皆様、ゆうすけ親分、豪海ライターズが、良い年を迎えられますように!

トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2013/12/tetsu/3281/trackback
鉄
鉄 多加志

1965年生まれ
清水出身
ガイド会所属

生まれ育った環境が、都市部?の港湾地域に近く、マッドな環境には滅法強く、泥地に生息する生物を中心に指標軸が組み立てられている(笑)この業界では、数少ない芸術系の大学出身で写真やビデオによって、生物の同定や生態観察を行う。

通称「視界不良の魔術師」

静岡・三保
ダイバーズ・プロ アイアン

〒424-0902
静岡市清水区折戸2-12-18
Tel:0543-34-0988

Divers Pro IRON
blog.goo.ne.jp/under-w
blog.livedoor.jp/diverspro_iron
ameblo.jp/g-iron

アイアン

GROUP IRON

ORGANIC KELP

バックナンバー
第五話 トガリモエビ 前段 < 静岡・三保から < トップ