昆虫リゾート!?

我がトロパラ・リゾートは時としてあらゆる姿に豹変する。

ウチはリゾート施設を併設しているので、ダイビング終了後の夕食時や、一杯飲んでくつろいでいる時間もゲストと一緒に過ごすことがほとんど。そんな時、通常は今日のダイビング話で盛り上がるのだが、ある種の「同好の士」がたまたま集まってしまうと、いわゆる一般的な「ダイビングリゾート」から「○○リゾート」へといきなり変貌を遂げてしまうのだ!?

例えば“ロック好き”が集まれば「ロックリゾート」に、“映画好き”が集まれば「映画リゾート」に、はたまた“プロレス格闘技好き”が集まれば「プロレス格闘技リゾート」へと、その変異の柔軟性たるや「ここは徹子の部屋か?」と間違えるばかり・・・!?

そんな我がトロパラ・リゾートがつい先日まで豹変していたのが「昆虫リゾート」だったのである。そして、この「昆虫リゾート」は他の「○○リゾート」よりも変異の度合いが大きいのである。要するに他の“変異パターン”の場合、ただ単に夕食後その手の話で盛り上がるだけで済むのだが、「昆虫リゾート」の場合は、起床から就寝までダイビング以外の時間はカメラ片手にリゾート内の草木が茂った場所での昆虫探索に没頭すると言う、いわゆる“完全変異体”となってしまうのだ。

そんなここ数日間で最も盛り上がったのが、この「オウシツノゼミ」である。ツノゼミの仲間としては普通種のようだが、そんじょそこらで簡単に見ることの出来るタイプの昆虫では無いことは、このフォルムからして容易に想像できよう。

オウシツノゼミ

そんなウチも今ではすっかり落ち着きを取り戻し、一般的な姿の「ダイビングリゾート」を装っているのだが・・・、いつまた豹変するのか、どんな姿に変異するのか、それは今後我がリゾートを訪れるゲストが持つ因子次第なのである。

という事で、みなさんも我がリゾートにお立ち寄りの際は、是非とも個人の持つ“オリジナル変異体因子”をぶちまけてみてはどうであろうか?もしかすると爆発的な流行を発するか、もしくは・・・。

トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2013/10/igarashi/3161/trackback

" 昆虫リゾート!? " へのコメント

  1. リンちゃんパパ: 2013年10月8日 10:38 PM
    avatar

    ほんとだね、トロパラは色々な方がたまたま集まってしまう
    今回も中国の国慶節だったので
    中国在住組のトロパラになってしまいましたね
    怪しげな中国語、マスターしたかな?ガルーダさん

五十嵐
五十嵐“Garuda”一規

1968年11月29日生まれ
横浜市出身
射手座 申年 RH+O型
ガイド会所属

バンドマン、大道具、そしてダイバーへと転身した変わり種。昆虫・プロレス・甘い物が大好きな現役ハードコア・パンクスだが、バーボン片手にロックを聞きながら毎夜繰り広げられる魚談義はいたってマジメとの噂・・・。秘密結社「赤い魚団」代表。

フィリピン・セブ島 リロアン
VILLA TROPICAL PARADISE

Lower Lo-oc, Santander 6026, Cebu Philippines
Tel/Fax:+63-(0)32-480-9035

villa-tropara.com
blog.goo.ne.jp/1wgp-liloan

VILLA TROPICAL PARADISE

バックナンバー
昆虫リゾート!? < セブ島 リロアンの海から < トップ